新体操ロシアが新潟市で事前合宿 東京五輪、協定締結

 合宿地に関する協定を締結した新潟市の篠田昭市長(右)とロシアの新体操連盟のウラジーミル・マーズル氏(中央)=5日午前、新潟市
合宿地に関する協定を締結した新潟市の篠田昭市長(右)とロシアの新体操連盟のウラジーミル・マーズル氏(中央)=5日午前、新潟市
写真を見る

 2020年の東京五輪で、新体操のロシア代表が新潟市で事前合宿することが決まり、5日に市役所で協定の締結式があった。

 締結式には、ロシアの新体操連盟でテクニカルディレクターを務めるウラジーミル・マーズル氏や新潟市の篠田昭市長が出席した。

 篠田市長は「合宿地に選ばれ大変うれしい。期間中に新潟の若い選手を指導してもらえたら」と語った。ロシア代表は公開練習で、五輪の演目を披露することを検討しているといい、マーズル氏は「新体操は芸術。見てもらう良い機会になる」と話した。

 ロシア代表は00年シドニー大会から16年リオ大会まで個人総合、団体総合とも五輪5連覇中の強豪。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]