J1長崎、高田社長が平和記念公園訪問 11日広島戦「ピースマッチ」原爆の日特別ユニ

11日の「ピースマッチ」で着用するユニホームを紹介する長崎・高田(左)、広島・山本(右)の両社長。中央は広島市の松井市長
11日の「ピースマッチ」で着用するユニホームを紹介する長崎・高田(左)、広島・山本(右)の両社長。中央は広島市の松井市長
写真を見る

■高田社長 平和記念公園を訪問

 J1のV・ファーレン長崎は11日にアウェーで首位広島と対戦する。被爆地を本拠地とする両クラブのカードは長崎が主催した4月に続き2度目で、原爆が投下された8月は初めて。「ピースマッチ」と銘打たれ、10日に広島市の平和記念公園などを訪れた長崎の高田社長は「(リーグの)他の試合もピースマッチとしてできるようになっていけば」と将来的な広がりにも期待した。

 両クラブの尽力で実現した8月の対戦だが、他クラブとの公平性などもあるため来年以降もできるとは限らない。高田社長は「続けていくには変化していかなければいけない」とカードにこだわらない継続を提案。全試合をピースマッチとすれば、日本中からサッカーを通じて平和を発信することが可能だ。そのためにも、長崎はまずJ1残留が大命題となる。

 4月の対戦では長崎が0-2で完敗。勝つのは難しい相手だが、高田社長は「J1に上がれて良かったと、今日が一番感じている。広島さんの胸を借りるつもりで一生懸命戦う」と意気込む。両クラブの選手は、それぞれの原爆の日を意味する背番号「86」「89」の特別ユニホームでプレーする。 (山本泰明)

=2018/08/11付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]