西本智実さん指揮、平戸でコンサート 世界遺産登録記念「唄オラショ」も披露

 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産登録を記念し、曽祖母が平戸市生月町出身の西本智実さんが指揮するオーケストラのコンサートが11日夜、平戸文化センターであった。

 市民を含む合唱団によるグレゴリオ聖歌と、生月壱部かくれキリシタン信者の「唄オラショ」の共演で幕開け。酷似した旋律は、唄オラショの源流が中世から欧州に伝わるグレゴリオ聖歌にあることを印象づけた。ステージには、世界遺産を構成する春日集落の棚田が投影された。

 イルミナートフィルハーモニーオーケストラを率いる西本さんは、タクトを持たずに全身を躍動。演奏が終わると「ブラボー」の声が沸いた。市内の自営業、里崎雪さん(52)は「西本さんは現れた瞬間からオーラがあった」とダイナミックな指揮に感激していた。

 西本さんは平戸名誉大使を務める。黒田成彦市長との対談では「曽祖母の息子である祖父から、かくれキリシタンの話をよく聞いていた」と明かした。

=2018/10/13付 西日本新聞朝刊=

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1. F2戦闘機の尾翼に描かれた「見敵必殺」の文字(上)と築上町のマスコットキャラクター(右下)=航空自衛隊築城基地提供
    航空祭に「見敵必殺」戦闘機 空自築城基地、隊スローガン 住民「時代錯誤だ」
  2. 盾を持って駆け足訓練に挑戦する記者(前列中央)
    45歳記者、機動隊訓練を体験 11.5キロ装備で2キロ駆け抜けた 素手で11メートルの絶壁よじ登る
  3. 避難所に性被害の闇 災害時の不安定な心理が暴力を生む 県警10件把握、潜在化も 熊本地震2年
  4.  佃亮二さん
    元福岡銀行頭取、池に転落死か 大濠公園で
  5. 工藤会系組事務所の家宅捜索に入る県警の捜査員=14日午前10時ごろ、北九州市小倉北区(写真の一部を加工しています)
    社長の「暴排」に反発、見せしめ目的で銃撃か 容疑の工藤会系組幹部ら

◆トピックス

西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう