まとめ

「佐々木朗希」 (4ページ目)

「佐々木朗希」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 10/4 6:00
プロ野球

興南・宮城、有明・浅田が上位候補 九州・沖縄から42人プロ志望

力投する有明・浅田

 岩手・大船渡高の163キロ右腕佐々木朗希、夏の甲子園で準優勝した石川・星稜高の奥川恭伸の両右腕が1位候補に挙がる高校生。九州・沖縄の上位候補には高校日本代表の沖縄・興南高の左腕宮城大弥や熊本・有明高の浅田将汰が挙がる。

2019 10/3 20:16
プロ野球

大船渡高・佐々木投手が面談開始

 プロ野球志望表明の記者会見で笑顔を見せる大船渡高の佐々木朗希投手=2日午後、岩手県大船渡市

 高校野球で球速163キロをマークし、17日のプロ野球ドラフト会議の目玉となる岩手・大船渡高の佐々木朗希投手が3日、岩手県大船渡市内の同校でプロ球団との面談を開始した。大船渡高の国保陽平監督や母親らも同席し、ヤクルトとロッテから育成方針や設備面などの説明を受けた。

2019 10/3 17:36
プロ野球

プロ志望届、佐々木・奥川ら提出

 日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で指名対象となる。

2019 10/3 6:00
ソフトバンク西武

佐々木朗希プロ表明 パ2強フロント注目発言、ドラフトでも火花か

高校日本代表での佐々木

 「佐々木争奪戦」にソフトバンクと西武も参戦!? 高校生史上最速の163キロを誇る岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(3年)が岩手県大船渡市内での記者会見で国内プロ志望を表明した2日、福岡ソフトバンクと西武が「(ドラフト)1位候補」との姿勢を強調した。ソフトバンクは三笠杉彦ゼネラルマネジャー(GM)、西武は渡辺久信GMが語ったもので、17日のドラフト会議の超目玉を巡り、今季もパ・リーグの覇権を激しく争った両雄の動向が注目される。

2019 10/2 18:00
ソフトバンク

王さん「彼の涙は当然」清原1位が急転、桑田の真相

西武の主砲として活躍した清原和博=1989年7月12日

 福岡ソフトバンクの王貞治球団会長(79)がプロ入りから約60年の白球人生を振り返るトークショーが10月2日、東京都千代田区の「よみうり大手町ホール」で行われた。巨人での現役時代をはじめ「世界の王」の栄光を目に焼き付けてきたフリーアナウンサーの徳光和夫さん(78)を相手に1時間以上、語り尽くした。

2019 10/2 17:32
プロ野球

大船渡高の佐々木、プロ志望表明

 プロ野球志望表明の記者会見でポーズをとる大船渡高の佐々木朗希投手=2日午後、岩手県大船渡市

 高校野球で球速163キロをマークし「令和の怪物」と称される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)が2日、同県大船渡市内で記者会見に臨み、プロ野球志望を表明した。「レベルの高いところでプレーしたいと思った。

2019 10/2 11:22
高校野球

大船渡高佐々木、プロ志望届提出

 佐々木朗希投手

 高校野球で球速163キロをマークして注目を浴びる大船渡高(岩手)の佐々木朗希投手(17)が、プロ野球志望届を1日に岩手県高野連に提出したことが2日、分かった。2日夕に進路表明会見に臨み、プロを志すことを決断した理由や抱負を語ることになる。

2019 9/24 22:11
プロ野球

佐々木朗希投手、進路表明会見へ

 今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=7月、岩手県営野球場

 岩手県立大船渡高(大船渡市)は24日、最速163キロの球速を誇り「令和の怪物」と称される右腕佐々木朗希投手の進路表明会見を10月2日に同市内で行うと発表した。  プロ入り希望の高校生には「プロ野球志望届」の提出が義務付けられており、会見では提出の有無に言及するとみられる。

2019 9/9 19:24
高校野球

野球U18日本代表、帰国できず

 台風15号の影響で韓国を出発する航空便が大幅に遅延し、金海空港に足止めされた高校日本代表=9日、韓国・釜山(共同)

 【釜山共同】韓国・釜山郊外の機張で開催された野球のU18ワールドカップ(W杯)に出場した高校日本代表は9日に帰国予定だったが、台風15号の影響で韓国・金海空港を出発する航空便が欠航となり、10日以降に帰国することになった。  選手らは空港で10時間近く待機し、疲れた様子だった。

2019 8/30 12:33
プロ野球

佐々木、奥川がU18W杯に出場

 U18W杯に向け記者会見し、手を重ねる佐々木朗希投手(右端)、奥川恭伸投手(左端)ら高校日本代表=8月25日、東京都内

 野球の18歳以下(U18)ワールドカップ(W杯)が8月30日、韓国・釜山郊外の機張で開幕した。  高校日本代表が世界の強豪相手に、どんな活躍を見せるのか。

2019 8/28 9:57
高校野球

野球U18W杯、日本代表韓国へ

 野球のU18ワールドカップに向け出発する高校日本代表=28日、成田空港

 30日から韓国の機張で開催される野球のU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表が28日、開催地へ向けて出発前に成田空港で取材に応じ、最速163キロの直球で注目を集める大船渡(岩手)の佐々木朗希投手は「優勝して日本に帰ってきたい」と強い決意を口にした。  今夏の甲子園大会で決勝まで戦い、疲労を考慮されて国内合宿では登板が無かった星稜(石川)の奥川恭伸投手は「楽しみ。

2019 8/27 17:53
高校野球

U18、佐々木の右手中指にまめ

 大船渡の佐々木朗希投手

 30日に韓国の機張で開幕する野球のU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表の大船渡(岩手)の佐々木朗希投手が、右手中指にできたまめの影響により、26日の大学日本代表との壮行試合で投球回を短縮していたことが分かった。27日の東京都内での国内合宿打ち上げ後、日本高野連の竹中雅彦事務局長が明らかにした。

2019 8/27 6:00
ソフトバンク

U18佐々木を絶賛 ソフトバンク大挙11人視察のワケ

1回を投げ無失点に抑えた高校日本代表先発の佐々木

 福岡ソフトバンクが「令和の怪物」に完全ロックオンだ。野球のU18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)の壮行試合、高校日本代表-大学日本代表が26日に神宮球場で行われ、先発した最速163キロ右腕、佐々木朗希投手(岩手・大船渡高3年)の投球をスカウト全9人を含む総勢11人態勢で視察した。

2019 8/25 19:24
高校野球

野球の高校日本代表が結団式

 U18W杯に向け、記者会見で意気込みを語る高校日本代表の佐々木朗希投手=25日、東京都内

 30日に韓国で開幕する野球の18歳以下のU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表が25日、東京都内で記者会見と結団式を行い、最速163キロで注目を集める佐々木朗希投手(岩手・大船渡)は「まだ世界一になっていないので、このメンバーで必ず世界一を取るという気持ち」と意気込みを語った。  今夏の甲子園大会で石川・星稜の準優勝に貢献した奥川恭伸投手と山瀬慎之助捕手のバッテリーがこの日から練習に合流し、選手20人がそろった。

2019 8/20 17:42
高校野球

佐々木、奥川らが日本代表入り

 日本高野連は20日、今月末から韓国で開催される18歳以下のU18ワールドカップ(W杯)に出場する高校日本代表20選手を発表し、最速163キロを誇る岩手・大船渡の佐々木朗希、夏の甲子園大会で決勝進出を決めた石川・星稜の奥川恭伸らが選出された。  メンバーは次の通り。

2019 8/17 6:00
ソフトバンク

ソフトバンクが佐々木に超密着マーク U18韓国W杯へ異例の全スカウト派遣

高校野球・今後の主な予定

 「令和の怪物」密着マーク! 福岡ソフトバンクが、30日から韓国で開催される「第29回WBSC U18野球ワールドカップ(W杯)」に、全スカウトを派遣することが16日、分かった。同大会には、岩手・大船渡高の最速163キロ右腕、佐々木朗希投手(3年)の選出が決定的。

2019 8/14 6:00
ソフトバンク

ソフトバンクスカウト部長「佐々木か、奥川か」注目の10選手明かす

筑陽学園・進藤

 第101回全国高校野球選手権は大会第7日の12日で出場49校が全て登場した。スカウト陣が丹念にチェックした「プロ注目の逸材」を、福岡ソフトバンクの永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長に語ってもらった。

2019 8/8 6:00
高校野球

不動のエースより複数投手 出場校大半が継投策 夏の甲子園

「三本の矢」で負担を分散し勝ちを狙う熊本工の投手陣=4日、大阪府貝塚市

 炎天下の甲子園で球児の健康管理が課題となる中、特に負担が大きい投手の起用法に変化が見える。今夏の甲子園出場校の大半が複数投手による日替わり先発や継投策を導入。

2019 8/6 6:00
高校野球ソフトバンク

ソフトバンク今宮が語る高校野球 「人間ってすっげー」自分でも驚いた

花巻東戦で力投する明豊の今宮

 第101回全国高校野球選手権が6日に開幕する。2009年に明豊(大分)の中心選手として出場した福岡ソフトバンクの今宮健太内野手(28)も聖地で脚光を浴びた一人だ。

2019 8/3 6:00
ソフトバンク

ソフトバンク千賀今季チーム初完封 2安打!”志願”の135球!!

今季初完封で10勝目を挙げ、甲斐(左)と抱き合って喜ぶ千賀

 首位攻防の初戦でエース千賀滉大(26)が2位日本ハム打線を圧倒した。わずか2安打に抑え、今季チーム100試合目で初の完投勝利を完封で飾り10勝目。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング