大魔神、ゴジラ超え球界最高年俸!?ソフトB破格の大補強へ 浅村4年28億円、西4年20億円用意

 浅村&西ダブル獲りだ! 福岡ソフトバンクが7日、国内フリーエージェント(FA)権を行使した西武・浅村栄斗内野手(27)オリックス・西勇輝投手(27)の獲得に乗り出すことを表明した。水面下で調査を続けてきたが、2選手の宣言を受け、三笠杉彦球団統括本部本部長が参戦を明言。ともに複数球団が興味を示している浅村に日本球界史上最高クラスの4年最大28億円前後、西に4年最大20億円前後と他球団をしのぐ超大型契約を用意しているとみられ、3年連続日本一へ向けてなりふり構わぬ姿勢で補強を目指す。

 なりふり構わない。2年連続日本一こそ果たしたが、シーズンは西武に6・5ゲーム差をつけられてV逸。屈辱と悔しさを味わった「王者」が、動いた。7日、浅村がFA権行使を宣言。これを受け、三笠本部長は「日本の内野で右打者としてトップレベル。ぜひホークスに興味を持ってもらって一緒に3年連続の日本一を目指してやっていけたら」と、参戦を表明しラブコールを送った。

 破格の条件で、獲得を目指す。西武は監督時代にドラフトで浅村を獲得した渡辺SDが、早くから残留交渉を継続。条件面でも最大限の誠意を見せ引き留めに全力を注いでいる。楽天は西武でともにプレーした石井GMが、この日参戦を表明。同じくオリックスは「浅村の地元」という強みを持つ。ホークスにとって戦況は厳しくも映るが三笠本部長は「何とも言えない」と涼しい顔だ。出来高を含め年俸7億円前後の4年契約と、他球団をはるかにしのぐ超大型契約を用意している。日本球界のこれまでの最高年俸は大魔神こと佐々木主浩が手にした6億5000万円(2004、05年)。今回の条件の大きさと熱意が分かる。

 浅村は今季、打率3割1分、32本塁打、127打点で打点王を獲得し、10年ぶりのリーグ優勝に貢献。勝負強さも折り紙付きで、今季ホークスも何度となく痛い目に遭わされた。さらに現在27歳。主力の高齢化が進む中、世代交代がスムーズに進んでいるとは言い難く、本職の二塁はレギュラーが固定されていない現状を見ても、破格の条件で迎え入れるだけの価値はある。

 リーグV奪回と、3年連続日本一へ向けた球団の動きはこれだけにとどまらない。三笠本部長は、この日同じくFA宣言したオリックス西についても「まだ年齢も若いですしローテーションで回れるようなピッチャーですからぜひ、話をさせてもらいたい」とこちらも参戦を明言。同じく早くから興味を示している阪神が4年総額20億円の条件を準備しているとみられ、少なくともそれを上回る条件を提示する構えだ。

 今季は特に前半戦で苦しみ、7月9日からの日本ハム2連戦で計22失点を喫し連敗した翌日には、後藤球団社長は「フロントがやるべきことが全然できていないという前提に立ってゼロから見直す」と、厳しい表情で語った。同社長はかねて「選手の獲得予算はつくるべきではない。青天井でいい。必要な選手には必要なマーケットプライスがある」とも話している。FA選手の獲得となれば13年の中田(中日)、鶴岡(日本ハム)以来5年ぶりとなる。他球団をしのぐ資金力を誇る「王者」が、オフも主役を張る。

 ◆日本球界歴代の最高年俸 日本球界での歴代最高(外国人選手を除く)は横浜・佐々木主浩の6億5000万円(04、05年)。さらに巨人・松井秀喜の6億1000万円(02年)、同・阿部慎之助(14年)、広島・黒田博樹(16年)の6億円と続く。ホークスでは、柳田悠岐が今季から5億5000万円(3年契約)がトップ。過去最高は松中信彦(06~09年)、城島健司(05年)の5億円だった。(金額は推定)

=2018/11/08付 西日本スポーツ=

このニュースの写真

西スポの公式アカウントをフォローしよう

ホークスランキング

  1. FA宣言したオリックス・西(左)と西武・浅村
    ソフトB、予定通りに浅村、西獲り
  2. 古谷(左)の投球を見守る工藤監督
    ソフトB古谷、工藤監督が熱血指導
  3. 【ソフトバンク契約更改 2018】
  4. 釜元(左)にスイングを教える新井コーチ
    ソフトB新井2軍打撃コーチ 就任即7時間超指導
  5. ソフトバンク・吉住=2月撮影
    ソフトB吉住 フォーム固めへブルペン80球
西日本新聞のイチオシ[PR]