長崎発・戦後75年「写真は語る」
連載

「長崎発・戦後75年「写真は語る」」

長崎平和推進協会の写真資料調査部会に所属する堀田武弘さんは戦後まもなくの地元紙記事を目にした。廃虚となった被爆後の長崎市内を撮った12枚組の写真の存在。何を語るのか-。

PR

PR

注目のテーマ