高山勝成選手の申請受理されず 東京五輪ボクシング目指す

 約2万5千人分の署名を手に日本ボクシング連盟を訪れた高山勝成選手=7日午後、大阪市
約2万5千人分の署名を手に日本ボクシング連盟を訪れた高山勝成選手=7日午後、大阪市
写真を見る

 ボクシングで日本初の世界主要4団体制覇を果たし、アマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成選手(34)=名古屋産大=が7日、自身のアマ登録を求める約2万5千人分の署名の原本とアマ登録申請書を提出するために大阪市の日本連盟を訪れたが、責任者不在を理由に受理されなかった。

 国際ボクシング協会(AIBA)は16年リオデジャネイロ五輪からプロ選手の出場を全面的に解禁したが、日本連盟はプロ経験者の試合出場を認めていない。高山選手は「最高の舞台で最高の選手と闘えるチャンスを与えてほしい」と話した。後日改めて日本連盟を訪れる予定。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]