西日本新聞電子版サービス

地村保志さん、福井で訴え 「風化させず重要課題に」

 拉致問題解決を目指す支援団体の会合で、あいさつする地村保志さん。左は「救う会福井」の森本信二会長=19日午後、福井県小浜市
 拉致問題解決を目指す支援団体の会合で、あいさつする地村保志さん。左は「救う会福井」の森本信二会長=19日午後、福井県小浜市

 北朝鮮に拉致され、2002年に帰国した地村保志さん(61)が19日、福井県小浜市で開かれた拉致問題解決を目指す支援団体の会合で「日本政府の最重要課題として位置付けてもらうためには、風化させないことが大変重要だ」と訴えた。

 地村さんは北朝鮮情勢について「核やミサイルが国際的な懸案として持ち上がり、拉致問題を取り上げることが困難になってきている」と指摘。政府に拉致問題の解決を求める署名活動に、今後も協力していきたいと述べた。

 会合では「救う会福井」の森本信二会長が「国に北朝鮮ともう一度議論してもらうために、地方から大きな声を上げることが大事だ」と話した。

ニュースまとめ

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックス


トピックスニュース

ランキング

  1. 博多金塊盗被害者憤り 「容疑者と面識ない」 “出来レース”主張を否定
  2. 金塊取引闇ルート浮かぶ 香港=大量買い付け 韓国=運び役に渡す 福岡=売買の拠点に
  3. 博多金塊窃盗 被害者に示談持ち掛け 手配の容疑者 逮捕恐れ1億円提示
  4. 「このエスカレーターは途中から階段になります」との張り紙。エレベーターの案内も記されているが、乗り継ぎ客にとっては回り道になる
    博多駅に変なエスカレーター 途中から階段「不便」、30年改善されず
  5. 博多金塊窃盗 3.3億円分共犯持ち去る 容疑者供述「情報提供者に渡す」
西日本新聞のイチオシ[PR]