「安楽死」を考える~神経難病患者の訴え

「安楽死」を考える~神経難病患者の訴え

60回の入院、友人もいない。実験用の「ラット」のような「スッカスカの人生」―。北部九州に住む難病患者は、外国で安楽死する権利を得た。苦痛からの解放を願って。

会員登録して特集を読む

西日本新聞meに登録してログインすれば、全ての特集を読み放題になります。