プロ野球評論
連載

「プロ野球評論」 (3ページ目)

おなじみ藤原満、池田親興、西村龍次、柴原洋、斉藤和巳の各氏に加え、ホークス前監督の秋山幸二氏が、あらゆる角度から熱くチェックします。

2020 8/29 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク栗原が持つ「右投げ左打ち」では希少な技術/柴原洋

1回1死二塁、栗原は右越えに2ランを放つ(撮影・栗木一考)

 栗原の2発は彼らしいバッティングだった。初回は内角のカットボールに対して左肘をうまくたたんで内側から前へ素早くバットを出せた。

2020 8/28 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク笠谷が乗り越えるべき壁とは/秋山幸二

1回2死、川瀬の守備に指をさして応える笠谷

 野球選手は誰でも1軍での結果が自信になる。その意味で、今の笠谷はどんどん自信をつけている。

2020 8/27 6:00
ソフトバンク

和田の粘りは若手の見本/西村龍次

オリックス打線を相手に力投する和田(撮影・栗木一考)

 試合の前半と後半で展開ががらりと変わった。オリックスを高谷が同点弾で止めた後、流れを引き寄せたのは間違いなく救援陣だろう。

2020 8/26 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク千賀、原点に返り復活/池田親興

ロドリゲスから三振を奪う千賀

 試行錯誤してきた千賀はいいものをつかんだのではないか。初回先頭に打たれてどうなるかと思ったが、しっかり立て直した。

2020 8/18 6:00
ソフトバンク

今季最後の6連戦、苦手ロッテ戦がソフトバンクの後半を左右する/池田親興

2回無死満塁、井上に中越え満塁弾を浴びた津森=6月21日

 移動による感染リスクを軽減するため変則日程で行われてきたパ・リーグは18日からの対戦で同一カード6連戦が終了する。ソフトバンクは開幕ダッシュに失敗したものの立て直しに成功し、敵地ロッテ戦を前に首位。

2020 8/16 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク笠谷の球は一級品、なぜ投球が苦しくなるか/西村龍次

4回2死、満塁のピンチを切り抜け笑顔でベンチへ引き揚げる笠谷

 2番手の笠谷が3回を無失点に抑えた。これまでの登板からも分かるように一つ一つのボールは本当に素晴らしいが、制球面の課題がある。

2020 8/15 6:00
ソフトバンク

考え抜かれた配球 柳田が桁違い、山崎福は反省しようなし/池田親興

8回2死一、二塁、柳田は右越えに勝ち越し3ランを放つ(撮影・栗木一考)

 柳田の3ランはすごいものを見せてもらった。山崎福は良かったし、野球人生でも一、二を争うピッチングだったのではないか。

2020 8/14 6:00
ソフトバンク

成長示したソフトバンク大竹の冷静さ/柴原洋

今季初勝利を飾り工藤監督(左)から声を掛けられる大竹

 今季初登板の大竹は落ち着いたマウンドさばきが光った。相手のしぐさや様子をうかがいながら、うまく打者のタイミングを外していた。

2020 8/13 6:00
ソフトバンク

「便乗」できたソフトバンク松田宣/藤原満

5回2死二、三塁、松田宣は先制の2点適時打を放つ(撮影・栗木一考)

 5回は最高の形で点が取れた。5番打者から下位打線につながって2点。

2020 8/12 6:00
ソフトバンク

「ピッチング」をしていない千賀 勝ち運ある間に立て直せ/斉藤和巳

5回1死満塁、オリックス・T-岡田(手前)に満塁弾を浴びた千賀(撮影・軸丸雅訓)

 今年の千賀は初回に目いっぱいで入り、2、3回から強弱をつけるイメージがあった。それがこの試合では球速は同様に出ていても抑え気味で入ってきた。

2020 8/3 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク上林が打席の中でバタバタする理由は/秋山幸二

7月30日の西武戦で4回1死二、三塁、投ゴロに倒れた上林。投手・与座

 特例の120試合制で行われるプロ野球はまもなくシーズンの3分の1を消化する。パ・リーグは7月だけで貯金9を稼いだソフトバンクが首位。

2020 8/2 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク石川 解説する間もないテンポの良さ光る/秋山幸二

先発しプロ初完封で4勝目を挙げた石川(撮影・軸丸雅訓)

 石川は素晴らしい内容だった。完璧と言ってもいい。

2020 7/31 6:00
ソフトバンク

サブマリンの術中にはまった若き左打者 4回の攻撃が全てだったソフトバンク/柴原洋

4回無死二、三塁、一ゴロの栗原

 結果的に1点も奪えなかったソフトバンクは4回が全てだった。柳田、中村晃の連打で好機を築くも後続が凡退。

2020 7/30 6:00
ソフトバンク

プロ初先発板東にヒント与えた和田の「教科書」投球/西村龍次

6回0/3、2失点で3勝目を挙げた和田

 和田の真っすぐは素晴らしかった。西武の打者が差し込まれたり、空振りしたりと序盤から対応できなかった。

2020 7/29 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク千賀はエースらしい立ち居振る舞いを/池田親興

先発し力投する千賀(撮影・式町要)

 千賀の調子は良くなかった。球が全体的に高いし、コントロールできていない。

2020 7/26 6:00
ソフトバンク

「変な流れ」を自ら引き寄せたソフトバンク/西村龍次

7回から2番手で登板するも、途中降板する高橋礼(左)

 今カード、ここまで5試合はすべて先制した方が負けた。ソフトバンクが首位、日本ハムは最下位。

2020 7/25 6:00
ソフトバンク

4番中村晃が持つ「つなぎ」の意識/藤原満

3回1死二、三塁、左中間に2点適時二塁打を放つ中村晃(撮影・軸丸雅訓)

 今のホークス打線は3番柳田の前後の打者が打つかどうか。3回は打線がよくつながった。

2020 7/24 6:00
ソフトバンク

先発ローテに入ってもおかしくないソフトバンク板東/西村龍次

2番手で登板する板東(撮影・栗木一考)

 投打でもったいない試合だった。初回、柳田の適時三塁打で先制しながら、続く1死三塁を生かせなかった。

2020 7/23 6:00
ソフトバンク

不調栗原「走って」トンネル抜けろ/藤原満

ソフトバンク・栗原

 派手な打ち合いもいいが、投手を中心にしのぎ合う接戦も野球の醍醐味(だいごみ)だ。連日の1点差、逆転ゲーム。

2020 7/22 6:00
ソフトバンク

フォームと闘っているように映る千賀/池田親興

7回2死三塁、日本ハム・西川に同点打を浴びる千賀(撮影・式町要)

 いくつかある勝負を分けたポイントでその「肝」になったのが、嘉弥真の登板が「10日ぶり」だったというところにある気がしている。踏ん張っていたエースが同点にされ、さらにピンチを広げて近藤を迎えた。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング