コーナー

「ボクシング」

「ボクシング」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/20 18:14
格闘技

ボクシング伝説王者が再会

 エデル・ジョフレさんとオンラインで対面し、笑顔でポーズをとるファイティング原田さん=20日午後、横浜市都筑区

 ボクシング史に残る伝説の王者が“再会”を果たした。ファイティング原田こと原田政彦さん(78)と、史上最強の評価を受け「黄金のバンタム」と呼ばれたブラジルのエデル・ジョフレさん(85)が20日、オンラインで対面し、シャドーボクシングで拳を繰り出して笑顔も見せた。

2021 10/18 20:05
格闘技

ボクシング、佐々木尽が体重超過

 ボクシングのタイトル戦の前日計量で体重超過した佐々木尽=18日、東京都内(大橋ジム提供)

 世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィック、日本スーパーライト級王座決定戦(19日・後楽園ホール)の前日計量が18日、東京都内で行われ、佐々木尽(八王子中屋)が制限より1・8キロ重い65・3キロで体重超過し、王座獲得の資格を失った。相手の平岡アンディ(大橋)は63・3キロでクリアした。

2021 10/17 21:33
格闘技

矢吹正道、興行大手と契約も

 矢吹正道

 9月に世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級の新王者となった矢吹正道は17日、英興行大手マッチルームから契約の話があることを明らかにした。「条件はすごくいい。

2021 10/14 16:55
格闘技

WBC王者の矢吹正道が現役続行

 矢吹正道

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者になった後、去就を明らかにしていなかった矢吹正道(緑)が現役を続けることが14日、分かった。緑ジムの松尾敏郎会長によると来年に初防衛戦を迎えられるよう準備する予定だという。

2021 10/10 18:36
格闘技

元世界王者の星野敬太郎さん死去

 星野敬太郎さん

 ボクシングの元世界ミニマム級王者、星野敬太郎(ほしの・けいたろう)さんが那覇市内で死去していたことが10日、複数の関係者の話で分かった。9日に関係者に警察から連絡があったという。

2021 9/29 16:29
格闘技

パッキャオ氏が引退表明

 記者会見で手を振るマニー・パッキャオ氏=2018年4月18日、マニラ(ロイター=共同)

 【マニラ共同】ボクシングで世界6階級制覇の実績があり、フィリピンで国民的人気を誇るプロボクサー、マニー・パッキャオ氏(42)が29日、引退を表明した。上院議員を務めており、来年の大統領選への出馬を今月19日に表明。

2021 9/26 16:42
格闘技

ボクシング、成松が引退

 成松大介

 ボクシング男子で五輪に2大会連続出場した成松大介(31)=自衛隊=が26日、現役引退を表明した。今後は未定だが、ボクシングに携わることも考えているという。

2021 9/26 9:19
格闘技

ボクシング、ウシク3団体新王者

 アンソニー・ジョシュアを破り、ボクシング3団体の世界ヘビー級王座を獲得したオレクサンドル・ウシク=25日、ロンドン(ロイター=共同)

 ボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチが25日、ロンドンで行われ、挑戦者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)がアンソニー・ジョシュア(英国)を判定で破って世界ボクシング協会(WBA)、世界ボクシング機構(WBO)、国際ボクシング連盟(IBF)の王座を獲得した。 2012年ロンドン五輪ヘビー級金メダリストで34歳のウシクは、プロ19戦全勝(13KO)とした。

2021 9/24 16:46
格闘技

田中恒成、12月11日に再起戦

 田中恒成

 世界ボクシング機構(WBO)で3階級を制した元王者の田中恒成(畑中)が24日、オンラインで記者会見し、12月11日に国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級5位の石田匠(井岡)と名古屋国際会議場で対戦すると発表した。昨年12月、WBO同級チャンピオン井岡一翔(志成)に敗れて以来の再起戦となる。

2021 9/23 16:28
格闘技

矢吹正道「ゆっくりしたい」

 WBCライトフライ級王座獲得から一夜明けてオンライン記者会見に応じる新王者の矢吹正道(左)と松尾敏郎会長=23日、名古屋市(緑ジム提供)

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級で新王者となった29歳の矢吹正道(緑)が、王座獲得の試合から一夜明けた23日、オンラインで記者会見し「今はやり切った感があるので、ゆっくりしたい」と素直な思いを語った。 9度目の防衛を狙った寺地拳四朗(BMB)に10回TKO勝ち。

2021 9/22 19:44
格闘技

WBC、矢吹が初挑戦で新王者

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は22日、京都市体育館で行われ、挑戦者の矢吹正道(緑)がチャンピオンの寺地拳四朗(BMB)を10回TKOで破り、世界初挑戦で新王者となった。寺地は9度目の防衛に失敗し、2014年8月のプロデビュー後、19戦目で初黒星を喫した。

2021 9/21 15:05
格闘技

寺地、矢吹ともに計量クリア

 WBCライトフライ級戦の前日計量を終え、ポーズを取るチャンピオンの寺地拳四朗(左)と挑戦者の矢吹正道=21日、京都市内(真正ジム提供)

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ(22日・京都市体育館)の前日計量が21日、京都市内で行われ、9度目の防衛を狙うチャンピオンの寺地拳四朗(BMB)は48・7キロ、挑戦者の矢吹正道(緑)は48・8キロでともに1度目でクリアした。 寺地は新型コロナウイルス陽性で練習を休んだ期間もあったが、「これまでと変わらずに減量できた。

2021 9/20 16:31
格闘技

寺地、矢吹とも異常なし

 調印式に出席したチャンピオンの寺地拳四朗(左)と挑戦者の矢吹正道=20日、京都市内(真正ジム提供)

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ(22日・京都市体育館)の予備検診が20日、京都市内で行われ、チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)と挑戦者の矢吹正道(緑)はともに異常なしと診断された。 9度目の防衛を狙う寺地は身長164・1センチで矢吹より2・3センチ低く、リーチも3・5センチ下回った。

2021 9/13 15:56
格闘技

寺地拳四朗「仕上がりはいい」

 オンラインで練習を公開した寺地拳四朗=13日(三迫ジム提供)

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)が13日、9度目の防衛戦(22日・京都市体育館)に向けた練習をオンラインで報道陣に公開した。ミット打ちやシャドーボクシングで切れのある動きを見せ「仕上がりはいい。

2021 9/11 10:55
格闘技

中谷潤人、4回TKOで初防衛

 WBOフライ級タイトルマッチ12回戦、アンヘル・アコスタ(右)にパンチを打ち込む中谷潤人=10日、米アリゾナ州トゥーソン(ゲッティ=共同)

 【トゥーソン(米アリゾナ州)共同】世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ12回戦は10日、米アリゾナ州トゥーソンで行われ、王者の中谷潤人(M・T)が同級1位のアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を4回TKOで下し、初防衛に成功した。23歳の中谷は初の海外での試合を飾った。

2021 9/10 9:13
格闘技

中谷、挑戦者とも計量クリア

 WBOフライ級世界戦の前日計量で、ポーズをとる王者の中谷潤人(左)と挑戦者のアンヘル・アコスタ=トゥーソン(共同)

 【トゥーソン(米アリゾナ州)共同】世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ(10日)の前日計量が9日、米アリゾナ州トゥーソンで行われ、初防衛を目指す中谷潤人(M・T)は50・5キロ、挑戦者のアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)はリミットの50・8キロでクリアした。 中谷は計量の壇上でアコスタと約20秒間にらみ合った。

2021 9/9 14:11
格闘技

ボクシング中谷「わくわくする」

 世界戦を控え、ポーズをとるWBOフライ級王者の中谷潤人=米アリゾナ州トゥーソン(共同)

 【トゥーソン(米アリゾナ州)共同】世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ(10日)で初防衛を目指す中谷潤人(M・T)が8日、米アリゾナ州トゥーソンのホテルで日本メディアに対応し「わくわくしている」と充実した表情で話した。 計量を翌日に控え、フライ級リミットまで「もうあと1・5キロくらい」と調整は順調という。

2021 9/6 19:46
格闘技

寺地の世界戦は22日に開催

 寺地拳四朗

 ボクシングの真正ジムは6日、世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)が新型コロナウイルスに感染したことで10日から延期になっていたタイトルマッチを、22日に京都市体育館で開催すると発表した。矢吹正道(緑)を挑戦者に迎え、9度目の防衛戦に臨む。

2021 9/2 12:26
格闘技

井岡「無事に終えて勝てた」

 3度目の防衛成功から一夜明けて記者会見する、WBOスーパーフライ級王者の井岡一翔=2日

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(志成)が3度目の防衛成功から一夜明けた2日、オンラインで記者会見し「試合ができ、無事に終えて勝てた。それに尽きる。

2021 9/1 22:26
格闘技

井岡一翔、判定で3度目防衛

 5回、フランシスコ・ロドリゲス(左)にパンチを浴びせる井岡一翔=大田区総合体育館(代表撮影)

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は1日、東京・大田区総合体育館で行われ、チャンピオンの井岡一翔(志成)が挑戦者の同級2位フランシスコ・ロドリゲス(メキシコ)に3―0の判定で勝ち、3度目の防衛に成功した。ジャッジ全員が116―112の採点だった。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング