コーナー

「センバツ」

「センバツ」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 12/13 16:31
高校野球

21世紀枠候補に9校、選抜高野

 第92回選抜高校野球大会 21世紀枠9地区候補校

 日本高野連は13日、第92回選抜高校野球大会(来年3月19日から13日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表し、秋季東北大会ベスト8の磐城(東北=福島)や宇都宮(関東・東京=栃木)などが選ばれた。出場3校は、一般選考の29校(神宮大会枠1校を含む)とともに、来年1月24日の選考委員会で決まる。

2019 12/4 17:00
高校野球

東奥義塾、春の甲子園の推薦辞退

 日本高野連は4日、来春の第92回選抜高校野球大会の21世紀枠候補に青森県高野連が推薦した東奥義塾から、部員の不祥事のため一般枠を含めて推薦を辞退する申し出があり、了承したと発表した。  高野連によると、11月中旬に野球部員1人が一般生徒1人の財布から複数回にわたって現金を盗んだという。

2019 11/29 18:17
高校野球

高校野球、1週間で500球以内

 理事会後に記者会見する日本高野連の八田英二会長=29日午後、大阪市

 日本高野連は29日、大阪市内で理事会を開き、来春の第92回選抜大会を含む春季大会から「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限の実施を決めた。日本高野連と都道府県高野連が主催する公式戦が対象。

2019 11/20 10:30
高校野球

投手障害予防で答申提出

 中島隆信座長(左)から答申を受け取る日本高野連の八田英二会長=20日午前、神宮球場

 日本高野連が今春に発足させた「投手の障害予防に関する有識者会議」が計4回の会合でまとめた答申が20日、東京都新宿区の神宮球場で、会議の座長を務める慶応大の中島隆信教授から日本高野連の八田英二会長に手渡された。  答申には来春の第92回選抜大会を含む春季大会から「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限などが盛り込まれ、29日に大阪市内で開かれる日本高野連の理事会に諮られる。

2019 11/13 17:17
高校野球

来春選抜、準決勝翌日も休養日に

 日本高野連は13日、大阪市内で来春の第92回選抜高校野球大会の臨時運営委員会を開き、選手の身体的な負担軽減を目的に、休養日を現行の1日から2日に増やすことを決めた。これまで準々決勝の翌日に設けていた休養日を、新たに準決勝の翌日にも導入。

2019 11/10 16:47
高校野球

高校野球、国士舘や天理など優勝

 来春に甲子園球場で開催される第92回選抜高校野球大会の出場校選考の重要な資料となる秋季大会は10日、東京で国士舘が2年連続の優勝を果たして10地区全てが終了した。各地区の優勝校は15日開幕の明治神宮大会に出場する。

2019 11/5 19:20
高校野球

投球数制限は来春選抜から

 「投手の障害予防に関する有識者会議」の第4回最終会合を終え、記者会見する座長の中島隆信氏=5日午後、大阪市

 日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の第4回最終会合が5日、大阪市内で開かれ「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限を盛り込んだ答申案をまとめて公表した。3連戦を回避する日程の設定も明記した。

2019 9/20 17:34
高校野球

高野連に1週間500球提言へ

 「投手の障害予防に関する有識者会議」の第3回会合を終え、開かれた記者会見=20日午後、大阪市

 日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の第3回会合が20日、大阪市内で開かれ、11月下旬に予定されている日本高野連の理事会への提言に、春夏の甲子園大会と地方大会を対象に「1週間で500球」の投球数制限導入を明記することを決めた。  3日連続の投球も制限する方針。

2019 9/14 10:08
高校野球

高校野球、早実高が出場辞退発表

 高校野球の甲子園大会で春夏1度ずつ優勝の実績がある早稲田実業高(東京)は14日、複数の硬式野球部員に問題行動があったため、秋季東京大会の出場を辞退すると発表した。問題行動の詳細については明らかにしていない。

2019 9/13 20:48
高校野球

高校野球、早実高が秋季大会辞退

 2006年、夏の甲子園大会で駒大苫小牧を破り初優勝を決めた早実ナイン=甲子園

 高校野球の甲子園大会で春夏1度ずつ優勝の実績がある早稲田実業高(東京)が、開催中の秋季東京大会出場を辞退したことが13日、分かった。東京都高野連関係者が辞退の届け出を同日までに受理したことを明らかにした。

2019 9/7 16:40
高校野球

夏の覇者・履正社、秋初戦に大勝

 今夏の全国高校野球選手権大会を制した履正社(大阪)が7日、大阪府豊中市の豊中ローズ球場で秋季大阪大会の1回戦に臨み、八尾北を30―0の五回コールドゲームで下した。  一回に関本の3点本塁打などで一挙12得点。

2019 8/22 16:11
高校野球

高校野球、履正社が初優勝

 第101回全国高校野球選手権大会の決勝で星稜を破って初優勝を果たし、喜ぶ履正社ナイン=22日、甲子園球場

 第101回全国高校野球選手権大会最終日は22日、甲子園球場で決勝が行われ、履正社(大阪)が北陸勢初の優勝を狙った星稜(石川)に5―3で競り勝ち、春夏を通じて初優勝を果たした。大阪府勢は昨年の大阪桐蔭に続いて2年連続で全国制覇となった。

2019 8/21 17:08
高校野球

甲子園、初優勝懸け22日に決勝

 キャッチボールで調整する星稜・奥川=21日、大阪府豊中市

 第101回全国高校野球選手権大会は休養日の21日、前日の準決勝を勝ち上がった履正社(大阪)と星稜(石川)が大阪府豊中市内で調整した。22日は甲子園球場で、ともに初優勝を懸けた決勝が行われる。

2019 8/20 12:28
高校野球

決勝は履正社―星稜

 決勝進出を決め、笑顔で応戦席へ駆けだす履正社の選手たち=甲子園

 全国高校野球選手権大会第13日は20日、甲子園球場で準決勝が行われ、22日の決勝はともに初優勝を懸けて履正社(大阪)と星稜(石川)の顔合わせとなった。両校は今春の選抜大会1回戦で対戦し、星稜が3―0で勝っている。

2019 8/18 10:57
高校野球

星稜、中京などが準決勝へ

 星稜―仙台育英 9回表星稜無死、内山が左越えに2打席連続となる本塁打を放つ。投手鈴木、捕手猪股=甲子園

 全国高校野球選手権大会第12日は18日、甲子園球場で準々決勝が行われ、星稜(石川)中京学院大中京(岐阜)明石商(兵庫)履正社(大阪)が準決勝に進んだ。  星稜は22安打の猛攻で、仙台育英(宮城)に17―1で大勝し、24年ぶりのベスト4。

2019 8/17 14:39
高校野球

甲子園、今大会初のタイブレーク

 タイブレークの末、智弁和歌山を破り応援席へ駆けだす星稜ナイン=甲子園

 17日に兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた第101回全国高校野球選手権大会の3回戦、星稜(石川)―智弁和歌山は、1―1のまま延長十二回を終え、十三回から今大会初のタイブレークが適用された。甲子園大会でのタイブレークの実施は、昨夏の旭川大高(北北海道)―佐久長聖(長野)の1回戦、星稜―済美(愛媛)の2回戦に続いて3度目。

2019 8/17 10:30
高校野球

星稜、履正社などが8強

 星稜―智弁和歌山 タイブレークの14回裏星稜1死一、二塁、左中間にサヨナラ3ランを放ち、ガッツポーズで一塁へ向かう福本=甲子園

 全国高校野球選手権大会第11日は17日、甲子園球場で3回戦4試合が行われ、星稜(石川)履正社(大阪)仙台育英(宮城)関東第一(東東京)が準々決勝に進み、ベスト8が出そろった。  星稜は今大会初のタイブレークの末、今春の選抜大会8強の智弁和歌山に延長十四回、4―1でサヨナラ勝ちし、24年ぶりの8強入り。

2019 8/16 10:47
高校野球

中京、明石商、作新、光星が8強

 東海大相模―中京学院大中京 7回表中京学院大中京1死三塁、適時二塁打を放ちガッツポーズの不後。二塁手松本=甲子園

 全国高校野球選手権大会第10日は16日、甲子園球場で3回戦4試合が行われ、中京学院大中京(岐阜)明石商(兵庫)作新学院(栃木)八戸学院光星(青森)が準々決勝に進んだ。  中京学院大中京は東海大相模(神奈川)に9―4で逆転勝ち。

2019 8/14 10:37
高校野球

関東第一、鶴岡東などが3回戦へ

 鳴門―仙台育英 1回表、仙台育英・小濃が本塁打を放ち、ガッツポーズで一塁を回る=甲子園

 全国高校野球選手権大会第9日は14日、甲子園球場で2回戦が行われ、鶴岡東(山形)仙台育英(宮城)関東第一(東東京)が3回戦に進んだ。台風10号の接近で悪天候が予想されるため、15日の3回戦4試合は16日に順延される。

2019 8/13 18:26
高校野球

敦賀気比の杉田がサイクル安打

 国学院久我山―敦賀気比 5回表敦賀気比1死二塁、杉田が右中間に適時三塁打を放つ。捕手宮崎=甲子園

 敦賀気比(福井)の杉田翔太郎選手が13日、2回戦の国学院久我山(西東京)戦で、大会史上6人目のサイクル安打を達成した。  杉田は一回の第1打席で単打、二回に二塁打、五回に三塁打、九回に右中間に本塁打を放った。