防衛マネーの正体
まとめ

「防衛マネーの正体」

戦闘機が離着陸する基地や演習場を抱える自治体が“迷惑料”として受け取る防衛省の交付金が増え続けている。当初「箱もの」に限った使い道は、11年度から防衛と無関係の医療費助成など住民サービスに広がった。「融通が利く」と歯止めが利かない使途、不透明な算定基準、依存する自治体…。九州・沖縄の基地負担が増える今、住民の暮らしに深く染み込む「防衛マネーの正体」を追う。

PR

PR

注目のテーマ