【意見】「世間」の暴走感じる流行語 佐藤直樹氏

◆「インスタ映え」と「忖度」

 日本人は、昔も今も「世間」にがんじがらめに縛られている。ますますその思いを強くしたのが、今年の新語・流行語年間大賞であった。

 まず「インスタ映え」。若者の間では、1人なのにデートを装って飲み物を2人分注文して写真を撮るなど、「盛る」ことも当たり前らしい。その根底にあるのは、自分の仲間内での承認欲求の強さである。なぜか? 自分の価値評価が、自分の内側から生じるのではなく、「いいね」の数といったような、仲間からの承認の多さで決まるからだ。

 若者に限らず、もともと日本人は「世間を離れては生きてゆけない」と信じているので、それからつまはじきされることを最も恐れている。その結果、つねに「世間」から承認され、評価されていないと不安になる。見栄えの良いように「盛る」のは、他人からどう思われているかという、まさに「世間体」を考えてのことであろう。私が気になるのは、こうした承認欲求が、とくに若者の間で、いまや強迫的なまでに広がっていることだ。

 つぎに「忖度(そんたく)」。じつはこの言葉、たんに「他人の気持ちを推察する」といった意味ではない。正確に言えば、「空気を読み、あらかじめ上の意向を察して、行動を決定する」ことであって、日本人なら誰でもピンとくるはずだ。そして面白いことに、忖度は英語に翻訳できない。訳せないのは、海外とくに西欧ではまずありえないからである。

 なぜなら、日本の会社や役所などの組織では、その実体が「世間」であるために、指示・命令のような「法のルール」は滅多(めった)なことでは発動されず、日常的には忖度のような暗黙の「世間のルール」が優先されるからである。これに対して西欧の組織を動かす原理は、「法のルール」以外にない。「世間」が存在しないから、忖度もありえないのだ。

 そのため日本では、かりに組織内でコンプライアンス違反を指摘しようとしても、「法令順守もいいが、もっと空気読めよ」などと言われ、暗に圧力をかけられる。森友・加計学園問題の根底にあるのは、こうした指示・命令に基づかない暗黙の力関係であった。

 私の感じでは、「世間」の暴走はいよいよ歯止めがきかなくなっている。「KY」(空気読め)は、2007年の新語・流行語大賞にエントリーされたのだが、この種の同調圧力は近年ますます猛威をふるっている。はからずも今回受賞した二つの言葉は、このことを象徴的に示すことになった。

    ◇      ◇

 佐藤 直樹(さとう・なおき)九州工業大名誉教授 1951年、仙台市生まれ。九州大学大学院博士後期課程単位取得退学。専門は世間学、現代評論、刑事法学。「日本世間学会」幹事。近著は「目くじら社会の人間関係」。


=2017/12/22付 西日本新聞朝刊=

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1. 「なぜ北九州なのか」 小倉切断遺体 添田町 住民らに驚きと悲しみ
  2. 今回公募された中で、人気の高かった分譲地=北九州市若松区の住宅団地「ひびきの」
    人気宅地を住宅メーカーが“囲い込み” 社員42人が個人名義で応募 北九州市が不正確認へ
  3. 耳先を桜の花びらのようにV字型にカットされた猫。痛々しくも見えるが、去勢・避妊手術を受けた目印だ
    福岡市の野良猫増加、推定10万匹 「地域猫活動」で命守る
  4. ノーベル平和賞にもっとも近い日本人といわれている井本 勝幸氏 日本経済大学の特命教授に就任
  5. マンションに女性4遺体、北九州 練炭自殺か

西日本新聞の公式アカウントをフォローしよう