コーナー

「ヤクルト」

「ヤクルト」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/30 21:07
プロ野球

D3―5ヤ(30日)

 DeNA戦に先発したヤクルト・石川=横浜

 ヤクルトは一回に山田哲の犠飛で先制し、三回に山田哲の適時打と村上の19号3ランで4点を加えた。石川は六回途中4安打2失点で今季初勝利。

2020 9/30 19:33
プロ野球

ヤクルトの奥川、2軍で実戦復帰

 2軍の練習試合に登板したヤクルト・奥川=戸田球場(球団提供)

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川が30日、埼玉県戸田市の戸田球場で行われたルートインBCリーグ選抜との練習試合に先発し、1回を投げて3安打2失点で1三振だった。上半身の一部を痛めて投げる練習を控え、実戦登板は7月20日以来となり「まずは試合で投げられたことが一番の収穫」と語った。

2020 9/29 21:33
プロ野球

D8―4ヤ(29日)

 1回DeNA1死一、二塁、佐野が右中間に逆転3ランを放つ=横浜

 DeNAは0―2の一回に佐野の3ランで逆転し、三回にロペスの適時打などで2点を加えた。1点差に詰め寄られた四回には梶谷のソロで加点した。

2020 9/29 16:29
プロ野球

阪神、1軍スタッフ1人が陽性

 プロ野球阪神は29日、1軍のチームスタッフ1人が新型コロナウイルス感染を調べる検査を受け、新たに陽性判定が検出されたと発表した。浜地真澄投手(22)の感染が判明して以降、チーム内での陽性は5選手を含む計8人となった。

2020 9/27 23:33
プロ野球

阪神に故意の情報伝達なしと結論

 試合前のメンバー表交換の際、阪神・矢野監督(左手前)らに頭を下げる森審判員(左から3人目)=神宮

 阪神が26日のヤクルト戦で外部とやりとりを行ったと審判団から指摘された件で、セ・リーグの杵渕和秀統括は27日、阪神が故意に情報を受け取った行為はなかったと結論づけた。「サイン盗みとか全くそういうことは疑っていない」と述べた。

2020 9/27 22:13
プロ野球

ヤ3―9神(27日)

 2回、同点ソロを放ち、ホームインする阪神・原口=神宮

 阪神が連敗を3で止めた。2―2の三回に小幡の適時内野安打で1点を勝ち越すと七回に原口の2点適時打などで5点を奪って突き放した。

2020 9/27 0:34
プロ野球

阪神、矢野監督と審判が口論

 8回、審判団と激しく言い合う阪神・矢野監督(右から3人目)=神宮

 26日のヤクルト―阪神17回戦(神宮)で、リプレー検証中に阪神が外部とやりとりしたと審判団が指摘し、矢野監督と口論となった。  七回の阪神の攻撃で、本塁クロスプレーのアウト判定の検証中に、バックネット裏の記者席内で、テレビ映像を見ていた記者がセーフのジェスチャーをしたという。

2020 9/26 21:57
プロ野球

ヤ2―1神(26日)

 6回、ヤクルト・村上(手前)に勝ち越しソロを浴びた阪神・藤浪=神宮

 ヤクルトは1―1の六回に村上の18号ソロで勝ち越した。スアレスは7回3安打1失点で無傷の4勝目。

2020 9/25 21:23
プロ野球

ヤ6―3神(25日)

 6回に2番手で登板し、無失点で2勝目を挙げたヤクルト・梅野=神宮

 ヤクルトが逆転勝ちで連敗を3で止めた。3―3の六回に西浦の適時打で勝ち越し、七回に荒木の2ランで加点した。

2020 9/25 17:23
プロ野球

阪神の感染者計7人、試合は開催

 兵庫県西宮市の甲子園球場=25日午後

 プロ野球阪神は25日、糸原健斗(27)、陽川尚将(29)両内野手と岩貞祐太(29)、馬場皐輔(25)両投手と1軍チームスタッフ2人を合わせた6人の新型コロナウイルス感染が新たに確認されたと発表した。2軍の浜地真澄投手(22)の感染が判明し、1軍関係者全員のPCR検査を実施、陽性者は計7人になった。

2020 9/25 11:07
プロ野球

阪神の浜地真澄投手がコロナ陽性

 阪神の浜地真澄投手

 プロ野球阪神は25日、2軍の浜地真澄投手(22)が新型コロナウイルスの感染を調べる検査で陽性と判定されたと発表した。浜地投手は21日に出場選手登録を外れるまで1軍に同行しており、1軍の監督、コーチ、選手ら全員のPCR検査を実施し、結果は25日昼ごろに判明する予定。

2020 9/23 21:54
プロ野球

中11―5ヤ(23日)

 3回中日無死二、三塁、高橋が中前に2点打を放つ=ナゴヤドーム

 中日が今季最長の5連勝とした。三回に高橋の2点打で追い付き、木下拓の遊ゴロの間に勝ち越した。

PR

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング