まとめ

「阿部詩」

「阿部詩」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 9/9 18:06
柔道

柔道の阿部兄妹、栄養支援に感謝

 味の素の活動報告会で記念撮影する柔道男子66キロ級の阿部一二三(前列右から2人目)と女子52キロ級の阿部詩(同3人目)ら=9日、東京都港区(同社提供)

 東京五輪の柔道で兄妹金メダルに輝いた男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)と女子52キロ級の阿部詩(日体大)が9日、東京都内で栄養サポートを受ける味の素の活動報告会に出席し、阿部一は「減量期でも力を最大限発揮できた。試合に向けて毎日自信がついていく感覚だった」と語った。

2021 7/31 19:38
柔道

日本、男女混合団体はフランスに敗れ銀メダル チーム一丸で決勝進出も柔道10個目の金ならず

柔道混合団体で決勝進出を決めた日本の(後列左から)大野、新井、向、素根、ウルフ、芳田の日本代表たち(撮影・軸丸雅訓)

 柔道は競技最終日に五輪初採用の混合団体が行われ、日本は決勝でフランスに1-4で敗れ、銀メダルを獲得した。 1人目の新井千鶴(三井住友海上)が合わせ技一本で敗れる滑り出し。

2021 7/30 20:48
柔道

親友・阿部詩が語る 素根輝の強さは「負けた次」にあり

2017年の全国高校柔道選手権で優勝し笑顔で喜ぶ女子無差別級の素根輝(右)と同52キロ級の阿部詩

 公式戦31連勝で一気に頂点へ上り詰めた素根は「負けが私を強くした」と口にする。小学5年の福岡県大会で敗れたのは、田主丸中でチームメートになる同い年の古賀早也香さん。

2021 7/30 18:26
柔道

柔道日本、素根輝で9個目の金メダル!五輪史上最多を更新 女子78キロ超級で17年ぶり2人目の頂点

柔道女子78キロ超級で優勝し、金メダルを手に笑顔の素根輝(撮影・軸丸雅訓)

 五輪初出場の素根輝(21)=パーク24、福岡県久留米市出身=が金メダルを獲得した。 この階級での金メダルは2004年アテネ五輪の塚田真希以来4大会ぶり2人目。

2021 7/29 6:00
柔道

同い年の友に続く金メダルを目指して 柔道・素根輝

素根輝=6月撮影

 メダルラッシュが続く柔道で30日、21歳の素根輝(あきら)(パーク24)=福岡県久留米市出身=が女子78キロ超級の畳に上がる。同52キロ級は同じ2000年生まれの阿部詩(うた)(日体大)が金メダル。

2021 7/25 21:08
柔道

兄妹Vで思い起こす4年前の光景 阿部一二三が記者を呼び止めて言ったこと

兄妹そろって同日に金メダルを獲得し、笑顔で写真に納まる男子66キロ級の阿部一二三(左)と女子52キロ級の阿部詩=25日、日本武道館(撮影・中村太一)

 妹が喜びを爆発させた畳で、兄は厳しい表情のままこみ上げる思いが詰まる汗を拭った。エールを送り合うように、阿部きょうだいは勝利を重ねた。

2021 6/2 6:00
柔道

「もう一度世界チャンピオンに」再起を期す2人の元柔道女王

梅木真美

 柔道の世界選手権が6日、ハンガリーのブダペストで開幕する。開幕まで2カ月を切った東京五輪の日本代表は出場せず、日本勢にとっては2024年のパリ五輪を見据えた闘いになる。

2021 5/6 0:31
柔道

阿部詩、渡名喜が優勝

 阿部詩、渡名喜風南

 柔道のグランドスラム(GS)カザン大会第1日は5日、ロシアのカザンで男女計5階級が行われ、女子はともに東京五輪代表で52キロ級の阿部詩、48キロ級の渡名喜風南が優勝した。五輪の日本勢にとって本番前で最後の実戦機会。

2021 4/4 6:00
柔道

女子52キロ級Vの坪根、本来の柔道取り戻せたシドニー五輪銅メダリストの言葉とは 選抜体重別

女子52キロ級で初優勝し、笑顔を見せる坪根菜々子(右)

 女子52キロ級は福岡大4年の坪根がチャンスを生かした。決勝では昨年の講道館杯を制した武田を恐れることなく攻め立て、大外刈りで技ありを奪うと横四方固めで合わせ技一本。

2021 3/29 12:42
柔道

古賀さん葬儀に千人参列

 斎場を出る古賀稔彦さんのひつぎを乗せた車に、手を合わせる吉田秀彦さん=29日午後、川崎市(代表撮影)

 1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリストで、24日にがんのため53歳で死去した古賀稔彦さんの葬儀・告別式が29日、川崎市内の寺院で営まれた。同五輪78キロ級を制覇した吉田秀彦さんら約千人が参列し、「平成の三四郎」と最後の別れを惜しんだ。

2021 3/10 19:34
柔道

帰国の柔道日本勢、講道館で隔離

 ウズベキスタンのタシケントで開催された柔道のグランドスラム大会出場から帰国した日本代表選手らが、新型コロナウイルス感染拡大予防のための約2週間の隔離期間を東京都文京区の講道館で過ごすことが10日、判明した。期間中は館内の道場で練習も可能で、帰国後の行動制限緩和への新たな動きとなる。

2021 3/10 18:22
柔道

柔道GS、阿部詩へのマーク警戒

 柔道のグランドスラム・タシケント大会に出場した日本代表の男女両監督が10日、報道陣のオンライン取材で総括し、女子の増地克之監督は昨年2月以来の実戦で優勝した52キロ級の阿部詩(日体大)について「寝技でも勝利し、成長している」と評価した。一方で「釣り手を制され、非常に研究されていると感じた」と警戒感を強めた。

2021 3/5 22:14
柔道

柔道GS、阿部詩ら優勝

 柔道のグランドスラム(GS)タシケント大会は5日、ウズベキスタンのタシケントで開幕して男女計5階級が行われ、女子52キロ級で東京五輪代表の阿部詩(日体大)が優勝した。初戦の2回戦から3試合を全て一本勝ちで勝ち上がり、決勝はモンゴル選手が棄権して不戦勝だった。

2021 2/26 16:35
柔道

柔道・阿部詩、永瀬貴規らを派遣

阿部詩

 全日本柔道連盟(全柔連)は26日、グランドスラム(GS)タシケント大会(3月5~7日)の派遣選手を発表し、東京五輪代表は女子で52キロ級の阿部詩、63キロ級の田代未来、70キロ級の新井千鶴、78キロ超級の素根輝と、男子81キロ級の永瀬貴規の計5人が入った。  男子73キロ級の大野将平は「左大腿部筋損傷で約4週間の安静加療が必要」との理由で出場を取りやめた。

2021 2/26 14:00
柔道

阿部詩、素根ら五輪代表5人がエントリー 3月の柔道GSタシケント大会

イメージ(写真と本文は直接関係ありません)

 全日本柔道連盟は26日、グランドスラム(GS)タシケント大会(3月5~7日・ウズベキスタン)に11選手を派遣すると発表した。 東京五輪代表は5人で、男子81キロ級の永瀬貴規(旭化成)、女子52キロ級の阿部詩(日体大)、同63キロ級の田代未来(コマツ)、同70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)、同78キロ超級の素根輝。

2021 1/4 14:23
柔道

柔道、原沢らをマスターズ派遣

 強化合宿で汗を流す原沢久喜=2020年11月、奈良県天理市の天理大

 全日本柔道連盟は4日、世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(11~13日・ドーハ)の派遣選手を発表し、東京五輪代表勢では男子が100キロ超級の原沢久喜、90キロ級の向翔一郎、女子は78キロ級の浜田尚里、57キロ級の芳田司、48キロ級の渡名喜風南の計5人が名を連ねた。  女子52キロ級の阿部詩は参加の意向を示していたが、関係者によると状態が万全ではなく回避したという。

2020 12/14 17:20
柔道

代表の阿部「自分の柔道貫いた」

 東京五輪の柔道代表決定戦から一夜明け、記者会見で喜びを語る阿部一二三=14日(パーク24提供)

 東京五輪の柔道男子66キロ級代表となった阿部一二三(23)=パーク24=が代表決定戦から一夜明けた14日、オンラインで記者会見を開き「最後まで集中力を切らさずに自分の柔道を貫き通せた。やっとスタートラインに立って、ほっとしている」と喜びを語った。

2020 11/15 16:24
柔道

柔道の阿部詩「前進を続けて」

 日体大の入学歓迎式で、後輩たちに歓迎の辞を述べる阿部詩=15日、東京都世田谷区

 東京五輪柔道女子52キロ級代表の阿部詩(日体大2年)が15日、日体大の入学歓迎式で「私はこの厳しい状況に負けることはない。皆さんも夢や希望を諦めず、貪欲に前進を続けていってください」と後輩たちに歓迎の辞を述べた。

2020 11/2 6:00
柔道

過去4年連続2位 階級移って初めての試合で執念V「自信になる」

女子48キロ級決勝 馬場彩子(下)を破り優勝した立川莉奈(代表撮影)

 柔道の講道館杯全日本体重別選手権最終日は1日、千葉ポートアリーナで男女計7階級が行われ、女子48キロ級は立川莉奈(福岡県警)が初めて制した。 立川は笑顔で汗を拭った。

2020 10/21 17:50
柔道

柔道女子、年内に強化合宿再開へ

 オンラインで取材に応じる柔道日本女子の増地克之監督=21日

 柔道日本女子の増地克之監督が21日、オンラインで報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で1月を最後に行われていない強化合宿を年内に実施したい意向を示した。「再スタート。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング