バスケなど4競技で南北合同へ 東京五輪でチーム結成

 3者会談を終え、記者会見するIOCのバッハ会長。左は韓国の都鍾煥・文化体育観光相、右は北朝鮮の金日国体育相=15日、スイス・ローザンヌ(共同)
3者会談を終え、記者会見するIOCのバッハ会長。左は韓国の都鍾煥・文化体育観光相、右は北朝鮮の金日国体育相=15日、スイス・ローザンヌ(共同)
写真を見る

 【ローザンヌ(スイス)共同】国際オリンピック委員会(IOC)は15日、スイスのローザンヌで2020年東京五輪での韓国と北朝鮮の合同チーム結成に向けた3者会談を開き、バスケットボールの女子、ホッケーの女子、柔道の混合団体、ボートの男女の4競技で結成することに合意した。卓球とカヌーは協議を続ける。今後、南北の合同チームで出場権獲得を目指す。

 韓国の都鍾煥・文化体育観光相は東京五輪の開会式での合同入場行進も決定したと明らかにした。夏季五輪での合同行進は00年シドニー、04年アテネ両大会に続いて3度目で、4大会ぶりとなる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]