今年も果樹カメムシ類が大量発生? 県が注意報

 県病害虫防除所は7日、かんきつ類に被害を与える果樹カメムシ類が今月中旬以降、県内全域で大量発生する恐れがあるとして今年初の注意報を出した。通常は8月以降に活動が活発になるが、今年は前年の大量発生の影響で越冬した成虫数が多く、春先から飛来しナシやモモなどの果実に被害を引き起こすという。

 防除所によると、越冬成虫数は県内16地点で前年の10倍に当たる計20匹を確認。過去10年間でも2番目に多かった。わなにかかる数も急増している。

 福岡管区気象台によると5月の気温は平年より高い見通しで、担当者は「活動が活発になると予想される。早期発見、早期防除に努めてほしい」と呼び掛けている。

=2018/05/08付 西日本新聞朝刊=

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1. 海底を移動するヒョウモンダコ。興奮すると青色の模様が浮かび、危険性が増す=4日、福岡県糸島市(福岡県スノーケリング協会提供)
    糸島の海岸に「猛毒タコ」 かまれると死に至ることも 福岡県が注意呼び掛け
  2. 議員が昨年8月に追突事故を起こした福岡市東区香椎浜の現場付近(写真の一部を加工しています)
    「任意保険未加入」火種に 修理費巡りトラブル続発 裁判に発展も 8台に1台が未加入
  3. エルサゲートと指摘された動画の冒頭。子どもに悪影響が懸念される内容を含むが、一見しただけでは分かりにくい(ユーチューブより)
    かわいい、一転エログロ 子ども標的不適切動画 「エルサゲート」まん延 識者スマホ育児に警鐘
  4. 「優子」から届いたメール。写真付きで「不思議な縁なので、少しお話したいな」と誘ってきたが…
    迷惑メールを追う(中)記者が返信すると…詐欺の入り口巧み 「私、優子」サイト誘導 「コンビニ支払い」悪用
  5. 消えた終活資金追う 会費で葬儀保証組合破産 会員2000人「詐欺では」

◆トピックス

西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう