ホークスファンタブレット

連節バス5台増 西鉄、6月10日から計7台に 間隔20-30分へ短縮

福岡市中心部を循環する連節バス
福岡市中心部を循環する連節バス

 西日本鉄道(福岡市)は18日、福岡市の都心を循環している連節バスを6月10日から5台増やし、計7台で運行すると発表した。現在の1日12便(内、外回り6便ずつ)の運行が62便(31便ずつ)になり、運行間隔は現在の100~110分から20~30分に縮める。同市博多区の蔵本バス停にも止まるようにする。

 連節バスは昨年8月に試行運行を始め、同10月からは天神、JR博多駅、ウオーターフロントの3地区を循環している。

 西鉄と福岡市は将来的に15台まで増やし、道路に専用走行レーンを設けることで、10分間隔で走らせる構想を発表している。当面、7台で運行し、利用者のニーズを検証するという。

 また西鉄は、1台に最大133人が乗れる点を生かし、ヤフオクドームやマリンメッセ福岡など集客施設でのイベント終了後の運行も検討しているという。

=2017/05/19付 西日本新聞朝刊=

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

◆トピックス

トピックスニュース

ランキング

  1. 博多金塊盗被害者憤り 「容疑者と面識ない」 “出来レース”主張を否定
  2. 金塊取引闇ルート浮かぶ 香港=大量買い付け 韓国=運び役に渡す 福岡=売買の拠点に
  3. 博多金塊窃盗 被害者に示談持ち掛け 手配の容疑者 逮捕恐れ1億円提示
  4. 「このエスカレーターは途中から階段になります」との張り紙。エレベーターの案内も記されているが、乗り継ぎ客にとっては回り道になる
    博多駅に変なエスカレーター 途中から階段「不便」、30年改善されず
  5. 博多金塊窃盗 3.3億円分共犯持ち去る 容疑者供述「情報提供者に渡す」
西日本新聞のイチオシ[PR]