日田の復興へ 大輪の花火 「川開き観光祭」始まる

 水郷に初夏を告げる「日田川開き観光祭」が26日、大分県日田市で始まった。三隈川を舞台にした花火大会では、光のショーが夜空と川面を照らし、昨年7月の九州豪雨から復興へ向かう日田の元気と支援への感謝を発信した。

 市などでつくる日田まつり振興会の主催。日中は市街地を練り歩く子どもたちのパレードもあった。三隈川には屋形船が浮かび、水郷を彩る花火に船上からも歓声が上がった。

 祭りは27日までで、2日間で約1万発の花火が打ち上げられる。福岡県宗像市から訪れた松熊哲さん(65)と律子さん(63)夫妻は「一日も早く元気なまちに戻ってほしい」と話していた。

=2018/05/27付 西日本新聞朝刊=

◆困り事や調べてほしいことはありませんか?「あなたの特命取材班」がLINE(西日本新聞を友だち登録)で取材リクエストを募集中!

九州豪雨から1年。当時の状況を動画・写真で振り返る

ニュースまとめ

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1.  脱分化を起こしてもがんができなかった遺伝子に異常のないマウスの膵臓(左)と、がんができた、遺伝子に異常があるマウスの膵臓(京都大iPS細胞研究所提供)
    膵臓がん発症の新メカニズム解明 京大、iPS技術応用
  2. 治療経過を書き込んだ日記帳を眺める笠井駿さん。財産を処分し、今は年金や貯金を切り崩して生活しているという=福岡県久留米市
    「余命宣告」悩ましい解釈 医師から「1年」、それから5年 久留米の患者が会社、財産手放し困惑
  3. 3度のがん経験を経て、母校の同窓会事務局で働く山内千晶さん(左)
    【がんと働く】<3>職場に遠慮、辞めるしか…
  4. 【産業医が診る働き方改革】<22>「職業がん」に注意を
  5. 半年に1回の検診に訪れた徳永カツエさん(左)と新原亨副院長 (写真の一部を加工しています)
    膵臓がん 早期発見のために リスクあったらエコー検査 病診連携の「尾道方式」 生存率改善も

トピックス


西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう