コーナー

「DeNA」

「DeNA」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/23 17:16
プロ野球

D5―0中(23日)New

 5回、楠本の2点二塁打で三走に続いて生還した二走牧(2)を迎える東(左から2人目)らDeNAナイン=横浜

 DeNAは三回に牧の適時打で先制し、五回は楠本の2点二塁打で加点した。七回も佐野、牧、楠本の3連続二塁打で2点を奪った。

2021 10/22 21:21
プロ野球

D4―2中(22日)

 1回DeNA無死、桑原が右越えに先頭打者本塁打を放つ=横浜

 DeNAが連敗を3で止め、このカードの勝ち越しを決めた。一回に桑原の先頭打者本塁打、佐野と楠本の適時打、森の犠飛で計4点を奪った。

2021 10/20 21:08
プロ野球

D2―3巨(20日)

 7回巨人1死、丸が右越えに勝ち越しソロを放つ=横浜

 巨人が逆転勝ちで連敗を10で止めた。0―2の二回にウィーラーの2ランで追い付き、七回に丸のソロで勝ち越した。

2021 10/19 21:15
プロ野球

D4―4巨(19日)

 DeNA戦に先発した巨人・メルセデス=横浜

 巨人は二回に広岡の2ランで先制したが、メルセデスが4回3失点と崩れた。3―4の八回にウィーラーの犠飛で追い付くのが精いっぱい。

2021 10/17 18:25
プロ野球

清水、48ホールドで最多更新

 8回に登板したヤクルト・清水。今季48ホールド目を挙げ、シーズン最多ホールドのプロ野球記録を更新=横浜

 ヤクルトの清水昇投手が17日、横浜スタジアムで行われたDeNA24回戦で今季48ホールド目を挙げ、シーズン最多ホールドのプロ野球記録を更新した。15日の巨人戦で、浅尾(中日)が2010年にマークしたプロ野球記録に並んでいた。

2021 10/17 18:20
プロ野球

D3―7ヤ(17日)

 9回ヤクルト1死一、三塁、山田が左越えに3ランを放つ=横浜

 ヤクルトが山田の5打点の活躍で打ち勝った。2―2の五回に勝ち越しの犠飛、七回に適時二塁打、九回にダメ押しの3ランを放った。

2021 10/14 21:49
プロ野球

広5―3D(14日)

 DeNA戦に先発した広島・大瀬良=マツダ

 広島は1点を追う四回に鈴木誠の35号ソロで追い付き、五回に小園、西川の連続適時打で2点を勝ち越した。六回は小園の適時打などで2点を加えた。

2021 10/13 21:36
プロ野球

広3―9D(13日)

 6回、本塁打を放ちナインに迎えられるDeNA・牧=マツダ

 DeNAは0―3の五回に牧の二塁打で追い付き、宮崎の2点打で勝ち越すなど打者12人の猛攻で7点を奪って逆転。六回は佐野、牧の連続本塁打で加点した。

2021 10/12 22:32
プロ野球

DeNAの三浦監督続投へ

 11日、プロ野球ドラフト会議で市和歌山高の小園健太投手の交渉権を獲得したDeNAの三浦監督=東京都内のホテル(代表撮影)

 DeNAが三浦大輔監督(47)に来季も指揮を託す方針であることが12日、球団関係者への取材で分かった。来季が2年契約の2年目となる。

2021 10/12 21:08
プロ野球

広3―0D(12日)

 8回広島1死二塁、鈴木誠が左越えに2ランを放つ=マツダ

 広島が6連勝。鈴木誠が四回に先制の二塁打、八回には34号2ランを放った。

2021 10/11 21:17
プロ野球

DeNA 4位の法大・三浦は監督に親近感 西武3位の古賀と高校でバッテリー「ライバルで良い仲間」

法大・三浦

 福岡大大濠高時代にバッテリーを組んで選抜大会の8強入りに貢献した法大の三浦と中大の古賀がそろってドラフト指名を受けた。 DeNAから4位指名を受けた三浦は「監督が同じ名字(三浦大輔)なので親近感が湧いている」と笑顔を見せ、西武から3位で指名された古賀は「なかなか名前が呼ばれずに不安だったが、ほっとした」と振り返った。

2021 10/11 18:21
プロ野球

隅田投手、4球団競合で西武へ

 プロ野球ドラフト会議で、西武から1位指名を受け、ポーズをとる西日本工大の隅田知一郎投手=11日午後、福岡県苅田町

 プロ野球のドラフト会議が11日、東京都内で開かれ、西日本工大の隅田知一郎投手に西武、広島、巨人、ヤクルトの4球団が1位指名で競合し、抽選で西武が交渉権を獲得した。市和歌山高の小園健太投手も2球団が1位指名し、DeNAが阪神との抽選を制し交渉権を得た。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング