直撃!あの人は今
連載

「直撃!あの人は今」

「直撃!あの人は今」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 6/16 10:50
ソフトバンク

「野球観が変わった」多村仁志トレード移籍秘話 ソフトバンク王監督からかけられた言葉

米大リーグの第90回オールスター戦の取材でクリーブランドのプログレッシブ・フィールドを訪れた多村仁志さん(本人提供)

 「世界一」と「日本一」を知る多村仁志さん(43)は22年間の現役生活のうち6年間を過ごした福岡ソフトバンクで2人の監督と出会った。2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表を率いて初代王者に導いた、王貞治球団会長(80)との「縁」で常勝ホークスの一員となり、秋山幸二氏(58)=本紙評論家=の下では同じ「志」を抱き、日本一の景色を味わった。

2020 5/18 11:20
ソフトバンク

王会長に見いだされ支配下 ソフトバンク育成選手1期生の今 コロナ負けず「第二の人生」新たな船出 

完成したばかりの看板を手に笑顔の小斉さん

 育成選手の1期生が「第二の人生」の門出を迎える。育成選手制度が始まった2006年にソフトバンクに入団した小斉祐輔さん(37)が18日、福岡市内に牛タン店を開業する。

2020 5/15 11:55
ソフトバンク

異色の経歴、元新聞記者のプロ野球2軍監督が今語る 「甲子園のスター」信じ続けたコンバート秘話

就任1年目の有本2軍監督=1993年4月

 選手としてプロ野球未経験ながら、ホークスの2軍監督を務めたのが有本義明さん(88)だ。兵庫・芦屋高のエースとして1949年春の選抜大会で準優勝。

2020 5/11 11:01
ソフトバンク

元プロ野球選手の車掌に「あれ?」甲子園沸かせた報徳学園の左腕の現在 京大コーチでも手腕

ホークス時代の近田氏

 高校野球の強豪・報徳学園のエース左腕として甲子園に3度出場した近田怜王氏(30)は3年夏に、同校をベスト8に導いた。2009年ドラフト3位でソフトバンクに入団。

2020 4/16 6:00
ソフトバンク

ダイエー逆指名ルーキー山田秋親、キャンプから狂った歯車 経験生かした「ユニホーム着っぱなし」人生

プロ野球生活を振り返る山田秋親氏(撮影・大月崇綱)

 立命大時代に日本代表として2000年のシドニー五輪にも出場した豪腕・山田秋親氏(41)は、福岡ダイエー(現福岡ソフトバンク)を逆指名してドラフト2位で01年に入団した。「未来のエース」として注目を集めた右腕だったが、存分に力を発揮することができなかったホークスでの8年間は「歯がゆいことばかり。

2020 4/7 6:00
ソフトバンク

宝の山だったソフトバンク3軍1期生「千賀はひょろひょろなのにええボールを」大西宏明氏が得た財産

関西独立リーグ「堺シュライクス」の監督として若い選手たちを指導する大西宏明さん(中央)(撮影・大月崇綱)

 ソフトバンクが「3軍制」を発足させた2011年、近鉄や横浜などで活躍した、当時プロ9年目の外野手だった大西宏明氏(39)は、育成選手として3軍で1年間プレーした。その年、育成ドラフトで入団してきた千賀、甲斐、牧原ら“3軍1期生”の成長を目の当たりにしたことが、関西独立リーグ・堺の監督として、NPB球団入りという夢を追う若手を指導する立場となった現在に生きているという。

2020 4/3 10:20
ソフトバンク

ホークスかつてのドラ1田中総司氏 球児に説く「投げない勇気」苦闘糧に選んだ第二の人生は

ダイエー時代の田中総

 立命大からドラフト1位で2000年に福岡ダイエーに入団した左腕の田中総司氏(42)は現在、生まれ育った兵庫・伊丹市内に「たなか鍼灸接骨院」を開業、院長を務めている。故障に苦しみ、白星すら挙げられないままに終わった不本意なプロ生活。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング