データ室
連載

「データ室」

「データ室」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/29 6:00
ソフトバンク

猫の目オーダーのソフトバンク 最多4番は「空振りしない男」

7回無死二塁、右越え2ランを放ち、笑顔の中村晃=7月19日

 V奪回を目指す今年のソフトバンクで最も4番を打っているのが13年目の中村晃外野手(30)だ。プロ通算931試合目で初めて起用された7月17日を皮切りに24試合。

2020 9/22 6:00
ソフトバンク

首位ソフトバンクの泣きどころ、ロッテに大きく水をあけられる攻撃のデータ

7月25日日本ハム戦で満塁本塁打を放った栗原(31)を迎える(左2人目から)今宮、中村晃、柳田、明石

 首位を走るソフトバンクの打線に元気がない。80試合を終えて343得点は楽天に次ぐリーグ2位。

2020 9/1 6:00
ソフトバンク

驚異的ペースで三振量産ソフトバンク・モイネロ 今季急増の決め球とは

今季驚異的な奪三振率を誇るモイネロ

 ソフトバンクで「8回の男」として君臨するモイネロが驚異的なペースで三振を量産している。ここまでリーグ最多の32試合に登板し、31回を投げてリーグ6位の58奪三振。

2020 8/24 6:00
ソフトバンク

リーグ最強の「肩書男」は誰 並み居る強打者を抑えたのは8月8発のソフトバンク主砲

3回1死一塁、先制2ランを放った柳田(左)を迎える工藤監督

 パ・リーグは変則日程で行われてきた同一カード6連戦を終えた。ロッテを振り切って2連勝したソフトバンクが単独首位。

2020 7/7 10:48
ソフトバンク

反攻の軸は復調バレンティン 「猫の目オーダー」で借金2のソフトバンク 楽天浅村と4番対決

3回1死一塁、フェンス直撃の安打を放ち、ガッツポーズするバレンティン(撮影・中村太一)=7月4日

 借金生活のソフトバンクが「4番バレンティン」を軸に楽天を迎え撃つ。開幕から打順が固まらずここまで15試合でオーダーは14通り。

2020 4/26 6:00
ソフトバンク

甲斐キャノンの正体とは? 盗塁阻止の要因を独自データで「見える化」 ライバル捕手と徹底比較

ソフトバンク・甲斐

 育成ドラフト6位入団から駆け上がって福岡ソフトバンクの正捕手となった甲斐拓也捕手(27)を全国区に押し上げたのは、やはり「甲斐キャノン」と呼ばれる強肩ぶりだ。その要因をあらためてプロ野球のデータを独自に収集、分析するDELTA(デルタ)社の調べで検証。

2020 4/17 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク新助っ人ムーア、隙のなさ「激レアさん」 昨季NPBでは1人だけの驚き傾向

ソフトバンク・ムーア

 ソフトバンクの新外国人マット・ムーア投手(30)=前米大リーグ・タイガース=の評判が上々だ。オープン戦では3試合、計8回2/3を投げ無失点。

2020 4/6 6:00
ソフトバンク

バレンティンは優等生になった? もともとの走塁姿勢、データで検証してみた

ソフトバンク・バレンティン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕白紙となったプロ野球だが、福岡ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(35)がここまで見せた姿は、ファンの期待感を高めている。ヤクルトから移籍し、オープン戦10試合で2発10打点、打率3割5分。

2020 3/30 6:00
ソフトバンク

育成出身ソフトバンク尾形のストレートは魔球? 鷹の「火の玉」を検証、見えてきた特異性

ソフトバンク・尾形

 福岡ソフトバンクの尾形崇斗投手(20)が育成3年目の今季、支配下登録を勝ち取った。春季キャンプから1軍で強烈アピール。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング