まとめ

「エリザベータ・トゥクタミシェワ」

「エリザベータ・トゥクタミシェワ」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 12/26 5:07
フィギュア

シェルバコワがSP首位

 フィギュアスケートのロシア選手権女子SPで首位に立ったアンナ・シェルバコワの演技=チェリャビンスク(共同)

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのロシア選手権第2日は25日、チェリャビンスクで行われ、女子ショートプログラム(SP)で3連覇を目指す16歳のアンナ・シェルバコワが80・31点で首位発進した。  昨季の世界ジュニア選手権女王で14歳のカミラ・ワリエワが79・99点で2位、14歳のダリア・ウサチョワが76・72点で3位。

2020 11/22 9:40
フィギュア

トゥクタミシェワが逆転V

 女子で優勝したエリザベータ・トゥクタミシェワのフリーの演技=モスクワ(共同)

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯最終日は21日、モスクワで行われ、女子はショートプログラム(SP)2位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)がフリー1位の148・69点を出し、合計223・39点で逆転優勝した。  SP1位だった17歳のアリョーナ・コストルナヤがフリー2位で合計220・78点の2位。

2020 11/21 5:36
フィギュア

コストルナヤがSP首位

 女子ショートプログラム(SP)で首位発進したロシアのアリョーナ・コストルナヤ=20日、モスクワ(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯は20日、モスクワで開幕し、女子ショートプログラム(SP)はロシア勢で昨季のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤが78・84点で首位発進した。エリザベータ・トゥクタミシェワが74・70点で2位、アレクサンドラ・トルソワが70・81点で3位。

2019 10/19 15:20
フィギュア

フィギュア坂本2位、樋口が3位

 女子SPで2位につけた坂本花織の演技=ラスベガス(共同)

 【ラスベガス(米ネバダ州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第1日は18日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、女子ショートプログラム(SP)で昨季の全日本選手権女王の坂本花織(シスメックス)が73・25点で2位、昨年の世界選手権2位の樋口新葉(明大)が自己ベストの71・76点で3位につけた。  昨年の全米選手権覇者のブレイディ・テネル(米国)が自己ベストの75・10点で首位。

2019 4/13 20:02
フィギュア

フィギュア坂本3位、紀平は5位 日本は国別対抗2位、米国が優勝

 女子フリー 演技する坂本花織=マリンメッセ福岡

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は13日、福岡市のマリンメッセ福岡で行われ、日本は女子フリーで坂本花織が現行ルールで自己最高の146・70点で3位に入った。紀平梨花は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足となって転倒し、138・37点で5位だった。

2019 2/27 22:34
フィギュア

ザギトワ、メドベら選出 ロシアの世界フィギュア代表

 【モスクワ共同】ロシア・フィギュアスケート連盟は27日、世界選手権(3月20~23日・さいたま)の代表選手を発表し、女子は平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ、同銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ、1月の欧州選手権覇者のソフィア・サモドゥロワの3人が選出された。 女子では今季の実績からザギトワ、サモドゥロワの2人は選出が確実視されていた。

2019 2/22 23:26
フィギュア

メドベージェワ、ロシアCで優勝 世界フィギュア代表選考

 フィギュアスケートのロシア・カップ・ファイナル女子フリーの演技を終えて笑顔を見せるエフゲニア・メドベージェワ=ベリーキーノブゴロド(タス=共同)

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのロシア・カップ・ファイナルは22日、ベリーキーノブゴロドで行われ、女子は2018年平昌冬季五輪銀メダルでショートプログラム首位のエフゲニア・メドベージェワがフリー2位となり、合計222・90点で優勝した。15年世界選手権女王のエリザベータ・トゥクタミシェワが221・19点で2位。

2018 10/28 13:25
フィギュア

スケートカナダ、宇野昌磨2連覇 女子は15歳山下真瑚が2位

 優勝し表彰台でメダルを掲げる宇野昌磨(中央)=ラバル(共同)

 【ラバル(カナダ)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は27日、ラバルで行われ、男子でショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーでトップの188・38点を出し、合計277・25点で2連覇を果たした。平昌冬季五輪銀メダルの宇野はGP通算4勝目。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング