競泳の金藤理絵選手が引退 リオ五輪女子200平で金メダル

 2016年リオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで優勝し、金メダルを手に笑顔の金藤理絵(共同)
2016年リオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで優勝し、金メダルを手に笑顔の金藤理絵(共同)
写真を見る

 2016年リオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストで、同種目の日本記録を持つ金藤理絵選手(29)=Jaked=が7日、現役引退届を日本水泳連盟に提出した。所属スポーツクラブが発表した。16日に記者会見する。

 広島県出身の金藤選手は08年北京五輪7位。09年に自身初の日本記録となる2分20秒72をマークしたが、腰痛などに苦しみ、12年ロンドン五輪は出場を逃した。16年4月の日本選手権で2分19秒65の日本記録を樹立して臨んだ2度目の五輪で、競泳女子の日本勢として12年ぶりに金メダルを獲得した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]