タカ番記者コラム 好球筆打
連載

「タカ番記者コラム 好球筆打」 (3ページ目)

プロ野球取材17年、ソフトバンク担当・石田泰隆記者のコラム。

2020 8/19 6:00
ソフトバンク

ソフトバンクは、なぜ故障明けの千賀に6連戦の「頭」を任せてきたか

7回1死二、三塁、ロッテ・安田(右奥)に2点適時二塁打を許した千賀(撮影・中村太一)

 早いもので、なのか、ようやく、なのか。人によって捉え方は違うだろう。

2020 8/16 6:00
ソフトバンク

渋野日向子の強さ示す「バウンスバック」、鷹5年目内野手の姿に見た

3回2死、オリックス・ロドリゲスの打球を好捕した川瀬

 昨年の今ごろだった。初めて「バウンスバック」という言葉を知った。

2020 8/15 6:00
ソフトバンク

打率1割台…それ以上に辛いのは「それでも出続けられる」チーム状況

8回1死二塁、空振り三振に倒れベンチに戻る松田宣(5)と工藤監督(左から4人目)(撮影・軸丸雅訓)

 いやいや、そんなところで目立たなくても…。正直、そう思ってしまった。

2020 8/14 6:00
ソフトバンク

ソフトバンクの苦境で「お得意さま」大切な貯金「荒稼ぎ」

オリックスに3連勝し、喜ぶソフトバンクナイン(撮影・軸丸雅訓)

 プレーボールから2球目で1点を失った。相手1番山足の先頭打者本塁打。

2020 8/13 6:00
ソフトバンク

試合中の着信 達川光男氏の言葉に感じたソフトバンク柳田の「規格外」なところ

6回無死、右中間に三塁打を放った柳田

 ズボンのポケットに入れていたスマートフォンのバイブが着信を告げる。0-0の4回1死一、三塁というホークスの先制機だったから、この好機が落ち着いたらかけ直そうと“放置”していたのだが、一向に鳴りやむ気配がない。

2020 8/10 6:00
ソフトバンク

勝敗分けた球際の攻防、驚きの捕球地点をみせたソフトバンク周東の脚力

5回無死二塁、楽天・渡辺佳の打球をダイビングキャッチした二塁手・周東(撮影・中村太一)

 地元福岡へ勝って帰るか、負けて帰るか。この差は意外と大きかった。

2020 8/8 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク東浜が現れては消える場所 一歩抜け出せぬ理由はそこに

7回1死一、三塁、楽天・小深田に逆転三塁打を浴び降板する東浜(撮影・伊東昌一郎)

 ルーティンと言えば聞こえはいいが、スポーツ選手のそれとは訳が違う。こちらが行うのはただの生活の一部であって、それを怠ったからといって別に支障が出るわけでもない。

2020 8/1 6:00
ソフトバンク

おとがめなしも球審が険しい表情、イライラ隠せないバレンティン 気掛かりな心理状態

2回1死、空振り三振に倒れたバレンティン(撮影・軸丸雅訓)

 数字に踊らされてはいけない。そう分かってはいるものの、やっぱり衝撃は衝撃だ。

2020 7/31 6:00
ソフトバンク

「守備の極意」を追求するソフトバンク今宮 節目の次に目指すべき高みとは

3回1死一塁、西武・外崎を遊ゴロ併殺に仕留める今宮(撮影・栗木一考)

 ホークスの連勝は3で止まった。プロ初先発となった板東が球界随一の破壊力を誇る西武打線につかまり、5回途中5失点KO。

2020 7/30 6:00
2020 7/29 6:00
ソフトバンク

「柳田勝負」増える状況 ソフトバンク柳田の三冠王、鍵握る4番中村晃

6回、勝ち越し打を放った中村晃(右)はベンチ前でナインの出迎えを受ける(撮影・栗木一考)

 止まるのは火曜か、金曜か。そう思っていつも期待するのだが、今回も持ち越しとなった。

2020 7/26 6:00
ソフトバンク

ホークスファンの読者から届いた手紙 住所が書かれていないので、この場で返信してみた

熊本県のホークスファンからの手紙(撮影・軸丸雅訓)

 こういう仕事をしていると、ありがたいことに読者の方からお手紙を頂いたりする。先日も会社のメールボックスに1通の手紙が届いていた。

2020 7/25 6:00
ソフトバンク

球場の雰囲気に試合の流れまで変えた周東の二盗

3回1死一塁、打者今宮のとき、二盗を決める周東(右)(撮影・軸丸雅訓)

 下位から上位へのつながり。どのチームもそうだが、ここにつながりが出たときは高確率で得点が生まれる。

2020 7/24 6:00
ソフトバンク

不振でも心は折れていなかった 失速したソフトバンク新星の頼もしい姿

5回1死二、三塁、左犠飛を放つ栗原(撮影・軸丸雅訓)

 開幕から不振を極めるレギュラー野手といえば、バレンティンに松田宣の2人が挙げられる。ただ、この2人には積み上げてきた実績があるだけに、代打を送られることは基本的にはない。

2020 7/22 6:00
ソフトバンク

無い物ねだり良くないが…「代走周東」使えない皮肉

8回1死一塁、松田宣は遊ゴロ併殺に倒れる(撮影・式町要)

 開幕して1、2、3、4、5。こんな珍しいこともあるもんだ。

2020 7/17 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク連勝止まっても「収穫ある1敗」になった理由

8回に登板し、1イニング無失点で引き揚げる泉(撮影・軸丸雅訓)

 あそこでもう1点でも取っておけば…。試合に敗れた時、当事者はそんな悔しさに駆られるのではなかろうか。

2020 7/16 6:00
ソフトバンク

偶然ではない打線のつながり ソフトバンクの歯車をかみ合わせた男

7回2死一塁、2ランを放った上林(51)を拝んで迎えるバレンティン(手前右端)と笑顔の和田(右から3人目)(撮影・大月崇綱)

 こういう時は試合が動く。紙面上では「後出しじゃんけん」のような形になって非常に申し訳ないのだが、実際にそう思って戦況を見守っていたのだから、どうかお許し願いたい。

2020 7/15 6:00
ソフトバンク

開幕戦以来の「貯金生活」何がソフトバンクを変えたのか

2勝目を挙げた千賀(左端)のねぎらう工藤監督(撮影・大月崇綱)

 同一カード6連戦が8月23日まで続く異例のシーズンが開幕し、ようやく5カード目を迎えた。今回のオリックス6連戦を終えれば、各球団との対戦も1回りしたことになる。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング