コーナー

「HKT48 月イチ活動報告」

「HKT48 月イチ活動報告」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 11/24 0:40
HKT48

レッスン場とステージが直結、「家」ができた HKT月イチ報告(下)

新常設劇場への思いを語り合ったHKT48の(左から)小田彩加、豊永阿紀、上島楓、秋吉優花(撮影・古川泰裕)

 めまぐるしいHKT48の秋を振り返る座談会。4人の中で唯一、旧劇場ステージに立っていた秋吉優花(20)は在りし日を懐かしむ。

2020 11/24 0:15
HKT48

キャラ変、「上顎」、オーラ…ボケが大渋滞 HKT月イチ報告(中)

東京でのコント劇を振り返り始めたHKT48の(左から)小田彩加、豊永阿紀、上島楓、秋吉優花だったが…(撮影・古川泰裕)

 2期生の秋吉優花(20)、4期生の豊永阿紀(21)と小田彩加(21)、5期生の上島楓(19)による座談会は中盤戦へ。豊永が主役を務めたコント劇について語り合う中、共演した上島の「キャラ変」ぶりが話題に。

2020 11/24 0:00
HKT48

歌唱力No.1決定戦、モチベーションはパエリア HKT月イチ報告(上)

10、11月の活動を振り返ったHKT48の(左から)小田彩加、豊永阿紀、上島楓、秋吉優花(撮影・古川泰裕)

 新常設劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区地行浜)が11月2日にグランドオープンし、新たなホームでの日々を刻み始めたHKT48。東京でもコント劇やライブを開催、観客を入れてのパフォーマンスが本格化した。

2020 10/27 0:10
HKT48

いよいよ新劇場初日公演「レスパーティーだよ」 HKT月イチ報告(下)

活動を振り返ったHKT48の(左から)小田彩加、武田智加、渡部愛加里、石橋颯(撮影・古川泰裕)

 明るいニュースも切ないニュースも飛び交った、HKT48の初秋を振り返る4期生の小田彩加(21)、武田智加(17)、ドラフト3期生の渡部愛加里(16)、5期生の石橋颯(15)。卒業を選んだ仲間との別れを惜しむ4人の座談会は、11月2日にグランドオープンする新拠点「西日本シティ銀行 HKT48劇場」の話題へ。

2020 10/27 0:05
HKT48

落選、ドラフト…それぞれの「オケハザマ」 HKT月イチ報告(中)

活動を振り返ったHKT48の(左から)小田彩加、武田智加、渡部愛加里、石橋颯(撮影・古川泰裕)

 メンバーの卒業や新型コロナウイルス感染、新劇場のオープン日程発表など、激動の日々が続いたHKT48の初秋。4期生の小田彩加(21)、武田智加(17)、ドラフト3期生の渡部愛加里(16)、5期生の石橋颯(15)の4人とともに振り返る座談会は、渡部がレギュラー出演するテレビ番組の話題へ。

2020 10/27 0:00
HKT48

オンラインイベント、話しただけでうれしい HKT月イチ報告(上)

新劇場への思いなどを語り合ったHKT48の(左から)小田彩加、武田智加、渡部愛加里、石橋颯(撮影・古川泰裕)

 新常設劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区地行浜)のこけら落としが11月2日に決まった。9月下旬に1期生・村重杏奈(22)が新型コロナウイルスに感染したが、ファンの支えもあって無事に回復。

2020 9/15 0:12
HKT48

福岡応援ソングに参加、家族で「はあぁぁ!」 HKT月イチ報告(下)

8月の活動を振り返ったHKT48の(左から)豊永阿紀、堺萌香、栗山梨奈、渕上舞

 渕上舞(23)、堺萌香(22)、豊永阿紀(20)、栗山梨奈(19)による座談会もいよいよ終盤戦。ロケも舞台もスタッフも、北九州市にこだわった映画「めぐり逢(あ)わせの法則」で主演する豊永が、炎天下の北九州で肌を焼きながら熱演した日々や、豊永家の一大事となった福岡応援ソング「Beat goes on」のレコーディングについて熱っぽく語った。

2020 9/15 0:08
HKT48

「ハイ!ハイ!」メンバーからコールが自然発生 HKT月イチ報告(中)

8月の活動を振り返ったHKT48の(左から)豊永阿紀、堺萌香、栗山梨奈、渕上舞

 8月を振り返るHKT48の渕上舞(23)、堺萌香(22)、豊永阿紀(20)、栗山梨奈(19)の座談会。8月30日に出演したオンラインの音楽イベント「@JAM ONLINE FESTIVAL 2020」で、この夏初めて本格的なステージパフォーマンスを披露した豊永は、メンバーから自然発生した曲中の動きについて解説する。

2020 9/15 0:00
HKT48

「自分の声を大事にしよう」THE LIVEで意識変化 HKT月イチ報告(上)

8月の活動を振り返ったHKT48の(左から)豊永阿紀、堺萌香、栗山梨奈、渕上舞

 8月30日に出演したオンラインの音楽イベント「@JAM ONLINE FESTIVAL 2020」で最新シングル「3-2」をステージで初披露したHKT48。4月22日のリリース以来、満を持してのパフォーマンスは統制の取れた美しいダンスで、画面の向こうのファンを魅了した。

2020 8/18 0:05
HKT48

ふいに壊れる日常…アイドルをしている意味とは HKT月イチ報告(下)

激動の時代に「アイドルでいること」の意味とは-。時間を忘れて語り合った(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子

 7月17日にお披露目された新しい専用劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」について、松岡菜摘(24)、熊沢世莉奈(23)、坂口理子(26)、宮崎想乃(19)の座談会は続く。新たなステージで過ごす日々について期待が膨らむ中、旧専用劇場を知る3人はかつてのホームに刻んだ思い出を振り返る。

2020 8/18 0:03
HKT48

「ここで卒業するんだ」ベールを脱いだ新劇場 HKT月イチ報告(中)

新劇場への思いを語り合ったHKT48の(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子

 7月17日にお披露目された「西日本シティ銀行 HKT48劇場」。完成したばかりの何もないステージで、いち早くパフォーマンスを披露したチームHキャプテン松岡菜摘(24)は何を感じたのか。

2020 8/18 0:00
HKT48

始球式「さしこちゃんより飛んで良かった」 HKT月イチ報告(上)

7月の活動を振り返ったHKT48の(左から)宮﨑想乃、熊沢世莉奈、松岡菜摘、坂口理子(撮影・古川泰裕)=2020年8月6日

 歌に焦点を当てた配信限定ライブなど依然としてオンラインでの活動が主軸となる中、HKT48は7月17日、新たな活動拠点となる福岡市中央区地行浜の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で報道陣向けのお披露目ライブを開いた。下旬には、JR九州とのコラボレーションによる観光キャンペーン「みんなの九州プロジェクト-九州を元気に!-」も発表。

2020 7/21 0:04
HKT48

はるばる九州へ、大事なのは「タイミング」 HKT月イチ報告(下)

カメラに笑顔を見せる坂口理子(撮影・古川泰裕)=9日午後4時32分

 新型コロナウイルス禍から日常を取り戻しつつある福岡で、少しずつそのベールを脱ぎつつある「新生HKT48」。森保まどか(22)、坂口理子(25)、松本日向(19)、市村愛里(19)が6月の活動を振り返る月イチ活動報告の最後は、7月5日からスタートした配信限定ライブに出演した坂口が歌うことへの意識の変化を語る。

2020 7/21 0:02
HKT48

博多座楽屋や車から、市村が365日連続動画配信 HKT月イチ報告(中)

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂口理子、松本日向、市村愛里、森保まどか

 コロナ禍による活動自粛から再開への助走となった6月を、森保まどか(22)、坂口理子(25)、松本日向(19)、市村愛里(19)が振り返る月イチ活動報告。中編では、動画配信サイト「SHOWROOM」の365日連続配信を達成した市村が、その裏側を告白。

2020 7/21 0:00
HKT48

自粛明けのレッスン、訪れた変化に戸惑いも HKT月イチ報告(上)

6月の活動を振り返ったHKT48の(左から)坂口理子、松本日向、市村愛里、森保まどか

 7月に入り配信限定のライブを開催し、パフォーマンス活動を本格的に再開させたHKT48。会場はレッスン場、出演は10人と少人数ではあったが、個々のメンバーの特長を生かすという新運営会社「Mercury」の方向性が垣間見えたステージとなった。

2020 6/23 0:05
HKT48

体内時計バトル、落差にびっくりの2人 HKT月イチ活動報告(下)

リモートで笑顔を見せる(左上から時計回りに)山内祐奈、小田彩加、豊永阿紀、伊藤優絵瑠

 コロナ禍から、少しずつ日常を取り戻しつつある福博の街。ライブが再開できるその日を目指し、HKT48もインターネット上で新たな取り組みを次々と打ち出している。

2020 6/23 0:02
HKT48

リモートコント劇、荒れるコメント欄の真実 HKT月イチ活動報告(中)

リモートでポーズを取る(左上から時計回りに)山内祐奈、小田彩加、豊永阿紀、伊藤優絵瑠

 コロナ禍によりオンライン上での活動がメインだった5月を、山内祐奈(20)、小田彩加(21)、豊永阿紀(20)、伊藤優絵瑠(16)の4人が振り返るHKT48の月イチ活動報告。中編では、サッカーJ2アビスパ福岡の公式アンバサダーを務める豊永と、リモートコント劇に挑戦した山内が思いを語る。

2020 6/23 0:00
HKT48

「3-2」2度目週間1位「早くみんなの前で」 HKT月イチ活動報告(上)

リモートでポーズを取る(左上から時計回りに)山内祐奈、小田彩加、豊永阿紀、伊藤優絵瑠

 新型コロナウイルスの影響で、会員制交流サイト(SNS)を中心としたリモートでの活動が続くHKT48。その一方で、5月下旬には無料通信アプリを展開するLINE(ライン)などの後ろ盾を受けることが発表された。

2020 5/18 21:30
HKT48

最多登場は松岡「安心する場所、大好き」  HKT月イチ活動報告7周年 

2013年5月、連載初回取材時の松岡菜摘

 HKT48の活動を毎月メンバーとともに振り返る西日本スポーツの連載「月イチ活動報告」は、2013年5月のスタートから丸7年がたちました。登場してくれたメンバー、取材に協力していただいたスタッフ、そして何より読者の皆さまに感謝です。

2020 5/18 21:00
HKT48

2位本村、キャプテン就任後の取材が自信に  HKT月イチ活動報告7周年

本村碧唯(右から二人目)が新キャプテンとしての自信につながったと語った、2017年4月の取材から

 2013年5月のスタートから7周年を迎えた、西日本スポーツの連載「HKT48の月イチ活動報告」。毎月の活動を振り返る企画の特別版として、これまで登場した回数の多い上位4人のメンバーのアンケート回答を掲載します。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング