西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

【J2】長崎が初のJ1へ 自動昇格争い制し2位確定 クラブ創設13年目で悲願

サポーターと共にJ1昇格を喜ぶV・ファーレン長崎の選手たち=11日午後9時50分すぎ、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎
サポーターと共にJ1昇格を喜ぶV・ファーレン長崎の選手たち=11日午後9時50分すぎ、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎
写真を見る

 ◆J2第41節第1日 長崎3-1讃岐(トランスコスモスタジアム)

 長崎がクラブ創設13年目で初となるJ1昇格を決めた。既に湘南が優勝を決めており、前節まで2位の長崎、3位の名古屋、4位の福岡に自動昇格(2位以内)の可能性があったが、名古屋が敗れて福岡が引き分け、長崎が勝ったため1試合を残し2位が確定した。名古屋と福岡は3~6位による昇格プレーオフに回る。

 今季の長崎は開幕直後に深刻な経営難が表面化したが通販大手、ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)の傘下に入り再建。8月27日の京都戦からはクラブ最長の12戦負けなしで悲願を達成した。

 長崎は1985年創設の「有明SC」と国見高OBを中心とする「国見FC」が合併し、2004年3月に誕生した「有明SC」が前身。05年の九州リーグ昇格を機に「V・ファーレン長崎」に改称した。J2参入1年目の13年と15年はJ1昇格プレーオフでいずれも準決勝で涙をのんだ。九州勢のJ1昇格は福岡、大分、鳥栖に次いで4クラブ目となった。

=2017/11/11 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]