“V請負人”冨永裕輔が国歌独唱

 北九州市出身でホークス応援ソング「The Catch!」などの作品があるシンガー・ソングライター、冨永裕輔(32)が試合前に国歌を独唱した。ホークス主催試合での国歌独唱は2011、14、15年に続き4度目で、過去3度のシーズンは全てチームがリーグ優勝、日本一に輝いている“優勝請負人”だ。幼いころからホークスの大ファンだった冨永は「スタンドと思いが一つになるように心を込めて歌った」と、3カード連続負け越し中のチームへの思いも込めて勝利の美声を響かせた。

=2016/08/17付 西日本スポーツ=

8月19日 京セラドーム大阪

試合終了

  • ソフトバンク8
  • オリックス4

試合詳細へ

西スポの公式アカウントをフォローしよう

ホークスランキング

  1. 4回1死二塁、阪神・高山の中飛を捕球し三塁に送球する柳田
    ホークス柳田に“厳重注意” 全力送球に工藤監督「あれは駄目」
  2. ソフトBミランダ18日来日初先発
  3. 7回2死三塁、26号2ランを放つ柳田
    ソフトB柳田5階席弾 26号2ラン「芯でした」
  4. プロ初完封勝利を挙げ甲斐(右)と笑顔で握手を交わす千賀
    ソフトB千賀初完封 プロ8年目「高校でもない」
  5. 6回無死一塁、右前打を放つグラシアル
    ソフトBグラシアル、デスパイネ抹消で「5番DH」
西日本新聞のイチオシ[PR]