まとめ

「北島三郎」

「北島三郎」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/1 17:21
オリコン

五木ひろし、2月以来の主催コンサートに感慨「待ち望んでいた」 節目の紅白へ思いも

2月以来の主催コンサートに感慨した五木ひろし(C)ORICONNewSinc.

 歌手の五木ひろし(72)が1日、東京・浅草公会堂でコンサート『ITSUKIモデル 弾き語りライブ』を開催した。【写真】「演歌っていいね!」自身の写真をバックに笑顔の五木ひろし 五木のライブ配信は8月に開催した『シンフォニックコンサート』(すみだトリフォニーホール)に続き、2回目。

2019 8/19 17:18
芸能

公式ディズニーの仲間入り

 ディズニーの人気アニメ映画をCGを駆使して実写化した「ライオン・キング」の大ヒット記念イベントが東京都内の映画館で開かれ、俳優の佐藤二朗と兄弟お笑いコンビ「ミキ」(昴生、亜生)、子役の熊谷俊輝が登場した。  ミーアキャットのティモン役に抜てきされた亜生は「公開初日に見に行った母親から『立派なディズニーの仲間入り。

2019 4/26 14:48
芸能

新曲ヒットで師匠に恩返し 演歌デュオ「北島兄弟」

 新曲発売記念イベントに登場した大江裕(左)と北山たけし=東京都台東区の浅草神社

 北島三郎の弟子2人による演歌デュオ「北島兄弟」(北山たけし、大江裕)が東京都台東区の浅草神社で、第2弾シングル「兄弟連歌」のヒットを祈願し、歌唱奉納を行った。 新曲について北山は「兄弟の絆を歌ったポップな演歌。

2019 2/26 6:00
競馬

キタサンミカヅキなど表彰 NARグランプリ2018

NARグランプリ2018表彰式で記念撮影する北島三郎(前列中央)ら各賞受賞者=東京中日スポーツ提供

 地方競馬全国協会が制定する「NARグランプリ2018」の表彰式が25日、都内のホテルにファン、関係者400人が出席し盛大に行われた。1991年から数えて29回目となった今年のグランプリは、年度代表馬、4歳以上最優秀牡馬、最優秀短距離馬の3冠に輝いたキタサンミカヅキの有限会社大野商事代表・北島三郎オーナー(82)や黄金コンビ・森泰斗騎手(38)=船橋=と佐藤賢二調教師(68)=船橋=らも出席。

2019 1/1 0:32
芸能

平成最後の紅白が華やかに 最後はサザンが熱唱

 NHK紅白歌合戦で熱唱するサザンオールスターズ=31日夜、東京都渋谷区のNHKホール

 大みそか恒例の第69回NHK紅白歌合戦が31日夜、放送された。日本レコード大賞に輝いた乃木坂46や、最多48回出場の五木ひろしさんらが登場。

2018 12/4 16:45
芸能

サブちゃん紅白特別出演 NHK、13年以来

 北島三郎さん

 NHKは4日、大みそかの第69回紅白歌合戦に歌手の北島三郎さん(82)が特別企画で出演すると発表した。北島さんは2013年の第64回紅白で、史上最多の50回出場を区切りとして「卒業」を宣言していた。

2018 10/11 6:00
競馬

キタサンミカヅキV2 Jpn2・東京盃 【大井】

■重賞5勝目 「第52回東京盃」(Jpn2・ダート1200メートル)が10日、大井競馬場で行われ、船橋の2番人気キタサンミカヅキが連覇達成。5番手で折り合いをつけると、直線でインを鋭く突き、6番人気ネロとの接戦を頭差で制した。

2018 7/10 19:16
競馬スポーツ

競走馬、キタサン弟に1・2億円 サラブレッド競り市、北海道

 1億2500万円で落札された「シュガーハートの2018」(手前)=10日、北海道苫小牧市

 北海道苫小牧市で10日、国内最大のサラブレッドの競り市「セレクトセール2018」が開かれ、今年生まれたブラックタイド産駒「シュガーハートの2018」が1億2500万円で落札された。歌手の北島三郎さんがオーナーで、史上最多タイの中央G17勝を挙げて引退したキタサンブラックの弟。

2018 1/9 16:55
競馬スポーツ

年度代表馬にキタサンブラック JRA、2年連続選出

 昨年末の有馬記念で優勝したキタサンブラック(左)=中山競馬場

 日本中央競馬会(JRA)は9日、「2017年度JRA賞」の競走馬部門の各賞を発表し、年度代表馬に昨年の有馬記念で史上最多タイの中央G17勝目を挙げて引退したキタサンブラックを2年連続で選出した。最多に並ぶ2度の受賞は12、14年のジェンティルドンナ以来9頭目、うち2年連続は7頭目。

2018 1/7 19:33
競馬スポーツ

キタサンブラック、京都で引退式 武騎手ら名馬に別れ

 武豊騎手を背に、スタンドの大勢のファンの前を駆け抜けるキタサンブラック=7日、京都市の京都競馬場

 昨年末の有馬記念で有終の美を飾ったキタサンブラック(6歳牡馬)の引退式が7日、京都市伏見区の京都競馬場で行われた。7番のゼッケンをつけ、武豊騎手を背に第4コーナーからスタンド前まで軽快にターフを駆け抜けると、約1万8千人のファンから大きな拍手が湧いた。

2017 12/24 17:30
競馬スポーツ

有馬記念はキタサンブラック優勝 G1史上最多に並ぶ7勝目

 第62回有馬記念を制したキタサンブラック(2)=中山競馬場

 第62回有馬記念(24日・中山11R2500メートル芝16頭、G1)引退レースに臨んだファン投票1位で1番人気のキタサンブラック(武豊騎乗)が2分33秒6で優勝し、1着賞金3億円を獲得した。今年G14勝目で、史上最多タイで5頭目の中央G17勝目を挙げた。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング