まとめ

「久光製薬」

「久光製薬」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/13 10:16
バレー

真鍋氏、バレー代表監督復帰へ

 真鍋政義氏

 日本バレーボール協会が女子日本代表次期監督として、2012年ロンドン五輪銅メダルに導いた真鍋政義氏(58)に就任要請する方針を固めたことが12日、関係者への取材で分かった。就任すれば16年以来の復帰となる。

2021 10/1 6:00
バレー

【動画】バレーボール久光の新練習拠点着工 市民にも開放

久光スプリングス練習拠点アリーナ(仮称)の完成イメージ図(SAGA久光スプリングス提供)

 バレーボールVリーグ女子1部、久光スプリングスの新たな練習拠点となる「久光スプリングス練習拠点アリーナ(仮称)」の起工式が9月30日、佐賀県鳥栖市であり、橋本康志市長ら関係者約40人が工事の安全を祈った。 アリーナは、同市の駅前不動産スタジアム南側の市有地約1万平方メートルに親会社の久光製薬が建設する。

2021 9/23 6:00
バレー

3季ぶりVリーグ優勝狙う久光の新陣容 元日本代表センター大竹里歩ら加入

久光が今季のキービジュアルとして公開した選手の集合写真(SAGA久光スプリングス提供)

 バレーボールVリーグ女子1部の久光スプリングスが22日、オンラインで会見し、3季ぶりの王座奪還を誓った。 久光は元日本代表の岩坂とリベロの座安、セッターの小島が引退。

2021 9/22 18:06
バレー

バレー久光3季ぶりV目指す「憧れの存在でありたい」純白ドレス姿も披露

久光が今季のキービジュアルとして公開した選手の集合写真(SAGA久光スプリングス提供)

 バレーボールVリーグ女子1部の久光スプリングスが22日、オンラインで会見し、東京五輪代表の石井優希(30)らが3季ぶりの王座奪還を誓った。チームで唯一、今夏の五輪に出場した石井は代表活動で培った覚悟と責任を若いチームに浸透させ、選手の自立を促す考えだ。

2021 4/30 6:00
バレー

「私、鼻血が出てたの気付いてました?」新鍋理沙が驚いた長岡望悠の一言

笑顔でファンに手を振る久光・長岡=20年11月

 バレーボールの男女日本代表が5月1日(男子は同2日も)、東京五輪競技会場の東京・有明アリーナで同五輪テスト大会を兼ねた親善試合で中国と対戦する。 2012年ロンドン五輪銅メダリストで昨年6月の引退まで女子日本代表に入り、現在はVリーグ1部、久光スプリングスの運営会社「SAGA久光スプリングス」で所属アスリートを務める新鍋理沙さん(30)が西日本スポーツのインタビューに応じ、女子日本代表への期待や注目点などを語った。

2021 2/22 13:10
バレー

引退の元バレー代表・新鍋理沙さんにVリーグ功労賞 女子で3人目

現役引退後は解説者としても活躍している新鍋理沙さん(提供:SAGA久光スプリングス株式会社)

 2012年ロンドン五輪バレーボール女子銅メダリストで昨年現役を引退した元久光製薬スプリングスの新鍋理沙さん(30)が21日、Vリーグ功労賞を受賞した。Vリーグにおける長年の活躍や卓越したサーブレシーブが評価された。

2021 1/5 20:04
バレー

女子バレー久光 佐賀県鳥栖市が市有地貸与、一部無償で30年の見通し

久光スプリングスの選手=20年11月撮影

 佐賀県鳥栖市は5日、バレーボール・Vリーグ女子1部、久光スプリングスの運営会社「SAGA久光スプリングス」に市有地を貸与すると発表した。チームの練習拠点整備に向けて同社が昨年末、市に要望書を提出していた。

2020 12/23 18:25
バレー

Vリーグ・久光スプリングス、駅前不動産スタジアム南側に新練習場建設を計画 体育館やクラブハウス

佐賀県鳥栖市に新練習場を建設する計画を発表した久光(提供:SAGA久光スプリングス株式会社)

 バレーボール・Vリーグ女子1部、久光スプリングスを運営する「SAGA久光スプリングス」(佐賀県鳥栖市)は23日、同市藤木町の市有地に新たな練習場を建設する計画を発表、市有地の貸与を求める要望書を市などに提出した。市は「前向きに検討する」としている。

2020 11/22 18:00
バレー

長岡望悠の投入も実らず…唇かむ戸江真奈「立ち上がっていくしか」

試合後、悔しそうな表情を浮かべる久光・長岡(中央)(撮影・山口楊平)

 ホームで2連敗を喫した久光のエース石井優希とリベロの戸江真奈主将(福岡市出身)は「情けない試合だった」と口をそろえた。 岡山にフルセットで敗れた21日からの流れを変えられないままストレート負け。

2020 11/21 19:34
バレー

バレー井上愛里沙「苦しい展開で冷静さ欠いてしまった」久光痛い1敗

スパイクをする久光スプリングスの井上愛

 バレーボールのVリーグ1部女子は21日、福岡市の福岡市民体育館などで5試合を行い、2季ぶりの優勝を目指す久光スプリングスはフルセットの末、岡山に敗れ、5勝5敗で順位を一つ落とし6位に後退した。第2、3セットを連取したが、岡山の粘り強い守備に苦しんで2-2と並ばれ、最終セットも8-15で落とした。

2020 11/20 6:00
バレー

【動画あり】バレー久光・石井「落とせない2試合」新主将の戸江「思い入れ強い」会場とは

西日本新聞社を訪れた久光スプリングスの戸江真奈(左)と石井優希(撮影・軸丸雅訓)

 バレーボールのVリーグ女子1部で2季ぶりの王座奪回を目指す久光スプリングスの戸江真奈(26)、石井優希(29)が19日、福岡市・天神の西日本新聞社を訪れた。 佐賀県鳥栖市を拠点とする久光は福岡市民体育館で21日に岡山、22日にNECと対戦する。

2020 11/19 6:00
バレー

Vリーグ230試合出場の石井優希「新しい久光バレーを」

14日のKUROBE戦で通算230試合出場を達成した石井=久光スプリングス提供

 バレーボールVリーグ女子1部の福岡大会が21、22日、福岡市博多区の福岡市民体育館で行われる。佐賀県鳥栖市を拠点とする久光スプリングスは21日に岡山シーガルズ、22日にNECレッドロケッツと対戦する。

2020 11/19 6:00
バレー

バレー久光の「癒やし系」新主将 新鍋さん引退、監督打診に10分考えて返答

新主将として久光を引っ張る戸江(18)。右は長岡=久光スプリングス提供

 バレーボールVリーグ女子1部の福岡大会が21、22日、福岡市博多区の福岡市民体育館で行われる。佐賀県鳥栖市を拠点とする久光スプリングスは21日に岡山シーガルズ、22日にNECレッドロケッツと対戦。

2020 10/31 21:57
バレー

昨年日本代表主将の久光・岩坂が「Vリーグ栄誉賞」リーグ230試合出場達成

Vリーグ通算230試合出場を達成し、試合前に花束を受け取る久光の岩坂(久光スプリングス提供)

 バレーボールのVリーグは31日、1部女子の久光スプリングスに所属する岩坂名奈(30)が同日のヴィクトリーナ姫路戦で通算230試合出場を達成したと発表した。 Vリーグが定める「Vリーグ栄誉賞」の表彰基準を満たし、試合前に花束が渡された。

2020 10/25 6:00
バレー

バレー代表・井上愛里沙、高まる存在感 新鍋理沙の引退で強い覚悟

第3セット、レフトからスパイクを放つ久光・井上愛里沙(左)

 バレーボールのVリーグ1部女子は24日、埼玉県久喜市の毎日興業アリーナ久喜などで行われ、久光は3-0で日立にストレート勝ちを収めて通算2勝1敗とした。日本代表の井上愛里沙(25)がチーム最多タイの14得点をマークし、攻撃の要としての存在感を高めた。

2020 10/14 17:05
バレー

古巣に復帰した米国代表「妊娠分かった時から戻ると決めていた」出産1週間前までトレーニング

久光の公式インスタライブで復帰を報告するアキンラデウォ

 バレーボールVリーグ女子1部、久光スプリングスへ2季ぶりに復帰した米国代表のアキンラデウォ(33)が14日、オンラインで会見し「またここに戻れてうれしい。全力で勝ちにいく」と2季ぶりの優勝を誓った。

2020 8/7 23:23
バレー

バレー久光が本拠地・鳥栖市と連携協定 スクール開催、児童と交流

連携協定を結んだ(左から)SAGA久光スプリングスの萱嶋章社長、佐賀県鳥栖市の橋本康志市長、久光製薬の中冨一栄社長

 佐賀県鳥栖市を拠点にするバレーボールVリーグ女子1部、久光の運営会社「SAGA久光スプリングス」(萱嶋章社長)と親会社の久光製薬(中冨一栄社長)は7日、同市と、スポーツを通じた地域活性化を目指す連携協定を結んだ。 両社と自治体との協定締結は佐賀県に続いて2例目。

2020 7/28 18:46
バレー

Vリーグ久光の戸江主将と岩坂ら「新たな歴史を刻みたい」鳥栖市役所を訪問

鳥栖市役所を訪れた久光スプリングス主将の戸江真奈(右)と岩坂名奈(左)

 バレーボールVリーグの女子1部、久光スプリングスの酒井新悟監督と主将の戸江真奈、岩坂名奈が28日、佐賀県鳥栖市役所を訪問し、橋本康志市長に今季の活躍を誓った。 チームは同日から8月14日まで佐賀市内で合宿。

2020 7/4 6:00
バレー

久光製薬のチーム名「久光スプリングス」に Vリーグ女子1部

 バレーボールのVリーグ女子1部の久光製薬(佐賀県鳥栖市)の運営会社は3日、チーム名を従来の「久光製薬スプリングス」から「久光スプリングス」に変更すると発表した。3月に運営会社「SAGA久光スプリングス」を新設していた。

2020 7/3 11:08
サガン鳥栖バレー

J1鳥栖とバレー久光製薬を市が支援へ 施設使用料減免など支援総額数千万円

鳥栖の本拠地、駅前不動産スタジアム

 佐賀県鳥栖市は2日、新型コロナウイルスの影響で運営に打撃を受けているスポーツチームへの支援案を発表した。サッカーJリーグ1部(J1)サガン鳥栖の施設使用料を減免し、ホームゲーム開催を支援する。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング