まとめ

「森保一」 (2ページ目)

「森保一」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/29 17:55
Jリーグ日本代表海外サッカー

ロシアなど抜いた欧州組で代表を

 サッカー日本代表の森保一監督が29日、オンラインで取材に応じ、10月の欧州遠征に臨む日本代表は、ロシア、セルビアでプレーする選手を除く欧州組で編成する方針を明らかにした。新型コロナウイルスの影響で帰国後に隔離が必要なJリーグ勢の招集も見送る。

2020 9/21 21:01
Jリーグ日本代表

夢フィールド内部を初公開、千葉

 「高円宮記念JFA夢フィールド」のロッカールーム=千葉市美浜区(日本サッカー協会提供)

 日本サッカー協会は21日、千葉市美浜区に新設した日本代表の拠点「高円宮記念JFA夢フィールド」の施設内部を初めて報道陣に公開した。3月の完成後は日本代表と東京五輪男子代表を兼任する森保一監督が勤務し、U―19(19歳以下)日本代表合宿も行われた。

2020 9/15 17:17
Jリーグ日本代表

サッカー五輪世代も代表招集へ

 オンラインで取材に応じるサッカー日本代表の森保監督=15日

 サッカー日本代表の森保一監督は15日、今年初の活動となる10月のオランダ遠征に、23歳以下の東京五輪世代も招集する考えを示した。オンラインで「A代表に将来的につながるような選手も招集したい。

2020 9/8 18:06
日本代表海外サッカー

10、11月に海外で試合か

 オンライン取材に応じるサッカー日本代表の森保監督=8日

 サッカー日本代表の森保一監督は8日、ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の延期で空白となった10、11月の国際試合日に海外での試合実施など代表活動を検討していることを示唆した。オンライン取材で「国内で活動するのは非常にハードルが高いと報告を受けている」と話した。

2020 9/1 16:52
日本代表海外サッカー

長友のマルセイユ加入を喜ぶ

 オンラインで取材に応じるサッカー日本代表の森保監督=1日

 サッカー日本代表の森保一監督が1日、オンラインで取材に応じ、フランス1部リーグのマルセイユに加入した長友佑都について「レベルの高い所属先が見つかって良かった。欧州チャンピオンズリーグも戦う。

2020 8/25 17:37
Jリーグ日本代表海外サッカー

引退の内田篤人さんへねぎらい

 オンラインで取材に応じるサッカー日本代表の森保監督=25日

 サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が25日、オンライン取材に応じ、32歳で引退した元代表DFの内田篤人さんを「日本サッカーの発展と代表の勝利に貢献してくれた。お疲れさまと伝えたい」とねぎらった。

2020 8/17 18:07
日本代表海外サッカー

森保監督「今できること続ける」

 オンラインでの取材に応じるサッカー日本代表の森保一監督=17日午後

 サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が17日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で10月、11月に予定されていたワールドカップ(W杯)アジア2次予選が来年に延期されたことに「日程は自分の努力で変えられるものではない。今できることを続ける」と冷静に受け止めた。

2020 8/11 17:46
日本代表海外サッカー

サッカー、移籍の久保にエール

 オンラインで取材に応じたサッカー日本代表の森保監督=11日

 サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が11日、オンラインで取材に応じ、19歳のMF久保建英がスペイン1部リーグのビリャレアルに期限付き移籍することを受け「確実にステップアップしている。また違ったチームで新しい久保建英を積み上げて」とエールを送った。

2020 8/4 18:25
Jリーグ日本代表

U19合宿中止を「良い前例に」

 オンラインで取材に応じるサッカー日本代表の森保監督=4日

 サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼務する森保一監督が4日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスの陽性者が出てU―19(19歳以下)日本代表合宿が中止になったことを受け、「活動を継続するためにどうするか、良い前例にしていければ。検証して生かしたい」と語った。

2020 7/28 17:16
Jリーグ日本代表

サッカー五輪世代の海外挑戦歓迎

 オンラインで取材に応じるサッカー日本代表と男子の東京五輪代表を兼務する森保一監督=28日

 サッカー日本代表と、原則24歳以下で争う男子の東京五輪代表を兼務する森保一監督が28日、オンラインで取材に応じ、22歳の遠藤が横浜Mからウニオン・ベルリン(ドイツ)に移籍することを「自分の価値を高めようと挑戦する姿勢は素晴らしい」と歓迎した。  東京五輪世代は久保建(マジョルカ)や冨安(ボローニャ)ら海外組が多い。

2020 7/16 11:11
サガン鳥栖サッカー日本代表

U19代表・松岡大起「忘れてはいけない」合宿終えて胸に刻んだこと

練習中、軽快な動きを見せる鳥栖・松岡(撮影・伊東昌一郎)

 サッカーU-19(19歳以下)日本代表候補が15日、千葉市の高円宮記念JFA夢フィールドで11日から行っていた合宿を打ち上げた。 新型コロナウイルスの感染拡大後、各年代を通じて最初の代表活動。

2020 7/14 22:10
日本代表

森保監督「結果で応える」

 サッカー日本代表と東京五輪男子代表の兼任継続が決まり、オンラインで取材に応じる森保監督=14日

 サッカー日本代表と、原則24歳以下で編成する東京五輪男子代表の兼任継続が決まった森保一監督が14日、オンラインで取材に応じ「最終的な結果で期待に応えたい。五輪の金メダルを目標に選手もスタッフも成長していく」と抱負を述べた。

2020 7/9 19:27
Jリーグ日本代表

森保一監督が五輪兼任を継続

 森保一監督

 日本サッカー協会は9日、オンラインで理事会を開き、日本代表を率いる森保一監督(51)が東京五輪男子代表監督を兼任する現体制の継続を決めた。1年延期となった五輪には原則24歳以下の代表で臨む。

2020 7/1 19:46
Jリーグ日本代表

横浜Mの仲川「チーム一丸で」

 オンラインの直前イベントに参加し、ポーズをとるJ1各クラブの選手=1日((C)Jリーグ)

 Jリーグは1日、J1再開を4日に控えて各クラブの選手代表らによるオンラインの直前イベントを開催し、2連覇を目指す横浜Mの仲川は「待ちに待った再開。(追われる立場で)難しいかもしれないが、それを乗り越え、チーム一丸となってやっていきたい」と決意を口にした。

2020 6/30 18:03
Jリーグ日本代表海外サッカー

森保監督、再開に「選手は喜び」

 オンラインで取材に応じたサッカー日本代表の森保監督=30日

 サッカー日本代表と東京五輪男子代表を兼任する森保一監督が30日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルスによる中断から再開したJリーグを視察した感想を「サッカーができる喜び、幸せを感じている選手がそこにいると思った」と語り、医療従事者らへの感謝も述べた。  欧州では久保建英(マジョルカ)や大迫勇也(ブレーメン)らが再開後に活躍。

2020 6/26 18:30
Jリーグ海外サッカー

サッカー、9月の代表活動は断念

 国際サッカー連盟(FIFA)の理事会で、アジアなどで9月の国際試合日が延期されることが決まったことを受け、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は26日、オンライン取材で「残念ながら(招集に)拘束力がなくなる。海外でプレーしている選手が多いので、従わざるを得ない」と、9月の代表活動再開を断念する意向を示した。

2020 6/22 19:19
Jリーグ日本代表

J1札幌、千葉で合宿開始

 ゲーム形式の練習を行う札幌の選手=千葉市

 J1札幌は22日、7月4日に再開するJ1に向けて千葉市の高円宮記念JFA夢フィールドでキャンプを開始し、強い雨風の中、ボール回しやゲーム形式の練習で汗を流した。再開後にアウェー戦が続く札幌は移動による新型コロナウイルス感染のリスクを減らすため、第5節の仙台戦前日となる7月17日まで夢フィールドに拠点を置く。

2020 6/19 10:49
日本代表

森保監督支える戦友・横内コーチを直撃 五輪メダルへ「大げんかもありますよ」 

オンラインで取材に応じる横内コーチ

 サッカーの日本代表と東京五輪男子日本代表を率いる森保一監督(51)=長崎市出身=をサポートする横内昭展コーチ(52)=北九州市出身=が本紙の単独取材に応じ、五輪への意気込みや1歳後輩の指揮官を支える“参謀”としての心構えを語った。森保監督がJ1広島を率いた2012、13年にヘッドコーチとしてリーグ連覇を達成。

2020 5/17 6:00
Jリーグ

リティ、高木、片野坂…Jリーグ元年彩った名手が27年前の開幕戦を回顧 

Jリーグ公式ユーチューブチャンネルで配信された番組にゲスト出演したJ1大分の片野坂監督(右列上から3人目)、J2大宮の高木監督(左列上から2人目)、リトバルスキー氏(同3人目)ら(同チャンネルより)

 Jリーグは15、16日、動画投稿サイト「ユーチューブ」のJリーグ公式チャンネルで、1993年に行われたリーグ開幕カード5試合をライブ配信した。Jリーグは93年5月15日のV川崎-横浜M戦で開幕。

2020 4/2 10:30
サッカー

「サッカーコラム」国際Aマッチの相手といえば…

 2012年10月、国際親善試合のブラジル戦に先発出場し、国際Aマッチ出場数で日本最多となった遠藤=ウロツワフ(共同)

 医療体制が崩壊し、悲惨な状況になっているイタリアやスペイン。そこで生活している日本代表選手たちが、連日会員制交流サイト(SNS)を通してコロナウイルスの恐ろしさを発信している。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング