コーナー

「光と闇を見つめて―炭鉱と美術」

かつて炭鉱で栄えた福岡県の筑豊や三池地方は多くの美術家を育んだ。日本経済を下支えした石炭産業の背後で、人々は表現に何を託したのか。美術家として活動しながら産炭地の文化史を研究する國盛麻衣佳さんがつづります。

PR

PR