霧島連山に大規模マグマだまり 気象庁など解析、最大で長さ15キロ

 2011年以降、断続的に噴火する新燃岳(しんもえだけ)や、今年4月に250年ぶりに噴火したえびの高原(硫黄山)など活発な火山活動を続ける宮崎、鹿児島県境の霧島連山の地下に、最大15キロに及ぶ大規模なマグマだまりがあることが、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの研究グループの解析で明らかになった。新燃岳の噴火を受けて国や大学、自治体などの観測網が強化され、豊富なデータが利用可能になったことが地下構造の解明につながった。

 研究グループには東京大の地震研究所と京都大の火山研究センターが参加。11年4月~13年12月に霧島連山周辺に広がる37地点の地震計からノイズのような微細な地震波を大量に収集し、地盤の固さによって速度が変わる地震波の性質を利用して解析した。

 大規模マグマだまりは、海面を基準にして深さ5~7キロ付近を頂点とし、御鉢から北西方向に長さ10~15キロ、最大幅が7キロ、厚みが少なくとも5キロ以上あるとされる。同様の解析手法で明らかになった長野、群馬県境にある浅間山のマグマだまりの範囲(長さ7~8キロ)を上回っている。

 これまでは衛星利用測位システム(GPS)を使った地殻変動の観測から、新燃岳噴火の前後に膨張収縮するエリアがえびの岳の地下深くにあり、これがマグマだまりとされていた。解析を担当した気象研究所火山研究部の長岡優研究官は「地殻変動が起こっていたエリアは、大規模なマグマだまりから新燃岳へマグマを供給する出口部分と考えられる」と指摘する。

 11年の新燃岳噴火を受けて気象庁や各大学、周辺自治体などが地震計やGPS、傾斜計、監視カメラなどを増強。観測装置は80を超え、噴火前の2倍以上となった。火山活動がより詳細に把握できるようになり、さらなる構造解明も期待される。長岡研究官は「マグマだまりが霧島山全体に広がっていることから、活動予測のためには御鉢周辺などより広い範囲での観測や研究が必要になる」と話している。

=2018/06/10付 西日本新聞朝刊=

このニュースの写真

◆困り事や調べてほしいことはありませんか?「あなたの特命取材班」がLINE(西日本新聞を友だち登録)で取材リクエストを募集中!

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1. 謝罪する延岡学園高の(左から)佐藤則夫校長、佐々木博之教頭、男子バスケットボール部の川添裕司監督=18日午前、宮崎県延岡市の同校
    延岡学園高校長が謝罪 バスケ審判員殴打 天皇杯予選辞退へ
  2. 道の駅香春に「九州筑豊ラーメン山小屋創業店」を移転したワイエスフードの緒方正憲社長
    九州筑豊ラーメン山小屋創業店 新メニュー加え17日開店 道の駅香春で移転お披露目会
  3. 延岡学園バスケ部選手が試合中審判殴る 判定不満、没収試合に
  4. 30代の71%が将来に不安 国家公務員、17年度白書
  5. お下がりの幼稚園の制服を試着する花梨ちゃん。姉と同じ幼稚園に通うのを楽しみにしていた(2015年11月撮影、遺族提供)
    入学するはずの小学校 遺影胸に 闘病の命忘れない 関連死、宮崎花梨ちゃんの遺族

トピックス


西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう