V・ファーレン長崎 新ユニに平和の願い 背中にはユニセフロゴ

V・ファーレン長崎の今季ユニホームを披露した高田明社長(右)とジャパネットホールディングスの旭人社長(左)
V・ファーレン長崎の今季ユニホームを披露した高田明社長(右)とジャパネットホールディングスの旭人社長(左)
写真を見る

 今季J1のV・ファーレン長崎は10日、長崎県佐世保市で新ユニホームを発表した。被爆地・長崎から平和への願いを込め、長崎の自然や平和の象徴であるハトをデザイン。背中には支援に取り組む国連児童基金(ユニセフ)のロゴを入れた。

 ヒュンメル社製でホームユニホームはチームカラーの青とオレンジで長崎県の地図を表現。羽ばたくハトや波模様をあしらった。白地のアウェーユニホームには、長崎伝統の祭り「長崎くんち」の龍踊(じゃおどり)で龍がまとう炎を表現した。高田明社長は「長崎からJ1での戦いを通じ、平和のメッセージを全国に発信していきたい」と意気込んだ。

 新ユニホーム披露に合わせて、親会社のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)はユニセフへの支援プロジェクト実施を発表。記者会見した同社の高田旭人社長は「教育に特化した支援をしたい。平和を掲げるチームとの“平和マッチ”などを考えていきたい」と語り、「3年間で1億円の寄付を目指す」と話した。 (梅沢平)

■期限付き移籍の宮本が岐阜へ

 J1のV・ファーレン長崎は10日、J1清水から期限付き移籍していたMF宮本航汰(21)との契約満了を発表した。宮本は清水からJ2岐阜に期限付き移籍する。

=2018/01/11付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]