J1大分、攻撃サッカーで打倒鹿島 08年以来の白星発進狙う

マスコットのニータンを囲み笑顔でポーズを取る大分の(左から)三平、片野坂監督、ティティパン
マスコットのニータンを囲み笑顔でポーズを取る大分の(左から)三平、片野坂監督、ティティパン
写真を見る
J1第1節対戦カード
J1第1節対戦カード
写真を見る

 大分がビッグな白星を目指す。わずか3年でJ3からJ1に復帰した大分が開幕戦でぶつかるのは、昨年のアジア王者の鹿島。片野坂監督は「簡単な戦いではないが、逆に思い切ってやれる」と意気込んだ。

 目指すのはもちろん攻撃的サッカーだ。昨季はJ2最多の76得点。そのスタイルはJ1でも継続する。片野坂監督は「自分たちらしさを失うことはしたくない。守りが堅いチームから点を取って勝てば、素晴らしい成果になる」と強調した。昨季10得点のFW三平も「攻めるサッカーを貫きたい。それがどのくらい通用するか」とうなずいた。

 J1での開幕戦は1勝6敗1分けと苦戦が続き、白星なら2008年以来となる。就任4年目の片野坂監督とともにJ3、J2で昇格に貢献した三平も「J1で戦える喜びを味わう開幕戦にしたい」と力を込めた。“たたき上げ”の意地を敵地で見せつける。

=2019/02/15付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]