桐生祥秀
まとめ

「桐生祥秀」

「桐生祥秀」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 9/3 18:57
陸上

世界陸上へ、桐生「想定できた」


                  欧州遠征から帰国し、取材に応じる陸上の桐生祥秀=3日午後、成田空港

 陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が3日、欧州遠征から成田空港に帰国し、27日開幕の世界選手権(ドーハ)に向けて「(100メートルの)準決勝の想定ができた。しっかりそのイメージで走りたい」と意気込んだ。

2019 9/2 0:33
陸上

男子百の桐生は10秒11


                  男子100メートル決勝、10秒11で5位の桐生祥秀(右)=ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】陸上の国際大会は1日、ベルリンで行われ、男子100メートルで前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は10秒11で5位だった。アンドレ・デグラッセ(カナダ)が9秒97で優勝。

2019 8/26 7:12
陸上

サニブラウン、10秒05で3位


                  男子100メートル決勝10秒05で3位のサニブラウン・ハキーム(右)=マドリード(共同)

 【マドリード共同】陸上の国際大会は25日、マドリードで行われ、男子100メートルで日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は追い風1・6メートルの決勝で10秒05の3位だった。桐生祥秀は10秒08の4位。

2019 8/22 10:37
陸上

桐生祥秀「自分の走りしたい」


                  欧州遠征への出発前、取材に応じる桐生祥秀=22日、成田空港

 陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が22日、100メートルで2大会に出場する欧州遠征への出発前に成田空港で取材に応じ「自分の走りをしっかりしたい」と意気込みを語った。  桐生は25日にスペイン、9月1日にドイツでレースに出場する。

2019 8/20 14:38
陸上

サニブラ、2カ月ぶりレースへ


                  サニブラウン・ハキーム

 今月25日にマドリードで行われる陸上の国際競技会で男子100メートルのエントリー選手が20日までに発表され、世界選手権(9月開幕・ドーハ)代表で9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が6月の日本選手権以来、約2カ月ぶりのレースへ臨むこととなった。  サニブラウンは200メートルとの短距離2冠を果たした日本選手権後に背筋と太もも裏の痛みを訴え、400メートルリレーに出場する予定だった7月のダイヤモンドリーグ第10戦を欠場していた。

2019 8/17 19:30
陸上

城山、走り幅跳び日本新8m40


                  男子走り幅跳び3回目に8メートル40をマークし、日本記録を更新した城山正太郎=福井県営陸上競技場

 陸上のナイトゲームズ・イン福井は17日、福井県営陸上競技場で行われ、男子走り幅跳びで城山正太郎が3回目に日本新記録となる8メートル40を跳んで優勝した。橋岡優輝が8メートル32で2位。

2019 7/23 18:06
陸上

陸上の小池祐貴と桐生祥秀が帰国


                  帰国し取材に応じる小池祐貴(右)と桐生祥秀=23日、羽田空港

 陸上男子100mで日本人3人目の9秒台をマークした小池祐貴が23日、羽田空港に帰国し「(10秒の壁は)意識しないようにしていた。みんな9秒台が好きなんだなと」と、はにかみながら話した。

2019 7/21 21:54
陸上

400mリレーで日本が2位


                  男子400メートルリレー日本歴代3位の37秒78で2位に入った日本チーム。左から多田、小池、桐生、白石=ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】陸上のダイヤモンドリーグ第10戦最終日は21日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレーで多田修平、小池祐貴(ともに住友電工)桐生祥秀(日本生命)白石黄良々(セレスポ)の日本は、日本歴代3位の37秒78で2位に入った。英国が今季世界最高の37秒60で優勝した。

2019 7/21 0:02
陸上

小池、日本歴代2位の9秒98


                  陸上ダイヤモンドリーグ第10戦の男子100メートル決勝で、日本歴代2位に並ぶ9秒98をマークして4位に入った小池祐貴。右は10秒13で7位の桐生祥秀=20日、ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】陸上のダイヤモンドリーグ第10戦第1日は20日、ロンドンで行われ、男子100メートル決勝で小池祐貴(住友電工)は日本歴代2位の9秒98で4位になり、日本人3人目の9秒台をマークした。前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は10秒13で7位だった。

2019 7/12 12:04
陸上

サニブラウンがDLのリレー欠場


                  サニブラウン・ハキーム

 日本陸連は12日、男子100メートルの日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が、ロンドンで20、21日に行われるダイヤモンドリーグ(DL)第10戦の400メートルリレーを欠場すると発表した。背筋と太もも裏に痛みがあるため。

2019 7/10 8:32
陸上

陸上、桐生が10秒21で5位


                  男子100メートル決勝10秒21の5位だった桐生祥秀=ルツェルン(共同)

 【ルツェルン(スイス)共同】陸上の国際競技会は9日、スイスのルツェルンで行われ、桐生祥秀(日本生命)は向かい風0・3メートルの男子100メートル決勝で10秒21の5位だった。優勝は10秒06のアカニ・シンビネ(南アフリカ)。

2019 7/9 18:33
陸上

桐生、9秒台達成の福井へ


                  桐生祥秀

 8月17日に福井県営陸上競技場で開催される陸上の新設大会、「Athlete Night Games in FUKUI」に桐生祥秀(日本生命)らが参加することが9日、主催者から発表された。  同競技場は2017年、桐生が男子100メートルで国内初の9秒台となる9秒98を出した場所として「9・98スタジアム」の愛称で親しまれる。

2019 7/5 10:39
陸上

陸上、桐生「速さ見せつけたい」


                  欧州遠征出発前に取材に応じる陸上男子短距離の桐生祥秀=5日午前、成田空港

 陸上男子短距離の桐生祥秀が5日、欧州遠征へ出発前に成田空港で取材に応じ「やっぱり速いぞ、というところを見せつけたい」と抱負を口にした。  日本選手権は100メートルで2位、200メートルで3位にとどまり「物足りない」と振り返る。

2019 7/1 18:37
陸上

サニブラウン五輪も特別視せず「大会で名前がついてくるだけ」

会見でガッツポーズをつくるサニブラウン

 日本陸上連盟は1日、福岡市内で会見を開き、世界陸上選手権(9~10月・ドーハ)の代表内定選手男女計10人を発表した。 6月30日まで福岡・博多の森陸上競技場で開催された日本選手権の男子100、200メートルで2度目の2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)は日の丸のついたユニホーム姿で「100、200メートルともに内定して一安心。

2019 6/29 18:59
陸上

サニ、200m予選は20秒84


                  男子200メートル予選20秒84の3組1着で決勝に進んだサニブラウン・ハキーム(手前)=博多の森陸上競技場

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は29日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子200メートル予選で、100メートルとの2冠を狙うサニブラウン・ハキームは20秒84で3組1着となり30日の決勝に進んだ。小池祐貴は20秒62の1組1着、桐生祥秀は2組2着で通過。

2019 6/29 6:00
陸上

サニブラウン50メートルで勝利確信

男子100メートル決勝で優勝したサニブラウン・ハキーム。右手前は2位となった桐生祥秀

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は28日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝は日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が大会新記録の10秒02で2年ぶり2度目の優勝を果たし、世界選手権代表に決まった。 顔を上げた瞬間、サニブラウンは勝利を確信した。

2019 6/28 23:16
陸上

サニブラウンVの舞台裏 9秒台期待で関係者ヤキモキ

男子100メートル決勝で優勝したサニブラウン・ハキーム

 陸上の日本選手権(福岡市・博多の森陸上競技場)は大会第2日の28日、男子100メートル決勝が行われ、サニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が大会新記録の10秒02で優勝。世界選手権の代表入りを決めた。

2019 6/28 20:52
陸上

サニブラウン、10秒02で優勝


                  陸上日本選手権の男子100メートル決勝で、10秒02をマークして優勝したサニブラウン・ハキーム。左は2位の桐生祥秀=28日、福岡市の博多の森陸上競技場

 第103回となる陸上の日本選手権は28日、福岡市の博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、9秒97の日本記録を持つ20歳のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が10秒02の大会新記録で2年ぶり2度目の日本一に輝いた。  23歳で前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が10秒16の2位、小池祐貴(住友電工)が3位。

2019 6/28 20:42
陸上

サニブラウン10秒02でV、桐生2位 男子100m

サニブラウン・ハキーム

 注目レースをサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が大会新記録の10秒02で制し、今秋の世界選手権の代表入りを決めた。27日の準決勝などでマークした大会記録10秒05を更新。

2019 6/28 17:20
陸上

サニブラウンら9秒台期待も男子100m決勝直前に雨

男子100メートル準決勝で、決勝進出を決めた(左から)サニブラウン・ハキーム、多田修平、ケンブリッジ飛鳥=27日

 福岡市の博多の森陸上競技場で開幕した陸上の日本選手権は28日、大会第2日を迎えた。 サニブラウン(米フロリダ大)や桐生祥秀(日本生命)による9秒台決着が期待される男子100メートル決勝を午後8時半に控える中、気がかりなのは天候。

PR

PR

注目のテーマ