まとめ

「樋口新葉」

「樋口新葉」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/2 17:20
フィギュア

フィギュア、宇野と樋口が1位

 演技する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナ

 フィギュアスケートのジャパン・オープンは2日、さいたまスーパーアリーナでフリーを演技して争われ、男子は2018年平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨が演技後半にフリップとトーループの4回転ジャンプを決め、181・21点で1位となった。佐藤駿が3種類計4度の4回転を降り、179・32点で2位だった。

2021 4/30 20:28
フィギュア

宇野昌磨、「ボレロ」が来季演目

 アイスショーのリハーサルで演技する宇野昌磨=30日、横浜市のコーセー新横浜スケートセンター

 フィギュアスケートで2018年平昌冬季五輪男子銀メダルの宇野昌磨や18年世界選手権女子2位の樋口新葉が30日、横浜市で行われたアイスショーのリハーサルに臨み、来季の北京五輪シーズンで使うフリーの演目を披露した。 宇野は「ボレロ」で滑り「やりたいことはたくさんある。

2020 11/27 18:06
フィギュア

デビューの高橋大輔組は2位発進

 アイスダンスRDで2位の村元(左)、高橋組=東和薬品ラクタブドーム

 フィギュアスケートのGPシリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕し、3組が出場したアイスダンスで2010年バンクーバー冬季五輪男子銅メダルの高橋大輔が村元哉中と組んでデビューし、リズムダンスで2位となった。小松原美里とティム・コレトの組が首位。

2020 11/7 18:42
フィギュア

樋口新葉と佐藤駿が優勝

 女子フリー 優勝した樋口新葉=小瀬スポーツ公園アイスアリーナ(代表撮影)

 フィギュアスケートの東日本選手権第2日は7日、山梨県小瀬スポーツ公園アイスアリーナで行われ、女子は2018年世界選手権2位の樋口新葉がショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の132・53点を出し、合計203・24点で優勝した。  昨年の全日本選手権3位の川畑和愛は合計155・97点で5位、16年世界ジュニア選手権女王の本田真凜は同144・11点で10位に終わった。

2020 11/6 18:52
フィギュア

樋口新葉、佐藤駿がSP首位

 女子SP 演技する樋口新葉=小瀬スポーツ公園アイスアリーナ(代表撮影)

 フィギュアスケートの東日本選手権は6日、山梨県小瀬スポーツ公園アイスアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は2018年世界選手権2位の樋口新葉が大きなミスなく演じ、70・71点で首位に立った。  昨年の全日本選手権3位の川畑和愛は58・35点で4位、16年世界ジュニア選手権女王の本田真凜は50・41点で8位と出遅れた。

2020 10/3 18:16
フィギュア

フィギュア、女子は山下真瑚1位

 女子で1位だった山下真瑚の演技=さいたまスーパーアリーナ(代表撮影)

 フィギュアスケートのチーム対抗戦、ジャパン・オープンは3日、さいたまスーパーアリーナでフリーを演技し、女子は山下真瑚が3回転ルッツなどを決め、126・94点で1位となった。  樋口新葉は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷したが、ルッツとループが1回転になるミスが響き、123・01点で2位だった。

2020 10/2 20:06
フィギュア

フィギュア樋口、3回転半挑戦へ

 ジャパン・オープンの前日練習で調整する樋口新葉=さいたまスーパーアリーナ(代表撮影)

 フィギュアスケートのチーム対抗戦、ジャパン・オープンの前日練習が2日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子で2018年世界選手権2位の樋口新葉(明大)は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の挑戦について「しっかり試合で降りられるように、という目標で頑張っているので達成したい」と意気込んだ。  樋口はフリーの曲を流し、動きを確認。

2020 9/13 19:27
フィギュア

フィギュア、鍵山らがフリー披露

 「ドリーム・オン・アイス」でフリーを披露する鍵山優真=コーセー新横浜スケートセンター(代表撮影)

 フィギュアスケートのアイスショー「ドリーム・オン・アイス」は13日、横浜市のコーセー新横浜スケートセンターで行われ、新型コロナウイルスの影響で無観客の中、テレビ中継などを通じ、男子で冬季ユース五輪王者の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)や昨季のジュニア・グランプリ(GP)ファイナル覇者の佐藤駿(埼玉栄高)らが実戦形式で今季のフリーを披露した。  鍵山は「ロード・オブ・ザ・リング」のミュージカル曲で4回転ジャンプを3度入れた構成に挑んだ。

2020 8/27 16:10
フィギュア

9月に無観客でアイスショー開催

 2019年6月のドリーム・オン・アイスで演技する坂本花織=新横浜スケートセンター

 フィギュアスケートで日本のトップ選手が例年出演するアイスショー「ドリーム・オン・アイス」は9月12、13日に横浜市のコーセー新横浜スケートセンターで無観客開催することが決まったと27日、主催者が発表した。12日に今季のショートプログラム、13日にフリーを披露する。

2020 4/23 19:59
フィギュア

羽生、宇野らが特別強化選手

 日本スケート連盟は23日、2020年度の強化選手を発表し、フィギュアの特別強化選手に男子は羽生結弦や宇野昌磨、鍵山優真(星槎国際高横浜)、女子は紀平梨花のほか樋口新葉、宮原知子、坂本花織、川畑和愛が入った。同日、理事会が文書決議した。

2020 4/9 14:55
バスケフィギュア

広がる過去試合の無料動画配信

 2018年3月、フィギュアスケートの世界選手権で演技する宇野昌磨=ミラノ(共同)

 新型コロナウイルス感染拡大で外出を制限する国が世界的に多くなる中、自宅にとどまるスポーツファンに無料で動画を配信する動きが広がっている。スケートや体操、バスケットボールの国際競技連盟は過去の世界選手権やW杯の試合映像をインターネットで提供。

2020 2/8 17:43
フィギュア

フィギュア紀平、大会初の2連覇

 フィギュアスケートの四大陸選手権で女子フリーの演技を終えた紀平梨花。男女を通じ大会初の2連覇を達成した=ソウル(共同)

 【ソウル共同】フィギュアスケートの四大陸選手権第3日は8日、ソウルで行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(関大KFSC)がフリーでも1位の151・16点をマークし、合計232・34点で男女を通じ大会初の2連覇を果たした。日本勢はこの種目5年連続優勝。

2020 2/6 22:02
フィギュア

紀平梨花SP首位、坂本花織4位

 女子SP 演技する紀平梨花=ソウル(共同)

 【ソウル共同】フィギュアスケートの四大陸選手権は6日、ソウルで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で2連覇を目指す紀平梨花(関大KFSC)が大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などを成功し、81・18点で首位発進した。  ブレイディ・テネル(米国)が75・93点で2位につけ、坂本花織(シスメックス)が73・07点で4位、樋口新葉(明大)が72・95点で5位。

2020 2/4 17:41
フィギュア

紀平梨花「ノーミスで連覇を」

 公式練習で調整する紀平梨花=ソウル(共同)

 【ソウル共同】6日に開幕するフィギュアスケートの四大陸選手権は4日、ソウルの会場で公式練習が始まり、女子で2連覇を狙う紀平梨花(関大KFSC)は「ノーミスの演技と連覇を目指して頑張りたい」と抱負を語った。  4日午前の練習では得点源のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を高確率で決めた。

2020 2/3 17:43
フィギュア

フィギュア、紀平「いい感じ」

 フィギュアスケート四大陸選手権のためソウルに到着した紀平梨花(左)と坂本花織=3日(共同)

 【ソウル共同】フィギュアスケートの四大陸選手権(6~9日)で2連覇を狙う女子の紀平梨花が3日、大会が行われるソウルに到着し「調子はいい感じです」と笑顔で話した。坂本花織も一緒に現地入りし「(調子は)まあまあ」と語った。

2020 1/10 21:27
フィギュア

樋口新葉「今季中に3回転半」

 イベントでフィギュアスケートのポーズを決める樋口新葉=10日、東京都港区

 フィギュアスケート女子で世界選手権(3月18~21日・モントリオール)代表の樋口新葉(明大)が10日、東京都内のイベントに出席し、新年のテーマに「決」を掲げ「今シーズン中に1回は(大技の)トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めたい」と抱負を語った。  2018年に銀メダルを獲得した世界選手権に向け、まずは四大陸選手権(2月6~9日・ソウル)に臨む。

2019 12/21 21:46
フィギュア

フィギュア、紀平が全日本初優勝

 女子フリー 演技を終え、歓声に応える紀平梨花=国立代々木競技場

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権第3日は21日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子は17歳の紀平梨花(関大KFSC)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の合計229・20点で初優勝し、日本スケート連盟の選考基準を満たして代表に決まった。  SP4位の樋口新葉(明大)がフリー2位の206・61点で2位、川畑和愛(N高東京)が193・96点で3位。

2019 12/19 22:00
フィギュア

全日本フィギュア、紀平が首位

 女子SP 演技を終え、歓声に応える紀平梨花=国立代々木競技場

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権は19日、東京・国立代々木競技場で開幕し、女子ショートプログラム(SP)で初制覇を目指す紀平梨花(関大KFSC)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で着氷が乱れたが、73・98点で首位に立った。  4度優勝の宮原知子(関大)が70・11点で2位、昨年覇者の坂本花織(シスメックス)が69・95点で3位、樋口新葉(明大)が68・10点で4位につけた。

2019 12/16 11:35
フィギュア

フィギュア本田真凜が明大に進学

 本田真凜

 フィギュアスケートの2016年世界ジュニア選手権女王で青森山田高3年の本田真凜(18)=JAL=が、来春に明大に進学することが16日、関係者の取材で分かった。これまで通り練習拠点は米国に置き、ラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事する。

2019 11/4 8:39
フィギュア

宇野昌磨、最後に3回転半成功

 エキシビションで演技する宇野昌磨=グルノーブル(共同)

 【グルノーブル(フランス)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、フランス杯の上位選手らによるエキシビションが3日、フランスのグルノーブルで行われ、男子で8位と振るわなかった宇野昌磨は今大会1度も成功がなかったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めて歓声を浴びた。  スポットライトに照らされた銀盤で、女子4位の坂本花織は女忍者「くノ一」に扮して切れのある踊りや華麗なスパイラルを披露。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング