まとめ

「前田穂南」

「前田穂南」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 8/7 8:40
陸上

女子マラソン一山麻緒が日本勢最高の8位、04年アテネ五輪以来17年ぶり入賞

一山麻緒

 一山麻緒(ワコール)=鹿児島県出水市出身=が粘りのレースを見せ、日本勢最高の8位で入賞を果たした。記録は2時間30分13秒。

2021 5/5 17:13
陸上

女子マラソン代表一山麻緒が自己ベストで優勝、東京五輪コースでテスト大会

一山麻緒

 東京五輪のコースを使用したテスト大会「札幌チャレンジハーフマラソン」が5日、札幌市の大通公園-五輪マラソン中間点で行われ、女子は五輪代表の一山麻緒(ワコール)が1時間8分28秒で優勝した。代表補欠の松田瑞生(ダイハツ)が4秒差の2位。

2021 4/25 18:43
陸上

女子1万メートルで前田は4位

 女子1万メートルで4位だった前田穂南=神戸ユニバー記念競技場

 陸上の兵庫リレーカーニバルは25日、神戸ユニバー記念競技場で行われ、女子の1万メートルで東京五輪マラソン代表の前田穂南は33分25秒85で4位だった。ジョアン・キプケモイが32分31秒19で優勝。

2021 1/31 14:42
陸上

大阪国際女子マラソン 一山が18年ぶりに大会記録更新、2時間21分11秒でV

一山麻緒

 ◆大阪国際女子マラソン(31日、大阪市長居公園周回コース) 東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=が18年ぶりに大会記録を更新する2時間21分11秒(速報値)で初優勝を飾った。一山のベストは昨年3月の名古屋ウィメンズマラソンで記録した2時間20分29秒(歴代4位)。

2021 1/29 19:07
陸上

一山麻緒は「走りやすい」コロナ禍で異例コース、大阪国際女子マラソン

大会への抱負を語る一山麻緒(撮影・大月崇綱)

 第40回大阪国際女子マラソン(31日・長居公園)に出場する有力選手が29日、大阪市内で会見し、東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)=鹿児島県出水市出身=と前田穂南(天満屋)らが意気込みを語った。 一山は「日本記録を目指して練習してきた」と2005年に野口みずきが出した2時間19分12秒の更新に意欲を見せた。

2020 11/21 17:08
陸上

一山麻緒「ドキドキワクワク」東京五輪マラソン代表が駅伝で激突

一山麻緒

 全日本実業団対抗女子駅伝(22日・宮城県松島町文化観光交流館前~仙台市・弘進ゴムアスリートパーク仙台=6区間、42・195キロ、午後0時15分スタート)に出場する有力選手が21日、オンラインでの記者会見に臨み、東京五輪マラソン代表の一山麻緒(ワコール)=鹿児島県出水市出身=らが意気込みを語った。 5回目の出場となる一山は、初めて最長10・9キロの3区を任された。

2020 11/21 16:58
陸上

前田穂南と一山麻緒、3区で対決

 記者会見で意気込みを語る天満屋の前田穂南=21日午後、仙台市(代表撮影)

 全日本実業団対抗女子駅伝(宮城県松島町文化観光交流館前―弘進ゴムアスリートパーク仙台=6区間、42・195キロ)の出場選手が大会前日の21日に発表され、東京五輪マラソン代表勢は3区(10・9キロ)で前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)が対決し、2連覇を狙う日本郵政グループの鈴木亜由子は5区(10キロ)を走ることが決まった。  オンラインでの記者会見で前田は「1秒でも早くたすきを渡したい」と意気込み、一山は「積極的に初めからがんがん走りたい」と決意を述べた。

2020 10/23 17:21
陸上

天満屋「サブ3」達成応援します

 五輪代表を多数輩出してきた天満屋(岡山市)の女子陸上競技部は12月から、岡山県内の男性市民ランナーを半年間指導し、フルマラソンで3時間を切って完走する「サブ3(スリー)」の達成を応援するプロジェクトを始める。  天満屋は女子マラソンをはじめとする陸上長距離競技の強豪。

2020 10/17 20:59
陸上

女子ハーフマラソンで世界新記録

 世界ハーフマラソン、女子のみのレースでの世界新でゴールするペレス・ジェプチルチル=17日、グディニャ(ゲッティ=共同)

 陸上の世界ハーフマラソン選手権は17日、ポーランドのグディニャで行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が女子のみで争われたレースでの世界新記録となる1時間5分16秒で優勝した。男子のペースメーカーが付くレースを含めた世界記録は1時間4分31秒。

2020 9/18 20:34
陸上

故障に泣いた26歳、東京五輪マラソン代表破ってV 全日本実業団女子1万M

女子1万メートル、32分3秒40で優勝した鍋島莉奈(撮影・中村太一)

 女子1万メートルは故障から復帰した鍋島莉奈(日本郵政グループ)が32分3秒40で制した。 松田瑞生(ダイハツ)や東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)、一山麻緒(ワコール)との先頭集団で機会をうかがい、ラスト1周のスパートでトップに立った。

2020 9/18 19:58
陸上

女子1万は鍋島がV、前田3位

 女子1万メートル(タイムレース) 32分3秒40で優勝した鍋島莉奈=熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 陸上の全日本実業団対抗選手権第1日は18日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、女子1万メートル(タイムレース)は鍋島莉奈(日本郵政グループ)が32分3秒40で優勝し、東京五輪マラソン代表の前田穂南(天満屋)は32分8秒06で3位、一山麻緒(ワコール)は32分20秒58で4位だった。  女子1500メートルは卜部蘭(積水化学)が4分12秒44で制した。

2020 4/17 18:51
陸上

五輪マラソンと競歩、代表権維持

 日本陸上競技連盟は17日、テレビ会議形式で理事会を開き、東京五輪のマラソン代表として男子の中村匠吾、服部勇馬、大迫傑、女子の前田穂南、鈴木亜由子、一山麻緒を承認した。五輪が延期される前に獲得した代表権の維持を正式に決め、麻場一徳強化委員長は「不安を取り除けたのは前進」と語った。

2020 3/8 11:32
陸上

女子マラソン3人目は一山麻緒 歴代4位、2時間20分29秒で名古屋ウィメンズ優勝

名古屋ウィメンズマラソンで2時間20分29秒をマークし、優勝した一山麻緒=8日、ナゴヤドーム

 22歳の一山麻緒(ワコール)=鹿児島県出水市出身=が日本歴代4位となる2時間20分29秒(速報値)で優勝した。1月の大阪国際女子マラソンで日本陸連の設定記録を突破して優勝した松田瑞生(ダイハツ)の2時間21分47秒を上回り、東京五輪代表に決まった。

2020 3/6 16:08
陸上

福士がマラソン最後の1枠へ「大迫君すっげーかっこいいなと思った」

福士(左から2人目)ら招待選手たち。肩を組むなどのポーズは禁止された

 東京五輪マラソン女子代表の残り1枠を争う最終選考レース、名古屋ウィメンズマラソン(8日・ナゴヤドーム発着)の招待選手会見が6日、名古屋市内のホテルで行われた。 女子の五輪代表は昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で1、2位の前田穂南(天満屋)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)が決定しており、残り1枠。

2020 3/6 15:45
陸上

新型コロナでマラソン会見も厳戒 報道陣と選手の間に仕切り、マイクは質問のたびに消毒

選手と報道陣の距離を広げて行われた名古屋ウィメンズマラソンの会見

 東京五輪マラソン女子代表の残り1枠を争う最終選考レース、名古屋ウィメンズマラソン(8日・ナゴヤドーム発着)の招待選手会見が6日、名古屋市内のホテルで行われた。 女子の五輪代表は昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で1、2位の前田穂南(天満屋)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)が決定しており、残り1枠。

2020 2/6 6:00
陸上

瀬古氏「日本人が有利じゃないか」 五輪マラソンコースは7連続直角カーブが鍵 

日本選手権クロスカントリーの会見で展望などを語る日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは5日、札幌で開催される東京五輪のマラソンコースについて、1月中旬に視察したことを明かし、北大キャンパスに入った直後に待ち受ける7連続の直角カーブがポイントと指摘。「体が小さい日本人の方が有利じゃないか」と期待を込めた。

2019 11/24 15:04
陸上

女子駅伝、日本郵政グループがV

 3年ぶり2度目の優勝を果たし、ゴールする日本郵政グループのアンカー宇都宮恵理=弘進ゴムアスリートパーク仙台

 全日本実業団対抗女子駅伝は24日、宮城県松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間、42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間15分10秒で、3年ぶり2度目の優勝を果たした。ダイハツが5秒差で2位、3連覇を狙ったパナソニックは3位だった。

2019 11/23 17:08
陸上

女子駅伝、前田と鈴木が3区対決

 記者会見後に記念撮影する前田穂南(前列左から2人目)ら=23日、仙台市

 全日本実業団対抗女子駅伝(24日・宮城県松島町文化観光交流館前―弘進ゴムアスリートパーク仙台=6区間、42・195キロ)の出場選手が23日に発表され、3区(10・9キロ)で、天満屋の前田穂南と、日本郵政グループの鈴木亜由子の東京五輪マラソン代表同士が対決することになった。  3区は他にいずれも代表選考会に出場したダイハツの松田瑞生、ワコールの福士加代子、第一生命グループの上原美幸も走る。

2019 9/25 20:31
陸上

マラソン中村、ここからスタート

 合宿で調整するマラソン日本代表の中村匠吾=北海道千歳市

 東京五輪のマラソン代表に決まった男女各2選手が25日、北海道千歳市で本番に向けた最初の合宿に参加し、15日の選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で男子1位だった中村匠吾は「ユニホームが日本代表になって初めて、4人がスタッフを含めて集まれた。ここからスタートを切る大事な合宿になる」と表情を引き締めた。

2019 9/19 12:00
スポーツ

MGC驚異のラストは世界クラス 瀬古リーダー絶賛「五輪でも通用する」

MGCの男子で、1位でフィニッシュする中村匠吾

 ゴール直前まで3人による優勝争いが繰り広げられた15日の東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)。男子の大接戦は五輪で28年ぶりとなるメダル獲得への夢が膨らむレース内容だった。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング