コーナー

「福岡」

「福岡」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 11/6 16:49
高校野球

長崎代表の大崎が初優勝

 福岡大大濠に勝利し、初優勝を喜ぶ大崎ナイン=長崎

 高校野球の秋季九州大会(第147回九州大会)最終日は6日、長崎県営野球場で決勝が行われ、大崎(長崎)が5―1で福岡大大濠に勝ち、出場3度目で初優勝した。  1―1の四回、2死二塁から山口の適時打で勝ち越すと、五回に2点を追加。

2020 10/17 6:00
高校野球

背番号10で快投、1安打でエースにつないだ右腕「背番号は関係ない」

最後の打者を三振に取り九州大会出場を決めてマウンドでほえる九州国際大付の山本

 九州国際大付が2018年秋以来24度目の九州大会出場を決めた。二枚看板の山本大揮(2年)と柳川大晟(同)のリレーで1安打に抑えた。

2020 10/17 6:00
高校野球

ドラフト待つ山下舜平大の後輩が12奪三振「来年の甲子園を決めることが恩返し」

7回を投げ2失点12奪三振で九州大会出場を決めた福岡大大濠のエース毛利

 福岡大大濠が2019年春以来24度目の九州大会出場を決めた。左腕エース毛利海大(2年)が7回を4安打2失点に抑え12奪三振と力投。

2020 10/16 17:43
高校野球

福岡大大濠エース左腕が12奪三振 九州国際大付とともに九州大会へ

7回12奪三振と力投した福岡大大濠のエース毛利

 秋季九州大会(第147回九州大会)の出場校を決める秋季福岡大会の準決勝があり、福岡大大濠が北筑に8-2で逆転勝ちし、新型コロナウイルスの影響で中止された今春の大会を含め4季ぶり24回目の出場を決めた。 エースの左腕、毛利海大(2年)が1回に1点を先制されながらも7回を投げ2失点で12奪三振と好投した。

2020 9/21 20:37
野球高校野球大学野球

筑陽学園で甲子園8強の福島が西南大でデビュー

イメージ

 九州六大学野球の秋季リーグ戦(西日本新聞社など後援)が21日、福岡市の桧原運動公園野球場で開幕し3試合が行われた。新型コロナウイルスの影響で春季リーグは中止となり2季ぶりのリーグ戦。

2020 8/30 17:48
高校野球

プロ志望高3実戦形式でアピール

 「プロ志望高校生合同練習会」のシート打撃に登板した福岡大大濠・山下=甲子園

 プロ野球を目指す高校3年生による「プロ志望高校生合同練習会」の第2日は30日、甲子園球場で行われ、実戦形式でスカウト陣にアピールした。  77選手が参加。

2020 8/28 18:41
高校野球

死去した大先輩に誓った甲子園 小倉高野球部が福嶋氏を悼んで黙とう

福嶋一雄氏をしのんで黙とうする小倉高野球部員

 1948年に夏の甲子園の連覇を達成した小倉高(福岡)のエース、福嶋一雄さんの死去を悼み、同校の野球部は28日、北九州市小倉北区のグラウンドで黙とうをささげた。西田弘康監督は「福嶋さんのおかげで、今の小倉高がある。

2020 8/28 6:00
野球高校野球

甲子園2連覇のエース福嶋一雄氏死去 小倉高後輩「助けていただいた」

福嶋一雄氏

 夏の甲子園で2連覇を果たした旧制小倉中、小倉高のエースだった福嶋一雄氏が27日、十二指腸がんのため北九州市内の病院で死去した。89歳だった。

2020 8/24 23:11
プロ野球高校野球

153キロ右腕甲子園でアピール プロ志望高校生練習会参加選手発表

福岡大大濠・山下

 日本野球機構(NPB)は24日、プロ野球を目指す高校3年生を対象に日本高野連と共催するプロ志望高校生合同練習会(29、30日=西日本会場・甲子園、9月5、6日=東日本会場・東京ドーム)に参加予定の計118選手を発表した。 西日本会場には今秋ドラフト1位指名候補として名前の挙がる最速153キロ右腕、福岡大大濠の山下舜平大(やました・しゅんぺいた)や最速146キロ右腕、宮崎・都城東の有馬太玖登ら77選手が参加。

2020 8/13 18:51
高校野球

福岡大大濠の最速153キロ右腕・山下舜平大らがプロ志望届提出

福岡大大濠・山下

 日本高野連は13日、公式ホームページのプロ野球志望届提出者一覧を更新し、福岡大大濠の山下舜平大(しゅんぺいた)投手、福岡工大城東の誉田貴之捕手ら17人が新たに加わった。 山下は最速153キロ右腕。

2020 8/10 6:00
高校野球

「優勝しても…」記者の質問に監督は首を振った 甲子園につながらない“特別な夏”を振り返る

サヨナラ勝ちして歓喜する福岡ナイン。ペイペイドームで高校野球の決勝が行われるのは初めてだった=3日

 本当に「特別な夏」だった。2020年の高校野球も九州では各県の独自大会が終了し、10日には甲子園で交流試合が開幕する。

2020 8/4 6:00
高校野球

ペイペイドームで惜敗した福岡大大濠・山下「ここでまた投げたい」延長11回の最速151キロに破格の高評価

福岡にサヨナラ勝利を許し、引き揚げる福岡大大濠・山下(中央)

 高校野球の独自大会「がんばれ福岡2020」の福岡地区大会は3日、福岡市のペイペイドームで決勝があり、プロ注目の大型右腕・山下舜平大(3年)を擁する福岡大大濠は福岡に延長11回タイブレークの末、3-4でサヨナラ負けした。 プロの熱視線を集める福岡大大濠の山下は厳しい表情を浮かべた。

2020 8/4 6:00
高校野球

西日本短大付のエース「自分の成長感じた」久留米商との伝統校対決で10奪三振の完投勝利

優勝が決まり歓喜に沸く西日本短大付の選手たち(撮影・玉置采也加)

 高校野球の独自大会「がんばれ福岡2020」の筑後地区大会は3日、福岡県の久留米市野球場で決勝があり、西日本短大付が久留米商に3-1で競り勝った。 コロナ禍で夏の甲子園が中止となり、県や地区レベルの大会開催も一時は宙に浮いた今夏。

2020 8/4 6:00
高校野球

甲子園出場経験がない「福高」が逆転サヨナラで夏の王者に 九州大志望の背番号13が代打でプロ注目の剛腕沈める

延長11回、タイブレークの末、福岡大大濠にサヨナラ勝ちで優勝を決め、喜ぶ福岡ナイン(撮影・軸丸雅訓)

 高校野球の独自大会「がんばれ福岡2020」の福岡地区大会は3日、福岡市のペイペイドームで決勝があり、福岡が福岡大大濠に延長11回タイブレークの末、4-3で逆転サヨナラ勝ちした。 プロ注目の右腕を擁する強敵に2度もリードを奪われながら、絶対に諦めなかった。

2020 8/3 18:42
高校野球

福岡高、福岡大大濠高に逆転サヨナラ勝ちで優勝…プロ注目右腕から延長11回に歓喜 高校野球・福岡地区大会

延長11回、タイブレークの末、福岡大大濠にサヨナラ勝ちで優勝を決め、喜ぶ福岡ナイン(撮影・軸丸雅訓)

 新型コロナウイルスの影響で中止された全国高校野球選手権福岡大会に代わる「がんばれ福岡2020」福岡地区大会の決勝が3日、福岡市のペイペイドームであり、福岡が福岡大大濠に延長11回タイブレークの末、4-3で逆転サヨナラ勝ちした。 9回まで0-0の投手戦。

2020 8/3 6:00
高校野球

大会前の交代「前監督から優勝してこいと」飯塚が独自大会制覇

整列へ向かう飯塚の選手たち

 各都道府県高野連が開く高校野球の独自大会は2日、各地で行われた。「がんばれ福岡2020」の北九州市と福岡中央の両地区大会は北九州市民球場で決勝があり、北九州市は九州国際大付が真颯館に10-7で打ち勝ち、福岡中央は13安打の飯塚が福岡魁誠に11-3で大勝した。

2020 8/3 6:00
高校野球

プロ注目の九州国際大付・井上、スタンドイン確信の一打も監督「こんなもんじゃない」

7回に2ランを放ち笑顔を見せる九州国際大付の4番井上

 各都道府県高野連が開く高校野球の独自大会は2日、各地で行われた。「がんばれ福岡2020」の北九州市と福岡中央の両地区大会は北九州市民球場で決勝があり、北九州市は九州国際大付が真颯館に10‐7で打ち勝ち、福岡中央は13安打の飯塚が福岡魁誠に11‐3で大勝した。

2020 8/2 20:48
野球高校野球

1年からプロに注目されたスラッガーが有終の2ラン 高校野球独自大会、九州国際大付が優勝

7回に2ランを放ち笑顔を見せる九州国際大付の4番井上

 全国高校野球選手権福岡大会の代替となる独自大会「がんばれ福岡2020」の北九州市地区の決勝は2日、北九州市民球場で行われ、九州国際大付が真颯館に10-7で打ち勝った。両チーム計4本塁打が飛び交う打撃戦で、1点を追う7回に4番井上堅心(3年)の2ランなどで一挙5点を挙げて逆転した。

2020 8/2 20:24
野球高校野球

独自大会決勝「みんなやりきった」3年生全員出場で快勝 飯塚が福岡中央地区を制覇

5回に2点目を挙げる飯塚

 全国高校野球選手権福岡大会の代替となる独自大会「がんばれ福岡2020」の福岡中央地区の決勝は2日、北九州市民球場で行われ、飯塚が福岡魁誠に11-3で快勝した。 飯塚の自慢の打線が爆発し13安打と打ちまくって、福岡魁誠を突き放し優勝を決めた。

2020 7/28 19:29
高校野球

2試合連続で降雨ノーゲーム、ともに福岡第一がリード「次は第1打席から…」昨秋の福岡大会決勝と同カード

8回に先制の適時二塁打を放った福岡第一の岸本

 「がんばれ福岡2020福岡地区高校野球大会」は28日、福岡県春日市の春日公園野球場で行われたトーナメント3回戦の福岡第一-福岡工大城東戦が8回途中で降雨ノーゲームとなり、他の4試合は中止となった。 昨秋の福岡大会決勝と同じ顔合わせの強豪対決は、26日は福岡第一が1-0とリードしていた2回終了時で降雨ノーゲーム。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング