サニブラウン
まとめ

「サニブラウン」

「サニブラウン」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 6/26 15:02
陸上

サニブラウン、200m欠場

 日本陸連は26日、サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が左太ももの違和感のため、東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権の男子200メートルを欠場すると発表した。五輪参加標準記録(20秒24)は突破しており、代表入りの可能性は残る。

2021 6/10 16:19
陸上

男子100mに山県、サニら

 山県亮太、サニブラウン・ハキーム

 日本陸連は10日、東京五輪代表選考会となる日本選手権(24~27日・大阪市)のエントリー選手として、男子100メートルで9秒95の日本記録を樹立した山県亮太や前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム、桐生祥秀らを発表した。 小池祐貴、多田修平、ケンブリッジ飛鳥らも名を連ねた。

2021 6/1 9:03
陸上

陸上、サニブラウンは10秒25

 男子100メートルに出場したサニブラウン・ハキーム(右)=ジャクソンビル(共同)

 【ジャクソンビル(米フロリダ州)共同】陸上男子のサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は5月31日、米フロリダ州ジャクソンビルで行われた競技会の100メートルに出場し、追い風3・6メートルの参考記録で10秒25だった。2019年10月終了の世界選手権以来のレースだった。

2021 5/16 8:41
陸上

サニブラウン、競技会を欠場

 男子100メートルを欠場し、競技場を後にするサニブラウン・ハキーム(右)=米アーバイン(共同)

 【アーバイン(米カリフォルニア州)共同】陸上男子のサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は15日、2019年秋以来の出場となる予定だった米カリフォルニア州アーバインでの競技会の100メートルを欠場した。ウオーミングアップ中に左太もも裏に「違和感じゃなくて、ただ単に疲労がたまっている」と感じたという。

2021 4/20 6:00
陸上

砲丸投げの歴史を変える男アツオビン19歳「世界目指せる」進学先は

福岡大に進学したアツオビン・ジェイソン

 陸上の男子砲丸投げ高校記録保持者、アツオビン・ジェイソン(19)が福岡大に進学した。大阪桐蔭高3年だった昨年11月に高校生史上初の19メートル超えとなる19メートル28で自らの記録を更新した逸材は2024年パリ五輪を新たなターゲットに福岡の地で力をつける。

2020 9/26 19:55
陸上

サニブラウン語る「目標ずっと金メダル」 BLM運動にも言及

都内で報道陣の取材に応じるサニブラウン

 陸上男子100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(21)が東京五輪開幕まで300日となった26日、都内で取材に応じ、五輪に向け「目標はずっと金メダル。1年延期で増えた時間を有効活用する」と変わらぬ決意を披露した。

2020 9/26 16:43
陸上

サニブラウン、五輪へ目標語る

 300日後に開幕する東京五輪へ意気込みを語る陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム=26日、東京都江東区

 陸上男子短距離のサニブラウン・ハキームが26日、東京都内で取材に応じ、300日後に開幕する東京五輪について「(延期しても)思いはさほど変わっていない。目標自体はずっと一番高い金メダルに設定している」と意気込みを語った。

2020 9/21 17:50
陸上

100mに桐生祥秀、小池祐貴ら

 日本陸連は21日、日本選手権(10月1~3日・新潟)のエントリー選手を発表し、男子100mは桐生祥秀、小池祐貴、ケンブリッジ飛鳥、山県亮太、多田修平、飯塚翔太らが名を連ねた。決勝は2日午後8時半の予定。

2020 9/14 18:43
陸上

サニブラウンは日本選手権欠場

 陸上男子100メートルの日本記録を持つ21歳のサニブラウン・ハキームが来月1~3日に新潟市で開催される日本選手権に出場しないことが14日、分かった。この日がエントリー締め切りだった。

2020 7/22 14:19
サッカースポーツ

清武が500万円支援表明 冨安、サニブラウンらと豪雨被害の九州支援クラウドファンディング

豪雨被害の九州を支援するクラウドファンディングに協力を呼び掛ける、清武弘嗣(中央左)ら

 サッカー日本代表DF冨安健洋(ボローニャ)=福岡市出身=らのマネジメント会社「UDN SPORTS」は22日、「令和2年7月豪雨」で甚大な被害が発生している九州地方の被災地を支援するためにクラウドファンディング(CF)「アスリートと共に九州を救おう!プロジェクト」を実施すると発表した。 目標金額は1000万円で8月5日まで募り、サッカー元日本代表FW巻誠一郎氏が代表を務め、熊本で復興支援活動をしている特定非営利活動法人(NPO法人)「ユアアクション」などに寄付する。

2020 5/31 17:30
陸上

サニブラウン、中高生へエール

 中高生とオンラインでトークイベントを行う陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(右下)=31日(UDN SPORTS提供)

 陸上男子100メートルの日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が31日、オンラインで中高生とトークイベントを行い「目標があるだけで、こういう状況でも頑張れる」とウイルス禍の影響を受ける選手にエールを送った。  全国高校総体などの主要大会は軒並み中止で「インターハイがなかったら自分がどうなっていたか、想像できないような大事な大会」と心情をおもんぱかった。

2020 5/1 13:56
サッカー日本代表海外サッカースポーツ陸上

香川、サニブラウン、桃田、冨安らがマスク20万枚寄付

「#つなぐ」プロジェクトについてインタビューに答える冨安(UDN SPORTS提供)

 サッカーの香川真司(サラゴサ)、冨安健洋(ボローニャ)、陸上男子100メートルの日本記録保持者、サニブラウン・ハキームらが所属するマネジメント会社「UDN SPORTS」は、1日から同社の契約アスリート75人が全国の子どもたちや医療従事者、各選手と縁のある地域にマスク20万枚とリストバンドを送る「#つなぐ」プロジェクトを始めると発表した。 サッカーの柴崎岳、原口元気、バドミントン男子の桃田賢斗らも参加。

2019 12/16 6:00
陸上

サニブラウンはボルトになれるか 同じメーカーと契約した理由

成田空港に帰国したサニブラウン・ハキーム

 11月にプロ宣言した陸上男子100メートルの日本記録保持者、サニブラウン・ハキーム(20)が15日に帰国した。100、200メートルの世界記録保持者で五輪3連覇したウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)と同じプーマ社とスポンサー契約を結んだことを表明。

2019 12/5 16:22
陸上

サニや桐生らが候補、最優秀選手

 サニブラウン・ハキーム、桐生祥秀

 日本陸連は5日、今年の最優秀選手候補として、サニブラウン・ハキーム、桐生祥秀らで組んで今秋の世界選手権で銅メダルを獲得した400メートルリレー代表らを発表した。16日に東京都内で開く表彰式で受賞者を発表する。

2019 11/19 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク2位・東海大海野 サニブラウンに勝った男に二盗許す

4回2死一塁、二塁打を放ち駆けだす東海大・海野(撮影・大泉謙也)

 福岡ソフトバンクからドラフト2位で指名された東海大(関東2)の海野隆司捕手(22)が18日、明治神宮野球大会の大学の部で準決勝進出を果たした。「4番捕手」でフル出場した中大(東都)との準々決勝に7-3で逆転勝ち。

2019 11/15 13:34
陸上

陸上、サニブラウンがプロ転向へ

 サニブラウン・ハキーム

 陸上男子100メートルの日本記録保持者で米国に拠点を置いているサニブラウン・ハキームが15日、自身のツイッターで「プロ選手になることを決意しました」と表明した。  サニブラウンは「プロの陸上選手になることは、陸上を始めてから目標の一つでした」などと記した。

2019 11/14 18:50
陸上

陸上クレイがテキサス農工大へ

 クレイ・アーロン竜波

 陸上男子800メートルで今年6月の日本選手権を制した17歳、クレイ・アーロン竜波(神奈川・相洋高)が米テキサス農工大に進学することが14日、分かった。来春に高校を卒業して秋に入学する予定。

2019 8/26 7:12
陸上

サニブラウン、10秒05で3位

 男子100メートル決勝 10秒05で3位のサニブラウン・ハキーム(右)=マドリード(共同)

 【マドリード共同】陸上の国際大会は25日、マドリードで行われ、男子100メートルで日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は追い風1・6メートルの決勝で10秒05の3位だった。桐生祥秀は10秒08の4位。

2019 8/22 10:37
陸上

桐生祥秀「自分の走りしたい」

 欧州遠征への出発前、取材に応じる桐生祥秀=22日、成田空港

 陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が22日、100メートルで2大会に出場する欧州遠征への出発前に成田空港で取材に応じ「自分の走りをしっかりしたい」と意気込みを語った。  桐生は25日にスペイン、9月1日にドイツでレースに出場する。

2019 8/20 14:38
陸上

サニブラ、2カ月ぶりレースへ

 サニブラウン・ハキーム

 今月25日にマドリードで行われる陸上の国際競技会で男子100メートルのエントリー選手が20日までに発表され、世界選手権(9月開幕・ドーハ)代表で9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が6月の日本選手権以来、約2カ月ぶりのレースへ臨むこととなった。  サニブラウンは200メートルとの短距離2冠を果たした日本選手権後に背筋と太もも裏の痛みを訴え、400メートルリレーに出場する予定だった7月のダイヤモンドリーグ第10戦を欠場していた。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング