西日本新聞電子版サービス

ホークス競り勝ち3連勝 上林V打は「松田さんの熱い思いが伝わった」

7回2死三塁、右翼線に勝ち越しの適時二塁打を放ち、駆ける上林。ベンチも盛り上がる
7回2死三塁、右翼線に勝ち越しの適時二塁打を放ち、駆ける上林。ベンチも盛り上がる

 ◆西武1-2ソフトバンク(19日・メットライフドーム)

 ソフトバンクが接戦を制し3連勝、貯金を今季最多の11とした。バンデンハークと菊池による白熱の投手戦となり、1-1のまま迎えた7回2死三塁。売り出し中の8番上林が打ちあぐねていた菊池の2球目、真ん中に入ってきた直球を逃さず右翼線への勝ち越し二塁打を放った。埼玉県出身の4年目、21歳は故郷でもある敵地でのヒーローインタビューで「バンディ(バンデンハーク)も頑張っていたので何とか打ててよかった。(直前で空振り三振した)松田さんの熱い思いが伝わってきたので、何とか自分がかえしてやろうと思った。気持ち良かった」と笑みを浮かべた。18日に規定打席に到達し、打率は3割2分2厘。「まだ5月なので打率は気にしていない。一日一日チームに貢献したい」と高らかに誓った。

続報中

西日本新聞のイチオシ[PR]

トピックスニュース

ランキング

  1. 西武・光成が右肩違和感で先発回避 代役はガルセス
  2. 金子侑1軍合流へ
  3. 3回無死満塁で降板する西武先発の誠
    西武先発陣緊急事態
  4. オール20代ローテで交流戦へ 光成31日復帰
  5. 西武が台湾・王柏融に熱視線 渡辺久信SDが現地で視察
西日本新聞のイチオシ[PR]