まとめ

「水上凜巳花」

「水上凜巳花」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/3 15:26
HKT48

「声を出さないように必死」 HKT48が2年ぶりTIFで汗だく9曲

2年ぶりの「東京アイドルフェスティバル」で躍動したHKT48(提供写真)

 HKT48が3日、東京・お台場周辺で開催された世界最大級のアイドルイベント「東京アイドルフェスティバル(TIF)」に出演した。まだまだ暑さの残る屋外ステージで「君とどこかへ行きたい」など9曲を汗だくで披露した。

2021 8/12 13:23
HKT48

HKT新たに3人感染、計9人に 劇場は26日まで休館

西日本シティ銀行 HKT48劇場

 福岡市を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48の運営会社「Mercury」は12日、新たに3人のメンバーの新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。 確認されたのは、チームTⅡの山内祐奈(22)、今村麻莉愛(17)、チームHの水上凜巳花(18)。

2021 7/31 20:53
HKT48

「推して『人生最高だった』と思ってもらいたい」HKT村重、生誕祭で誓う

23歳の生誕祭でファンにメッセージを送るHKT48の村重杏奈(撮影・古川泰裕)=2021年7月31日

 HKT48チームKⅣの村重杏奈の23歳を祝う「生誕祭」が31日、福岡市の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で開かれた。さまざまな経験を経て、グループに欠かせない存在に成長した1期生は「村重を推していて、『超楽しい』『俺、私の人生最高だった』って思ってもらえるような人間になります」とファンに誓った。

2021 7/9 22:38
HKT48

くまモンも一緒に「最高かよ」 HKT、熊本復興応援ライブで熱演

熊本復興応援ライブでくまモンと共演したHKT48(撮影・古川泰裕)

 HKT48が9日、熊本市の熊本城ホールであった「熊本復興応援ライブ」に出演し、エネルギッシュなパフォーマンスを披露した。地元・熊本のゆるキャラ「くまモン」も登場、ともに復興へのエールを送った。

2021 5/29 23:21
HKT48

「完全燃焼できました」HKT森保まどか「人生の第2楽章」に終止符

森保まどか(左から4人目)の卒業コンサートで「手をつなぎながら」を披露したHKT48の1期生(c)Mercury

 HKT48の1期生・森保まどか(23)が29日、北九州市のソレイユホールで開催された卒業コンサート「みんな元気にしとった?」に出演、「たくさんの巡り合いに感謝したい」と約10年のアイドル人生を「完奏」した。笑顔と汗、涙に彩られた人生の「第2楽章」を駆け抜け、まっさらな「第3楽章」を奏で始める。

2021 5/18 0:10
HKT48

涙の「脳パラ」終了、それぞれの道へ前を向いて HKT月イチ報告(下)

研究生から正規メンバーに昇格した思いを披露したHKT48の(左から)上島楓、石橋颯、水上凜巳花、竹本くるみ(撮影・古川泰裕)

 正規メンバーへの昇格という大きな節目を経て、新たなステージでの挑戦を始めた5期生の上島楓(19)、水上凜巳花(17)、石橋颯(15)、竹本くるみ(17)。HKT48の春を振り返る座談会の話題は、惜しまれながら幕を閉じた研究生公演と、それぞれのチームの公演へ。

2021 5/18 0:05
HKT48

新曲MV、駅舎で4人が踊ったのはあの名曲 HKT月イチ報告(中)

新シングル「君とどこかへ行きたい」の撮影秘話を披露したHKT48の(左から)上島楓、石橋颯、水上凜巳花、竹本くるみ(撮影・古川泰裕)

 14枚目シングル「君とどこかへ行きたい」で選抜入り、正規メンバーに昇格するなど、環境の大きく変わった春を振り返るHKT48の5期生・上島楓(19)、水上凜巳花(17)、石橋颯(15)、竹本くるみ(17)の4人。小旅行とも言えそうなミュージックビデオ(MV)撮影の秘話に花が咲く。

2021 5/18 0:00
HKT48

大みそかの選抜内示、びっくりして泣いちゃった HKT月イチ報告(上)

4月の活動を振り返ったHKT48の(左から)上島楓、石橋颯、水上凜巳花、竹本くるみ(撮影・古川泰裕)

 JR九州のキャンペーンと連動した14枚目シングル「君とどこかへ行きたい」が好評なHKT48。1期生・森保まどか(23)の卒業を間近に控える中、劇場でのチーム公演も再開するなど、精力的に活動を続けている。

2021 4/19 23:34
HKT48

聞いていた同期の卒業…隣で泣きそうだった HKT月イチ報告(中)

3月の活動を振り返ったHKT48の(左から)武田智加、秋吉優花、下野由貴、今村麻莉愛(撮影・古川泰裕)

 HKT48の3月の出来事を下野由貴(23)、秋吉優花(20)、今村麻莉愛(17)、武田智加(18)が振り返る座談会。昇格する5期生4人に期待を寄せながら、話題は1期生・森保まどか(23)の卒業発表へ。

2021 4/19 23:32
HKT48

再開した生誕祭、コールの幻聴が聞こえてきた HKT月イチ報告(上)

差し入れの誕生日ケーキに笑顔の下野由貴

 5月12日の14枚目シングル「君とどこかへ行きたい」発売に向け、「つばめ」と「みずほ」の「W選抜」で動くHKT48。活動拠点の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」では、ファンがメンバーの誕生日を祝う「生誕祭」や、16人出演の正規チーム公演が順次再開されている。

2021 4/15 6:00
HKT48

HKT新シングル、「W選抜」に込められた意味とは?

運上弘菜㊧、田中美久㊨

 約1年ぶりとなるHKT48の14枚目シングルが5月12日にリリースされる。既にミュージックビデオ(MV)も撮影、制作は順調なようだ。

2021 4/8 22:53
HKT48

「いつかHKTのセンターに」研究生公演が最終日 思い出糧に飛躍誓う

気持ちを込めて「草原の奇跡」を歌う(左から)後藤陽菜乃、竹本くるみ、市村愛里(撮影・古川泰裕)=2021年4月8日

 HKT48の5期研究生による公演「脳内パラダイス」が8日、「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市)で最終日を迎えた。9日から正規メンバーに昇格する上島楓、水上凜巳花、石橋颯、竹本くるみの4人のほか、体調不良により休演が続いていた長野雅も復帰し、現役メンバー12人全員が出演した。

2021 3/31 23:21
HKT48

HKTの研究生4人が昇格  上島と水上はチームH、石橋と竹本はKⅣへ

上島楓

 HKT48は31日、5期研究生4人の正規メンバー昇格を発表した。上島楓と水上凜巳花がチームHへ、石橋颯と竹本くるみがチームKⅣに所属となる。

2021 3/13 19:24
HKT48

HKT新シングルは「つばめ」「みずほ」のW選抜 5月12日リリース

みずほ選抜のセンターを務める運上弘菜

 HKT48は13日、新型コロナウイルスの影響で発売を延期していた14枚目シングルの表題曲歌唱メンバーを発表した。2チームで活動する「W選抜」制度を初採用。

2021 2/24 12:00
HKT48

【HKT1月の名言】次のステップへ「立ち止まっていてはいけない」

櫛田神社での成人式で笑顔を見せる市村愛里。右は4期生の地頭江音々(撮影・古川泰裕)

 HKT48メンバーが発する「名言」を、特命担当記者が独自に選ぶ月イチ企画。1月の名言は、約1年ぶりに再開した研究生公演から、新成人メンバーの決意の言葉を選びました。

2021 2/15 20:31
HKT48

村重&松本が爆笑司会、HKT「劇はじ」不参加メンバー配信イベント

カラオケ企画でMVPを獲得した伊藤優絵瑠(c)Mercury

 HKT48は15日、「とりま集合!」と題した配信イベントを始めた。メンバーが裏方から俳優まで制作のすべてを手がけるオンライン演劇企画「HKT48、劇団はじめます。

2021 1/26 20:43
HKT48

HKT研究生公演1年ぶり再開 長野雅も復帰、新調衣装で成長の証し

「脳内パラダイス」公演を再開したHKT48の5期研究生(c)Mercury

 HKT48は26日、約1年ぶりとなる研究生公演「脳内パラダイス」を「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区)で再開した。配信限定だが、休業から復帰した長野雅も含めた5期生全メンバー13人が出演。

2021 1/23 11:41
HKT48

【HKT12月の迷言】「田島芽瑠通りもん事件」 〝犯人〟への強烈な一言

田島芽瑠の「通りもん」を食べてしまった犯人に強烈な一言を放った水上凜巳花(撮影・古川泰裕)=2020年11月2日

 HKT48メンバーが発した、思わず笑ってしまう『迷言』を特命担当記者が勝手に選んでしまうこのコーナー。2020年12月は、グループを揺るがす事件のさなか、若手メンバーが放った強烈な一言を選びました。

2020 12/31 14:00
HKT48

村重杏奈 いろいろあったけど「お祭り番長」は健在【HKT2020光った10人】

9周年前夜祭で「矢島美容室」に変身した村重杏奈(撮影・古川泰裕)=11月25日

 2020年も、この人なしにHKT48を語ることはできない。1期生の村重杏奈(22)。

2020 11/6 22:01
HKT48

「一からみんなでつくった」HKT新劇場の新企画「なないろ公演」開幕

「博多なないろ」公演初日、アンコールで元気よく跳びはねる運上弘菜(中央)らメンバー(撮影・古川泰裕)

 HKT48の新常設劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」(福岡市中央区地行浜)で6日夜、活動中の全メンバー48人をくじ引きで七つのグループにシャッフルした「博多なないろ公演」が始まった。初日は田中美久(19)や松岡はな(20)らが所属する「チームレッド」と、運上弘菜(22)や坂口理子(26)らの「チームイエロー」が登場。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング