「状況分からず不安」民家敷地が5、6メートル陥没 坑道跡の一部崩落か 飯塚市

 11日午後3時20分ごろ、飯塚市上三緒で「自宅の庭が陥没した」と110番があった。特定鉱害復旧事業センター(福岡市)によると、陥没した穴は深さ5、6メートル。近くにはかつて炭鉱があり、坑道跡の一部が崩落したとみられる。県警は周囲の道路を一時通行止めにした。けが人はいない。

 同センターによると、穴の大きさは縦約2メートル、横約5メートル。民家の住人が11日昼、音を聞き、別の住人が穴が開いていることに気付いた。民家そばの市道も内部が崩れているという。陥没現場と隣家の2世帯9人が、近くの公民館などに避難している。

 同センターは、民家の地下に坑道跡があり、その一部が崩落したとみている。13日以降、復旧工事を進める予定。近くに住む女性は「状況が全く分からず不安」と話した。

=2018/03/13付 西日本新聞朝刊=

ニュースまとめ

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1. 避難所に性被害の闇 災害時の不安定な心理が暴力を生む 県警10件把握、潜在化も 熊本地震2年
  2. 「直下型」九州も要警戒 警固断層陸側エネルギー蓄積 識者「いつでも起き得る」
  3. 謝罪する延岡学園高の(左から)佐藤則夫校長、佐々木博之教頭、男子バスケットボール部の川添裕司監督=18日午前、宮崎県延岡市の同校
    延岡学園高校長が謝罪 バスケ審判員殴打 天皇杯予選辞退へ
  4. 閑静な町並みと調和している本吉屋本店
    柳川の老舗うなぎ店「本吉屋」本店 県屋外広告景観賞受賞
  5. 新燃岳噴火後には大地震? ネットで話題、識者は「関連ない」 「地震後噴火」は可能性も

◆トピックス

西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう