J1長崎、激励パレードで決意新た 高田社長「地元もっと発信」

パレードの出発式で、1600人のファンを前にあいさつする高田明社長(中央)
パレードの出発式で、1600人のファンを前にあいさつする高田明社長(中央)
写真を見る
長崎市中心部の商店街をパレードし、ファンとハイタッチや握手を交わすV・ファーレン長崎の選手たち(中央)
長崎市中心部の商店街をパレードし、ファンとハイタッチや握手を交わすV・ファーレン長崎の選手たち(中央)
写真を見る

 今季J1に初めて挑むV・ファーレン長崎の激励パレードが18日、長崎市中心部で開かれた。長崎県や同市などでつくる実行委員会が主催。24日の開幕戦を前に市民のエネルギーを間近に感じた選手たちは、県一体となって1年間戦う思いを新たにした。

 パレードに先立ち、同市の諏訪小で出発式があり、高田明社長は約1600人を前に「チームを通じて長崎をもっと発信していきたい」とあいさつ。高木琢也監督も「1年間、長崎の皆さんと一緒に戦っていきたい」と決意表明した。

 その後、選手ら48人は歓声の中、ハイタッチや握手に応じながら、ランタンで彩られた浜町のアーケードをゆっくりと練り歩いた。同市の小学2年生、安松旭さん(8)は「近くで見られてよかった。試合でも頑張れって大声で応援したい」と話した。

 パレードの後、チームは報道陣向けに新体制発表会を行い、12人の新加入選手を紹介。J2アビスパ福岡から移籍した長崎県出身の中村北斗(32)は「J1を地元のチームで戦えることをうれしく思う。全力で貢献したい」と意気込んだ。 (華山哲幸)

=2018/02/19付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]