コーナー

「卓球」

2019 8/18 19:43
水泳

酒井夏海、100m背泳ぎ優勝

女子100メートル背泳ぎ決勝1分0秒21で優勝した武南・酒井夏海=熊本市総合屋内プール

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第22日は18日、熊本市総合屋内プールなどで行われ、競泳女子100メートル背泳ぎはリオデジャネイロ五輪代表の酒井夏海(埼玉・武南)が1分0秒21で優勝した。  女子50メートル自由形は大内紗雪(神奈川・日大藤沢)が25秒28で2連覇した。

2019 7/30 16:34
スポーツ

宇津木姓を名乗る背景 「恩返し」をしたい人

 東京五輪で日本選手団の先陣を切って登場するソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督は、北京五輪以来となる金メダル獲得の期待を担う中で令和を迎えた。生まれ故郷の中国から昭和に来日し、選手や指導者として平成を駆けた勝負師は、いま56歳の熱い夏を過ごす。

2019 7/8 0:46
ラグビー水泳

体操畠田、種目別で金2個

段違い平行棒決勝の演技を終えガッツポーズする畠田瞳=ナポリ(共同)

 【ナポリ(イタリア)共同】ユニバーシアード夏季大会第5日は7日、イタリアのナポリなどで行われ、体操の種目別決勝で女子の畠田瞳(セントラルスポーツ)が段違い平行棒を14・000点、平均台を13・000点で制し、団体総合、個人総合と合わせ4冠となった。卓球女子団体の日本は中国との決勝に臨む。

2019 5/30 6:00
スポーツ

アーチェリー界に期待の新星・園田稚 最年少16歳で女子日本代表入り

東京五輪を視野に入れる園田稚。アーチェリー界期待の17歳だ

 アーチェリー界に大分県別府市出身の新星が現れた。園田稚(17)=東京・足立新田高2年=は昨秋、史上最年少の16歳で女子の日本代表に選ばれ、めきめきと成長。

2019 5/10 19:27
スポーツ

卓球、張本選手がトヨタと契約 15歳、世界ランキング4位

張本智和選手

 トヨタ自動車は10日、卓球男子の世界ランキング4位で、来年の東京五輪でメダル獲得が期待される15歳の張本智和選手(木下グループ)とスポンサー契約を結んだと発表した。期間などは明らかにされていない。

2019 5/8 17:18
スポーツ

パリ五輪へ、集中強化対象を追加 JSC、新体操や卓球男子など

 日本スポーツ振興センター(JSC)は8日、2024年パリ五輪・パラリンピックでメダルを獲得できる競技を増やすため、有望選手を集中的に育成、強化する次世代育成事業の対象に、新体操や卓球男子などを新たに追加したと発表した。 五輪競技でほかに選ばれたのは、フェンシング女子のフルーレとエペ、バドミントン男子、テコンドー男子58キロ級と女子49キロ級。

2019 4/30 20:55
スポーツ

世界卓球メダリストが帰国 石川「吉村君に感謝」

卓球の世界選手権から帰国し、花束を手にポーズをとる(左から)橋本帆乃香、佐藤瞳、石川佳純、吉村真晴、伊藤美誠=30日、羽田空港

 卓球の世界選手権個人戦の混合ダブルスで準優勝し、3大会連続でメダルを獲得した吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組らが30日、羽田空港に帰国し、石川は「3大会決勝でプレーでき、吉村君に感謝したい」と語り、吉村真は「(東京五輪に)出るためには死ぬ気で戦っていかないといけない。また石川さんと組めれば最高」と意気込みを語った。

2019 4/29 11:05
スポーツ

世界卓球、誤審疑惑に抗議 日本協会、ビデオ判定導入を要望

女子ダブルス決勝得点したかに見えたポイントがカウントされず抗議する伊藤(手前左)、早田組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦の女子ダブルス決勝(28日・ブダペスト)で伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が判定を不服として主審に訴えながら受け入れられなかった問題で、日本協会が藤重貞慶会長名で国際連盟(ITTF)に抗議文を提出し、ビデオ判定の導入を要望したことが28日、関係者の話で分かった。 審判の質の向上も求めた。

2019 4/28 23:17
スポーツ

世界卓球で伊藤・早田組は銀 女子ダブルス決勝で逆転負け

女子ダブルス決勝で中国ペアに敗れた伊藤(左)、早田組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦最終日は28日、ブダペストで行われ、女子ダブルス決勝は前回銅メダルで第1シードの伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が第2シードの孫穎莎、王曼イク組(中国)に2―4で逆転負けした。日本人同士のペアでは1971年大会の平野美恵子、阪本礼子組以来、48年ぶりの銀メダルを獲得した。

2019 4/28 5:40
スポーツ

女子複は伊藤、早田組が決勝へ 世界卓球、日本勢対決制す

女子ダブルス準決勝でプレーする伊藤美誠(手前)、早田ひな組=27日、ブダペスト(ロイター=共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第7日は27日、ブダペストで行われ、日本勢対決となった女子ダブルス準決勝は、前回銅メダルで第1シードの伊藤美誠、早田ひな組が第3シードの佐藤瞳、橋本帆乃香組に4―2で勝ち、日本人同士のペアでは48年ぶりの決勝進出を果たした。 28日(日本時間同日夜)の決勝で第2シードの孫穎莎、王曼イク組(中国)と対戦し、67年大会の森沢幸子、広田佐枝子組以来、日本ペアで52年ぶりの金メダルを目指す。

2019 4/27 21:48
スポーツ

卓球、劉詩ブンが女子単初優勝 世界選手権第7日

女子シングルスで優勝した中国の劉詩ブン=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第7日は27日、ブダペストで行われ、中国勢同士の女子シングルス決勝は第4シードで28歳の劉詩ブンが第2シードの陳夢に4―2で勝ち、初優勝を果たした。中国勢はこの種目13大会連続優勝。

2019 4/27 10:38
スポーツ

世界卓球、安とファルクがメダル 男子シングルスで4強入り

世界卓球選手権男子シングルス(準々決勝以降)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第6日は26日、ブダペストで行われ、日本勢が敗退した男子シングルスで安宰賢(韓国)とマティアス・ファルク(スウェーデン)が4強入りして銅メダル以上を決めた。25日の4回戦で張本智和(木下グループ)を破った安宰賢は準々決勝で張禹珍(韓国)を、ファルクはシモン・ゴズィー(フランス)を退けた。

2019 4/26 22:20
スポーツ

卓球、吉村真・石川組は「銀」 五輪新種目の混合複

混合ダブルス決勝中国の許キン、劉詩ブン組と対戦する吉村真(奥)、石川組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第6日は26日、ブダペストで行われ、2020年東京五輪で新種目として実施される混合ダブルスで、3大会連続のメダル獲得を決めていた前回優勝の吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組は、決勝で許キン、劉詩ブン組(中国)に1―4で敗れ銀メダルだった。 25歳の吉村真と26歳の石川が世界選手権でペアを組むのは4度目で、15年大会に「銀」、前回17年大会に同種目48年ぶりの金メダルを獲得していた。

2019 4/26 22:04
スポーツ

卓球、丹羽40年ぶりメダル逃す 世界選手権第6日

男子シングルス準々決勝中国の梁靖崑(奥)にポイントを奪われ、顔をしかめる丹羽孝希=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第6日は26日、ブダペストで行われ、男子シングルス準々決勝で第8シードの丹羽孝希(スヴェンソン)は第9シードの梁靖崑(中国)に3―4で惜敗し、1979年平壌大会優勝の小野誠治以来、同種目で日本勢40年ぶりの表彰台を逃した。 混合ダブルスで2連覇を目指す吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組は、3大会連続進出の決勝で許キン、劉詩ブン組(中国)と当たる。

2019 4/26 19:18
スポーツ柔道

組織委、パラ指導者育成へ覚書 IPC関連財団などと

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は26日、パラ競技の選手や指導者を育成するため、国際パラリンピック委員会(IPC)の関連組織「アギトス財団」などとの間で連携・協力の覚書を締結したと発表した。アジアを中心に参加国を募り、日本で指導者講習などを3回行う。

2019 4/26 9:01
スポーツ

卓球、女子複伊藤・早田組ら4強 混合複は銀メダル以上

女子ダブルスで準決勝進出を決め、笑顔で引き揚げる伊藤(右)、早田組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第5日は25日、ブダペストで行われ、女子ダブルスで前回2017年大会3位の伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組と、佐藤瞳、橋本帆乃香組(ミキハウス)が4強入りして表彰台を決めた。3位決定戦がなく、銅メダル以上が確定した。

2019 4/26 0:56
スポーツ

卓球、張本が4回戦敗退 世界選手権第5日

男子シングルス4回戦プレーする張本智和=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第5日は25日、ブダペストで行われ、男子シングルス4回戦で第4シードの張本智和(木下グループ)は世界ランキング157位の安宰賢(韓国)に2―4で敗れた。第8シードの丹羽孝希(スヴェンソン)はトミスラブ・プツァル(クロアチア)に4―2で勝って準々決勝に進出し、2大会連続の8強入り。

2019 4/25 8:28
スポーツ

吉村真、石川組が「銅」以上確定 世界卓球で3大会連続

混合ダブルス準々決勝プレーする吉村真(右)、石川組=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第4日は24日、ブダペストで行われ、混合ダブルス準々決勝で前回優勝の吉村真晴、石川佳純組はスロバキアのペアに4―2で競り勝ち、3位決定戦がないため銅メダル以上が決まった。2015年大会の「銀」と合わせて3大会連続の表彰台で、今大会日本勢初のメダル確定となった。

2019 4/25 1:49
スポーツ

世界卓球、張本智和が16強 水谷隼と伊藤美誠は敗退

男子シングルス3回戦でプレーする張本智和=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第4日は24日、ブダペストで行われ、シングルス3回戦で男子は張本智和がマルコス・フレイタス(ポルトガル)に4―0で快勝し、丹羽孝希とともに16強入りした。水谷隼は鄭栄植(韓国)に3―4で惜敗。

2019 4/24 6:47
スポーツ

卓球、石川や張本ら3回戦進出 世界選手権の男女シングルス

女子シングルス2回戦で勝利した石川佳純=ブダペスト(共同)

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権第3日は23日、ブダペストで行われ、シングルス2回戦で女子の日本勢は、石川佳純(全農)伊藤美誠(スターツ)平野美宇(日本生命)佐藤瞳(ミキハウス)加藤美優(日本ペイントホールディングス)の5人全員が勝ち、3回戦に進んだ。 男子は張本智和、水谷隼(ともに木下グループ)丹羽孝希(スヴェンソン)森薗政崇(岡山)が3回戦に進出。

PR

PR

注目のテーマ