コーナー

「ラグビーW杯」

「ラグビーW杯」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/20 6:00
ラグビー

ラグビーW杯「その後」 医学、移籍、国籍取得…日本代表それぞれの道

中村亮土はプロに転向した

 昨年日本中を熱狂させたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕から20日で1年となった。8強入りを達成し、一躍注目を浴びた九州ゆかりの日本代表選手は次のステップへ歩みを進めている。

2020 9/20 6:00
ラグビー

日本ラグビー「祭りの後」の変化 地方発の新たな動きと課題

スコットランドに勝利して8強入りを決め、笑顔で記念写真に納まる日本代表の選手ら(撮影・中村太一)=19年10月13日

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開幕から20日で1年。日本中が熱狂したブームは新型コロナウイルスによって水を差された。

2020 9/4 6:00
ラグビー

ラグビーW杯の舞台裏に子どもたちの奇跡 今、明かされる「もう一つのストーリー」

ラグビーW杯日本代表=19年9月撮影

 昨年9月20日に開幕し、列島を熱狂に包んだラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会からもうすぐ1年。日本代表が史上初の8強入りを達成し、南アフリカの優勝で幕を閉じた44日間の舞台裏では子どもたちを中心にたくさんの「奇跡」が起きた。

2020 6/25 6:00
ラグビー

経済効果6464億円もあったラグビーW杯 東京、神奈川の次に入場者&売り上げ多かったのは…

ラグビーW杯で大分市最後の試合となったウェールズ対フランス戦。一進一退の攻防にラグビーファンは手に汗握った=2019年10月20日

 日本ラグビー協会は24日、昨年開催された第9回ワールドカップ(W杯)日本大会の成果を分析したリポートを発表し、経済波及効果は過去最大の6464億円となった。大会前の試算4372億円を大きく上回った。

2020 6/14 20:00
ラグビー

「けがを治すだけでなく」ラグビー福岡堅樹が目指す医師像 一問一答

オンラインでの会見に臨んだ福岡堅樹

 昨年のラグビーワールドカップ(W杯)で日本の史上初の8強入りに大きく貢献したWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=が14日、オンラインで記者会見を開き、7人制日本代表の引退と東京五輪挑戦の断念を表明した。会見での主な一問一答は次の通り。

2020 6/14 16:42
ラグビー

「こういう運命だったのかな」福岡堅樹、東京五輪延期で決断

オンラインでの会見に臨んだ福岡堅樹

 昨年のラグビーワールドカップ(W杯)で日本の史上初の8強入りに大きく貢献したWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=が14日、オンラインで記者会見を開き、7人制日本代表の引退を表明した。目標に掲げてきた医学の道に進むため。

2020 6/14 15:30
ラグビー

福岡堅樹、次のトップリーグを戦い医学の道へ「後悔しない人生を」

福岡堅樹=19年10月撮影

 昨年のラグビーワールドカップ(W杯)で日本の史上初の8強入りに大きく貢献したWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=が14日、オンラインで記者会見を開き、7人制ラグビーを引退することを発表した。パナソニックで戦う次のトップリーグのシーズンは戦い、同時に医学の道への準備を進める。

2020 6/14 6:00
ラグビー

ラグビー福岡堅樹「らしい」東京五輪断念 記者が感じた独特の価値観

福岡堅樹=19年10月撮影

 昨年、日本で行われたラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表として活躍した福岡堅樹(27)=パナソニック、福岡県古賀市出身=が東京五輪出場を断念したことが13日、分かった。同日、日本ラグビー協会が7人制日本代表トレーニングスコッドからの離脱を発表した。

2020 6/13 20:32
ラグビー

ラグビー、34歳のリオ五輪代表主将・桑水流も東京五輪断念

桑水流裕策=19年11月撮影

 日本ラグビー協会は13日、昨年のラグビーワールドカップ(W杯)で日本の史上初の8強入りに大きく貢献したWTB福岡堅樹(27)=パナソニック、福岡県古賀市出身=の男子7人制日本代表トレーニングスコッド離脱のほか、リオデジャネイロ五輪代表で主将を務めた桑水流裕策(34)=コカ・コーラ、鹿児島市出身=の日本代表第2次五輪スコッドも発表した。 コカ・コーラによると桑水流は五輪を断念し、選手としては自チームに専念することをスタッフに報告したという。

2020 6/13 6:00
ラグビー

W杯8強の原動力に直撃「7人制もOK」東京五輪へ宗像サニックスで再発進

オンラインで取材に応じるレメキ

 昨年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表として8強入りに貢献し、トップリーグ(TL)の宗像サニックスを新天地に選んだWTBレメキ・ロマノラバ(31)が12日、移籍後初めてオンラインで取材に応じ、7人制での東京五輪出場への意欲を語った。2016年リオデジャネイロ五輪で日本の4位入賞に貢献したアタッカーは、短期間で7人制仕様の体に変えられる自信を強調。

2020 6/8 10:18
ラグビー

ラグビーW杯で日本の快進撃支えた「分析官」 下部リーグから新たな挑戦

九州電力のヒルトン・ヘッドコーチと話し合う戸田氏(左)(本人提供)

 昨秋のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の快進撃を支えた裏方が、トップチャレンジリーグ(TCL)の九州電力に入団する。日本代表分析班の一人だった戸田尊さん(36)=福岡市出身=で8日に就任が発表され、相手や自チームを分析するヘッドアナリストに就く。

2020 6/2 12:09
ラグビー

想定外「ラグビーロス」のいま振り返るW杯 8強見えた「リ~~~チ!」の大合唱

【日本―アイルランド】前半、突進するリーチ=19年

 国内にラグビーブームを巻き起こした昨秋のワールドカップ(W杯)日本大会閉幕から7カ月。新型コロナウイルスの感染拡大は、日本ラグビー界にも大きな影響を与えた。

2020 4/23 6:00
ラグビー

「撮り逃したくない」緊張と興奮で汗びっしょり ラグビー福岡堅樹の歴史的瞬間

ラグビーW杯・日本―アイルランド戦の後半、逆転トライを決める日本・福岡=2019年9月28日、静岡スタジアム(撮影・中村太一)

 2019年9月28日、静岡スタジアムで行われたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の日本対アイルランド戦。日本の福岡堅樹が歴史的勝利を引き寄せる逆転トライを決める瞬間、夢中でシャッターを切った=写真。

2020 1/2 12:47
ラグビー

タックル数W杯6位、日本代表ムーアが明かすヘッドキャップの秘密

サイン色紙を手にするムーア

 国内を熱狂に包んだ昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の追い風を受けて、熱がさめやらぬ中、12日からトップリーグ(TL)が開幕する。日本代表として全5試合に先発し「タックルの鬼」と化し、史上初の8強入りの原動力となったロックのジェームス・ムーア(宗像サニックス)が昨年末、西日本新聞の単独インタビューで語った。

2020 1/2 11:31
ラグビー

ラグビー日本代表福岡「メダルにこだわれたら」東京五輪への思い

W杯を振り返り、東京五輪への思いを語る福岡

 国内を熱狂に包んだ昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で4トライを挙げるなど日本の8強入りに貢献した福岡高出身のWTB福岡堅樹(パナソニック)は、7人制男子で出場を目指す今年の東京五輪を競技人生の集大成に位置づける。W杯以降、テレビやイベントの出演など競技以外の場所でも引っ張りだこになっているスピードスターが昨年末に語っていた五輪イヤーにかける思いを紹介する。

2019 12/21 20:51
ラグビー

ワンチームの意味を説く  トンプソン「意味ある言葉、改めて思う」

トークショーをしたトンプソン(左から2人目)とトゥポウ(右端)

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の8強入りに貢献したトゥポウ(コカ・コーラ)とトンプソン(近鉄)のトークショーが21日、福岡市のレベルファイブスタジアムで、両チームのトップチャレンジリーグ(TCL)の公式戦後に行われた。 試合の観衆は福岡開催のTCLでは異例の4639人。

2019 12/17 6:00
ラグビー

ラグビー代表メンバーまた表彰 ムーア観戦呼びかけ「会いに来て」

表彰式会場で写真に収まるムーア(右)と藤井強化委員長

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りを果たした日本代表のロック、ジェームス・ムーア(宗像サニックス)が16日、福岡県宗像市のグローバルアリーナで、全国に「宗像」の名を広めた市民として同市から表彰された。 伊豆美沙子市長から賞状などを受け取ったムーアは「応援に感謝したい。

2019 12/17 6:00
ラグビー

ラグビーW杯代表もかつてここでプレーした 宗像のグローバルアリーナ20周年

今年のラグビーサニックスワールドユース大会で歓喜する優勝チームのメンバー

 4月に創立20周年を迎えた福岡県宗像市のスポーツ文化施設「グローバルアリーナ」で16日、記念祝賀会が行われた。福岡県の小川洋知事や日本ラグビー協会の森重隆会長など多くの来賓が節目を祝った。

2019 12/13 17:58
ラグビー

ラグビー・サニックス、元アルゼンチン代表を獲得 43キャップのSO

 ラグビーのトップリーグ、宗像サニックスは13日、SOとCTBでプレーするサンティアゴ・ゴンザレス(31)が新加入すると発表した。 アルゼンチン代表として43キャップの豊富な経験を持ち、今秋のワールドカップ(W杯)日本大会のアルゼンチン代表には選ばれていないが、2015年W杯では4強入りに貢献した。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング