チャレンジド×アート
コーナー

「チャレンジド×アート」

それぞれが持つこだわりが絵筆に込められた瞬間、唯一のものが生まれる。日常生活では不便なことがあるかもしれない。でも、他の誰にもできない表現がある。障害がある人を、英語では「社会に参加する人」ととらえて「チャレンジド(the challenged)」とも呼ぶ。いざ「障害」の枠を超えたアートの世界へ。

PR

PR