朝倉照らす復興の華 原鶴温泉で花火大会

 九州豪雨で被災した福岡県朝倉市の原鶴温泉で24日、「第67回原鶴温泉花火大会」(原鶴温泉旅館協同組合主催)があった。復興の祈りを込めた約3300発の打ち上げ花火が夜空を彩り、仕掛け花火の「がんばろう朝倉」の文字が暗闇に浮かび上がった。

 仕掛け花火は、横約25メートル、縦約2メートル。原鶴大橋を挟んで両側に設置された。花火が連続して打ち上げられるクライマックスに点火されると、見物客からは大きな拍手が起こった。

 昨年7月の豪雨発生から、もうすぐ1年。同温泉では20日に名物の「鵜(う)飼い」が再開されたばかり。仮設住宅で暮らすあさくら観光協会の里川径一事務局長(42)は「たくさんの人に来てもらってうれしい。朝倉の復興はまだまだだが、今後も大勢の人に来てほしい」と話した。

=2018/05/25付 西日本新聞朝刊=

このニュースの写真

◆困り事や調べてほしいことはありませんか?「あなたの特命取材班」がLINE(西日本新聞を友だち登録)で取材リクエストを募集中!

九州豪雨から1年。当時の状況を動画・写真で振り返る

ニュースまとめ

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1.  脱分化を起こしてもがんができなかった遺伝子に異常のないマウスの膵臓(左)と、がんができた、遺伝子に異常があるマウスの膵臓(京都大iPS細胞研究所提供)
    膵臓がん発症の新メカニズム解明 京大、iPS技術応用
  2. 治療経過を書き込んだ日記帳を眺める笠井駿さん。財産を処分し、今は年金や貯金を切り崩して生活しているという=福岡県久留米市
    「余命宣告」悩ましい解釈 医師から「1年」、それから5年 久留米の患者が会社、財産手放し困惑
  3. 3度のがん経験を経て、母校の同窓会事務局で働く山内千晶さん(左)
    【がんと働く】<3>職場に遠慮、辞めるしか…
  4. 【産業医が診る働き方改革】<22>「職業がん」に注意を
  5. 半年に1回の検診に訪れた徳永カツエさん(左)と新原亨副院長 (写真の一部を加工しています)
    膵臓がん 早期発見のために リスクあったらエコー検査 病診連携の「尾道方式」 生存率改善も

トピックス


西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう