「移民流入」日本4位に 15年39万人、5年で12万人増

 人口減と少子高齢化による人手不足を背景に、日本で働く外国人が増え続ける中、経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国の最新(2015年)の外国人移住者統計で、日本への流入者は前年比約5万5千人増の約39万人となり、前年の5位から韓国を抜いて4位に上昇した。OECDの国際移住データベースから判明。日本が事実上の「移民大国」であることが浮き彫りになった。日本語教育の推進など定住外国人の支援策が急がれる。

 国際移住データベースは、世界約200の出身国・地域別に1年間のOECD加盟35カ国への外国人移住者を集計している。日本への移住者は「有効なビザを保有し、90日以上在留予定の外国人」を計上しているという。

 15年のトップ10は(1)ドイツ(約201万6千人)(2)米国(約105万1千人)(3)英国(47万9千人)(4)日本(約39万1千人)(5)韓国(約37万3千人)(6)スペイン(約29万1千人)(7)カナダ(約27万2千人)(8)フランス(約25万3千人)(9)イタリア(約25万人)(10)オーストラリア(約22万4千人)-となっている。

 日本は10、11年の7位から12~14年に5位、15年は4位と徐々に上昇。外国人流入者は5年間で約12万人増えた。15年の日本への移住者のうち、国・地域別で1万人を超えたのは、多い順に中国▽ベトナム▽フィリピン▽韓国▽米国▽タイ▽インドネシア▽ネパール▽台湾-だった。

 政府はこれまで、建前上は労働移民の存在を認めてこなかった。現実には途上国からの留学生を含めた外国人労働者が欠かせない存在となっており、生活者として受け入れて支援する共生政策の充実が求められている。

=2018/05/30付 西日本新聞朝刊=

このニュースの写真

ご意見や情報をお寄せください

西日本新聞「新 移民時代」取材班

imin@nishinippon-np.jp

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1. F2戦闘機の尾翼に描かれた「見敵必殺」の文字(上)と築上町のマスコットキャラクター(右下)=航空自衛隊築城基地提供
    航空祭に「見敵必殺」戦闘機 空自築城基地、隊スローガン 住民「時代錯誤だ」
  2. 盾を持って駆け足訓練に挑戦する記者(前列中央)
    45歳記者、機動隊訓練を体験 11.5キロ装備で2キロ駆け抜けた 素手で11メートルの絶壁よじ登る
  3. 避難所に性被害の闇 災害時の不安定な心理が暴力を生む 県警10件把握、潜在化も 熊本地震2年
  4.  佃亮二さん
    元福岡銀行頭取、池に転落死か 大濠公園で
  5. 工藤会系組事務所の家宅捜索に入る県警の捜査員=14日午前10時ごろ、北九州市小倉北区(写真の一部を加工しています)
    社長の「暴排」に反発、見せしめ目的で銃撃か 容疑の工藤会系組幹部ら

西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう